データ復旧のアドバンスドテクノロジー

パソコンの電源がつかない・起動しない?原因と解決方法

パソコンの電源がつかない・起動しない?原因と解決方法

パソコンが起動しない・電源がつかない場合でも慌てずに

いつも使っているパソコンが起動しない。数時間前までは問題なく使えていた。前日にシャットダウンした後の翌日、電源を入れたのに起動しない。数年くらい使っていなかったパソコンを使おうと電源ボタンを押したら電源が入らない。などパソコンに電源が入らないと仕事やプライベートに支障が出てしまい不安になってしまいます。パソコンが起動しない・電源がつかない場合でも電源コードが抜けていることやスリープ状態が原因のこともあります。パソコンの電源がつかなくなってしまっても慌てずに焦らずに一つずつチェックしていきましょう。もし、自分でやってみてパソコンが起動しない状態でも慌てないでください。万が一、パソコンが故障していてもどうしたらいいのかも紹介します。落ち着いてチェックしていきましょう。

電源がつかない・起動しない場合に最初にチェックしたい項目

チェック項目と対応方法について

チェック項目 対応方法
電源のケーブルが抜けていないかをチェックする パソコンやプラグを確認してケーブルを入れ直す。
充電が無くなっていないかチェックする 電源ケーブルを繋いでしばらく経ってから電源ボタンを押す。
延長コードから電気が来ているかをチェックする 延長コードにボタンがついているタイプならボタンをチェック。ボタンがついていない延長コードならプラグをコンセントに入れ直す。
実はパソコンの電源が入っているか状態かをチェックする 電源ボタンやエンターキーなどキーボードを押してみる

最初に確認しましょう


チェック項目は電源ケーブルが抜けていないか、延長コードを使っている場合には延長コードから電気が来ているかなどパソコンの電源が切れていない時の解決方法について紹介します。電源が入らない原因としてよくあるトラブルです。パソコンの本体に影響しない項目です。慌てずに確認していきましょう。

パソコンに繋げているケーブルが抜けていないかをチェックする。

パソコン本体から電源ケーブルが抜けていないかチェックしましょう。机や椅子の下。奥まった場所などにコンセントがある場合やパソコンからコンセントまでの距離が長い場合、何かの拍子で抜けてしまっていることがあります。デスクトップパソコンは画面部分ではなく本体部分に電源のスイッチが付いているものもあります。デスクトップパソコンの電源ケーブルを接続する場所は本体の背面にあることが多いので背面もチェックしましょう。ノートパソコンの場合はACアダプターが本体とコンセントの間にあるものもあります。ACアダプターのケーブルがしっかり入っていないと電源が入らないのでここもチェックしましょう。

延長コードから電気が来ているかをチェックする。

延長コードにボタンがついているタイプならボタンをチェックしましょう。ONにしているつもりがOFFになっている可能性もあります。OFFになっていたら電源はつきません。チェックしましょう。ボタンがついていない延長コードならプラグをコンセントに入れ直してみましょう。接触不良のこともあります。延長コードを使わずに直接パソコンの電源ケーブルをコンセントに挿して確認するのも良いでしょう。コンセントに原因があることもあります。1つのコンセントで試して改善が見込めない場合は別のコンセントに挿してみましょう。

充電が無くなっていないかチェックする

ノートパソコンの場合はバッテリーで動かしている人も多いと思います。バッテリーの充電切れの可能性もあるので電源ケーブルを繋いでバッテリーが充電されるまで少し時間をおいてから電源ボタンを入れて解決することも多いです。時間をおいても起動しない場合はパソコンではなくバッテリーの故障の場合があります。

パソコンの電源が実は入っている状態かをチェックする

画面がOFFになっているだけで、パソコンがスリープ状態や休止状態になっていて電源がつかない・起動しないと慌ててしまう場合があります。この場合はキーボードのエンターキーを押してみたり矢印ボタンを押してみたりするか電源ボタンを1回押すと解除できます。パソコンごとに解除方法は多少異なりますが、まずはエンターキーを押してみて解除を試みましょう。手元に取扱説明書がある場合は説明書に解除方法は記載されています。また、外付けのディスプレイを別途使用している場合はパソコンだけでなくそのディスプレイの電源が入っているかディスプレイとパソコンを接続しているケーブルが抜けていないかもチェックして、ディスプレイ自体の電源ケーブルも見直しましょう。

