データ復旧のアドバンスドテクノロジー

タブレットの電源が入らない時の対処方法(Android編)

タブレットの電源が入らない時の対処方法(Android編)

小型で薄く持ち運びが便利なタブレットを会社や自宅だけでなく、移動中や外出先でも活用している方も多いのではないでしょうか。タブレットの電源が入らなくなった・電源ボタンを押しても画面が真っ黒で起動しない・画面が映らないなど、毎日使っているタブレットに突然、トラブルが生じることがあります。ここではAndroidのタブレットを使用中に電源が入らない・起動しない際の症状や対処方法を紹介していきます。

タブレットとは

タブレットとはA4サイズからB6サイズ(7~12インチ)の大きさの板状のデジタル機器・モバイルデバイスの一つです。スマートフォンの使い方と同様にスワイプやタッチなどで指先や専用のペンで操作を行います。タブレット端末やタブレットPC等とも呼ばれており、パソコンの基本的な機能が搭載されています。搭載されているOSは、Windows、Android、iOSなど様々です。タブレットはキーボードの無いノートパソコンの様に使用が可能です。

タブレットとノートパソコンの違い

ノートパソコンとタブレットの大きな違いはキーボードが付いているか・付いていないかです。タブレットでは画面内に表示されるキーボードを使って文字入力を行います。また、ノートパソコンはキーボード・マウス・タッチパッドなどを使って操作するのに対し、タブレットは指先や専用のペンで操作を行う点で違いがあります。

タブレットの電源が入らない場合の症状例

Androidタブレットの電源が入らない・起動しない時には、以下の症状が発生していることが考えられます。

1.Androidタブレットが起動しない
2.電源ボタンを押しても反応がない・起動しない
3.起動画面は表示されるが、そのあと真っ暗となる
4.急にタブレットの電源が切れた・電源が落ちた
5.充電しても電源が入らない
6.画面が真っ黒・画面が真っ白の状態
7.電源が入ってもすぐに切れてしまう
8.画面が映らない・反応しない・動かない
9.電源を入れた後、タブレットが使えるようになるまで時間がかかる
10.電源を入れた後、フリーズ状態となる
11.ロゴが表示されたままの状態から変わらない
12.中々、ホーム画面の表示がされない
13.起動に時間がかかる
14.再起動が繰り返されて起動しない
15.アニメーション画面の繰り返しでホーム画面が表示されない

↓iPadの電源が入らない時にはこちらを参照ください

電源が入らない原因とは

タブレットの電源が入らない・起動しないなどの状況が生じる原因は下記のようなことが考えられます。

1.バッテリーの充電が切れている
2.システムの不具合
3.本体故障やハードウェアの故障
4.電源部分の不具合
5.インストールしたアプリの不具合
6. Androidのアップデートの失敗・システムソフトウェアのアップデートの失敗

電源が入らない時の対処方法①

使用していたタブレットにトラブルが発生した際には下記の順番で確認・対処していきましょう。

1.電源ボタンの押し方・正しく電源を入れる
2.バッテリー・充電状態
3.充電器・ケーブル・コンセント・ケース等の確認
4.タブレットの状態
5.再起動を強制的に行う
6.セーフモードで起動を行う

1.電源ボタンの押し方・正しく電源を入れる

①電源を入れる・ONにするために電源ボタンを2秒~3秒間、長押ししましょう
②ロゴマークが出たらすぐに電源ボタンから指を離しましょう。(ロゴマークが出た後も長押しを続けた際には電源が切れる・OFFとなることがあります)