パソコンの電源がつかない・起動しない時に試してほしい4つの方法


パソコンの電源がつかない・起動しない場合の解決方法について紹介していきます。ケーブルなどに問題がないことをチェックしたら次は放電・温度・掃除・配線の見直しです。それぞれ対応方法を記載していきますのでパソコンの電源がつくかチェックしていきましょう。

放電する

パソコンの内部に不要な電気が溜まっていると電源がつかない状態になることがあります。例えば、パソコンを長時間使用した後などにシャットダウンすると次に使った時に電源がつかない・起動しない場合が挙げられます。その場合には放電することが重要です。放電するには以下を参考にして作業を進めてください。

放電するには
1.ケーブル類を全て抜く。
2.熱が放出されるまで時間を置いて放置する。
3.最低限のものだけ接続する。(電源ケーブルや有線のマウスなど)
4.電源を入れる。

室内の温度をチェックする。パソコンが動作しやすい温度とは

パソコンなどの精密機械は夏場の暑い室内の場合、起動できないことが多いです。暑い室内でパソコンも暑くなっている場合があります。パソコンの動作環境は10度から35度が目安とされており、室内の温度が寒すぎたり暑すぎたりすると電源がつかなくなる場合があります。冬場でも冷え込みの激しい深夜や早朝0度以下になる季節には部屋の温度も低温となりパソコンが起動しなくなる場合があります。室内の温度を調整してから電源をつけてみましょう。問題なく電源がつく場合があります。

パソコン周りの掃除と整頓

パソコンは室内の温度だけでなくパソコン自身の温度上昇によって起動しない・電源がつかない状態になることがあります。パソコンの温度上昇の原因は埃であることも多いです。ファン周りに埃が付いてしまっている場合やファン周りに物を置いていると内部温度が上がってしまうのでファン周りを掃除、整頓してみましょう。埃を掃除する時はデスクトップパソコンの場合、本体のカバーを外して内部の埃も掃除してみましょう。ノートパソコンの場合は中を開けて掃除するのは難しい場合があります。不安になったら専門の業者に修理の相談してみるのも良いかもしれません。

コンセントに多くの電化製品を繋がない 必要なものをだけを繋ぐ

ワット数不足でパソコンに必要な電気が来ていないことが考えられます。接続口の多い延長コードを使っている場合は注意が必要です。延長コードに記載されている最大の電力量を確認してみましょう。パソコンの電源がつかなくなってしまったら、一度、コンセントからパソコンに関係するもの以外は外しましょう。もしくは、パソコンを直接コンセントに繋いでみて電気が来ているかどうかを確認しましょう。稀にコンセントに原因があることもあります。一つのコンセントだけでなく複数のコンセントを試すことも良いでしょう。

ノートパソコンの電源がつかない・起動しない時の解決方法


デスクトップパソコンよりもノートパソコンは気軽に持ち運べて便利なため、ノートパソコンを愛用されている方も多いのではないでしょうか。持ち運びが便利である一方でバッテリーやACアダプターなどノートパソコン独自の部分が壊れてしまうと電源がつかなくなる・起動しなくなる場合があります。ノートパソコンを使用されているあなたへ電源がつかない場合の解決方法を記載していきます。

バッテリーを取り外し、電源ケーブルだけで起動してみる

数年等、長い期間ノートパソコンを使っているとバッテリーが劣化してしまうことがあります。その場合はパソコンに正常に電気が来ない状態になってしまいます。もし、バッテリーに問題が発生したらバッテリー部分を取り外し、直接パソコンと電源ケーブルを繋いでパソコンに電源が入るかチェックしてみましょう。その場合にパソコンが起動できた場合はバッテリーに不具合が起きてしまっていることが推測されます。電源ケーブルから直接電気を繋いでもパソコンに電源が入らない場合は、ノートパソコン本体が壊れてしまっていることもあります。無理に通電を繰り返さずに修理の相談を専門の会社にしてみるのも一つの手段です。

別のACアダプターを使用する

ACアダプターは変換機が壊れたり、使い方の状況によって断線してしまったりします。その場合にパソコンの電源が入らなくなってしまうことがあります。電源が入らない原因の一つとしてACアダプターの故障のことも考えられますので別のACアダプターを使ってみるのも一つの手段です。ACアダプターは純正品か互換性があるものを使いましょう。互換性のないACアダプターを使ってしまうと電流や電圧が違うことで故障してしまうことがあります。コンセントにつながっているケーブルとACアダプターがきっちり接続されているかもチェックしましょう。別のACアダプターを使って電源が入ったらACアダプターが壊れていることが推測されます。ACアダプターのみを変えることでトラブルは解決できます。

関連している機器を外して必要最低限にする

パソコン以外に原因がある場合もあります。例えば、USBメモリ、プリンタ、マウスなどに不具合や故障があるとパソコンに悪影響を及ぼすことがあります。パソコンに不具合が出た場合は一つずつパソコンに関連している機器を外してみてそれぞれが他の環境で使える状態が確認してみましょう。周辺の機器に故障がある場合、それらをパソコンに繋ぐとパソコンが壊れる原因となることもあります。注意しましょう。

修理を検討する

ここまでの内容や方法を実践してみてパソコンに電源が入らない・起動しない場合、修理をすることも検討しましょう。この場合、電源が入らない原因はパソコン自体が壊れている。もしくはパソコンがウイルス感染しているかが考えられます。

パソコン自体が壊れてしまっている場合


パソコン自体が壊れてしまっている場合に電源がつかなくなってしまう・起動しない状態になってしまう原因としてはハードディスク故障、マザーボード故障、電源ユニット故障などが推測されます。パソコン本体の故障が疑われる場合は、故障原因の特定が難しく部品も多岐にわたるため個人で対応することは大変なこともあります。特にノートパソコンはデスクトップパソコンよりも内部を分解することが難しい上、故障した原因の特定自体も困難なことが多いです。よくわからないまま、いじってしまうとパソコンの症状・状態を悪化させてしまうこともあるため悩んだ際には時間や手間をかけないためにも専門の業者に相談することも良いでしょう。

ウイルス感染が疑われる場合

パソコンのウイルス感染が疑われる場合は、ウイルスの種類により電源がつかなくなる原因となるものがあります。この場合の解決方法はウイルスの駆除です。パソコンが起動する場合は駆除を試みましょう。パソコンの電源が付かない・起動しない場合は駆除する作業が行えないため、修理することを考える必要があります。修理を業者に相談するメリットとしてはウイルスに感染してしまったデータ自体をバックアップすることが無いことです。ウイルス感染が疑われるパソコンの場合、自分自身でバックアップを取ってもウイルスに感染してしまったデータをバックアップすることになってしまいます。業者に相談すれば、そのようなことは起きません。余計な労力を使わなくて良いので相談した方が良いでしょう。

パソコンの電源がつかない・起動しない場合の修理について


パソコンの電源がつかない・起動しない場合、修理はメーカーor専門業者に相談することになるでしょう。メーカー修理の場合は保証期間が過ぎてしまっていると高額になってしまうことがあります。故障の原因が水漏れなど補償の対象外の場合もあるので注意が必要です。また、メーカー修理の場合はパソコンが初期化されてしまい、中に入っているデータが消えてしまうことがあります。不具合が起きているパソコンで障害や症状が悪化してしまうと大切なデータが取り出せなくなり悲しい思いをすることになってしまいます。データが大事であれば復旧実績の豊富な会社に相談するのが良いでしょう。

まとめ・それでも困った時は余計なことをせずに復旧会社へ

パソコンの電源がつかない場合・起動しない場合は慌てずに一つ一つできることをチェックしていきましょう。悩んだり、困ったりした場合は早めに専門業者に相談すると手間も時間も短縮できます。通電や電源の入り切りの繰り返しで悪化してしまうこともあります。自分で無理に対応することはデメリットであることも多いのでパソコンや中のデータが必要なら実績の多い信頼のできる会社に相談することも検討しましょう。

アドバンスドテクノロジー今すぐ見積もり