2.バッテリー・充電状態

タブレットの電源が入らない・起動しないトラブルが発生した際、電池切れ/バッテリー切れが原因の時にはすぐに解決が可能です。タブレットはスリープ状態(画面OFF)の状態の間も電池を消耗しています。端末から完全に電池の残量が無くなってしまうと充電をし始めてもすぐには電源が入らないため、慌てずに充電されるまで待ちましょう。
①製品を購入した直後や長い期間で使っていなかった場合にはバッテリーをフル充電状態にしましょう。長時間使用していなかった場合にはフル充電になるまで12時間程度かかることもあります。
②画面上の右上に表示されるバッテリーのアイコンから充電状況を目視して充電が十分な状態かを確認しましょう。
③バッテリーが無くなっている時には10分以上充電を行ってから電源ボタンを押しましょう。10分程度の充電で起動ができない時には充電時間を1時間に増やして充電をしてから再度、電源ボタンを押すところから始めてみてください。

3.充電器・ケーブル・コンセント・ケース等の確認

①製品に付属しているACアダプターやUSBケーブルの充電器を使って充電を行い、付属品で充電ができない時には他に充電できる機器(ACアダプターやケーブル)を持っている方は他の方法で充電を行いましょう。
②充電する際には端末のポートにホコリや塵、ゴミなどが付着していないことも確認してから充電しましょう。
③コンセントに問題がある場合もあります。コンセントは別の電化製品を差し込んで通電に問題が無いかで動作確認が可能です。家庭用の延長コードが壊れていて通電ができないこともありえます。コンセントから直接、充電してみましょう。
④電池パックやケース、付属アクセサリーなどが端末のセンサー部分を阻害してしまったりボタンに触れてしまったりして起動に不具合を出すこともありえます。機器に不具合が生じた時には付属品やアクセサリーは全て取り外してから充電しましょう。
⑤電池のアイコンが表示された際には端末の電源がOFFになっている状態で充電が行われている表示となります。
⑥充電中は端末の側面や上部に設置されている通知LEDの点灯状態でも充電中の状況を確認できます。通知LEDの点灯は充電を開始した時の状況によって点灯が開始されるまで数分かかることもあります。
・緑色の点灯…充電中において電池の残量が90%以上を示す
・橙色の点灯…充電中において電池の残量が89%~15%の状態を示す
・赤色の点灯…充電中において電池の残量が14%以下の状態を示す

4.タブレットの状態

①画面が真っ黒の状態orフリーズ状態の場合で反応が無い時には4秒間以上、電源ボタンを長押し→シャットダウンが行われて電源がOFFとなります。
②スリープモード状態の際には電源ボタンを短くタップしましょう。タブレットが起動してスクリーン画面が表示されるはずです。
③①と②を試しても電源が入らない・起動しない時には電源ボタンを約10秒間長押ししましょう。強制的にシャットダウンできる時があります。シャットダウンができたらもう一度、電源ボタンを押してタブレットが起動できるかを確認しましょう。

5.再起動を強制的に行う

①バッテリーを外せるタイプの製品はバッテリーを外して約5分程度、放電をしてから機器に戻しましょう。
②バッテリーを外せないタイプの製品は機種別の対処方法でリセットが可能です。また、電源ボタンを長押し・電源ボタンと音量ボタンを同時に長押し→強制的に再起動が可能となります。

6.セーフモードで起動を行う

セーフモードでの起動はご自身でインストールしたアプリは起動されません。そのため、タブレットの電源が入らない・起動しない原因がアプリであるかを判断することができます。セーフモードで起動が正常に行えたらアプリに原因があるため、インストールしたアプリをアンインストールすることで問題が解決できることがあります。

※シャットダウン・再起動を強制的に行った時には未保存状態・作業途中のデータは消えてしまいます。また、機器本体に負荷もかかってしまうため、シャットダウン・再起動を強制的に行う際にはフリーズ状態の時など正常に電源をOFFにできていない状態でのみ行う事をおすすめします。

電源が入らない時の対処方法②(メーカー別)

1.SONY製品の対処方法
2.LG製品の対処方法
3.SAMSUNG製品の対処方法

1.SONY製品の対処方法

 
電源を切った時にプログラムの異常によって、電源部分の制御を行うコントローラーが停止している場合は、強制的に再起動・電源を切る方法でトラブルが解決することがあります。また、Androidのアップデートやシステムソフトウェアのアップデートに失敗した際には下記の方法を試してみましょう。
①Xperia→強制リセットボタンを押す→強制的に再起動できます。microSDカード・メモリーカードの挿入口カバー/SIMスロットカバーを外すと出てくる赤い色のOFFボタンが強制リセットボタンです。赤い色のOFFボタンは先の細い棒状のもので押す必要がありますが、針等、尖って傷つけるようなものは使わないようにしましょう。故障の原因となってしまいます。
②付属の充電スタンド(クレードル)に端末を挿入すると充電が開始されます。
③充電した後も電源が入らない・起動しない時には「電源ボタン」と「音量を大きくするボタン」を同時に10秒程度長押し→再起動されます。
④Androidのアップデートに失敗した時・「Xperia Companion」or「PC Companion」を使用してシステムソフトウェアのアップデート後に「SONY」のロゴが出たまま起動ができない際には
④-1.フル充電(通知LEDランプが緑色)になるまで充電をおこなう
④-2.電源を強制的に切る 
④-3.電源を強制的に切ることができたら再度、電源を入れ直してAndroidのアップデートが実施できるか試してみましょう。

2.LG製品の対処方法

①「電源・ロックボタン」と「音量を小さくするボタン」を同時に10秒程度長押し→LGロゴが表示→再起動されます。
②「電源・ロックボタン」を10秒程度長押し→→ロゴが表示→再起動されます。※音量ボタンを押さずに再起動となる機種があります。
③メーカー別のソフトウェアのアップデートを実施することによって改善することがあります。充電後に試してみましょう。

3.SAMSUNG製品の対処方法

①「電源・ロックボタン」と「音量を小さくするボタン(下側のボタン)」を同時に7秒間以上押し続けましょう。再起動されます。
②メーカー別のソフトウェアのアップデートを実施することによって改善することがあります。充電後に試してみましょう。

色々と試してもタブレットの電源が入らない時には

上記までに紹介してきた色々な方法を行ってみてもタブレットの電源が入らない・起動しない際にはデバイス自体の故障や端末内の部品の損傷や故障が生じていることが考えられます。通常、Android端末を購入した時には保証期間がついています。保証期間が切れている時や保証が使用できない際にはメーカー修理or復旧業者に相談することを検討しましょう。しかしながら、タブレットは画面が表示されなければデータのバックアップを取る事ができません。メーカー修理に出すと中に保存されているデータは保証されず、初期化されてしまうことも多いので注意が必要です。

保存しているデータが大事な方は

端末の中に保存しているデータが大事だ・バックアップも取れていないという方はプロのデータ復旧業者へ相談することを優先しましょう。タブレットの修理とデータ復旧、両方のトラブルが解決できることも多く、不安を無くせる近道です。どの復旧業者を選んだら良いかわからない方は「AI技術」と持っている業者を選びましょう。技術力がある業者を選ぶ事ができます。

↓タブレットに挿入しているSDカードが破損している時にはこちらも参照ください

タブレットの種類一覧

OS 種類の例 メーカー例
Android・Windows Xperia(TM) Tablet/Xperia(TM) Z4 Tablet・Xperia(TM) Z3 Tablet Compact・Xperia(TM) Z2 Tablet、LG G Pad/LG G Pad 8.0 Ⅲ・LG G Pad 8.0 L Edition・LG G Pad 8.3、Surface・Surface Go2・Surface Pro 7・Surface Pro X、Galaxy Tab A、Fireシリーズ・Fire HD 10、MediaPad M5 lite 8・MediaPad T5 10、Lenovo Tab M8・Yoga Smart Tab、LAVIE Tab E、・LAVIE T11シリーズ、FFF-TAB7など SONY、LG、Microsoft、SAMSUNG、Amazon、HUAWEI、Lenovo、NEC、FFF SMART LIFE CONNECTEDなど
iOS・iPadOS iPad・iPad Air・iPad mini・iPad Pro Apple

まとめ/解決できない・対応がわからなくて困っている際には

ここまでAndroidタブレットの電源が入らない・起動しない時の対処方法を紹介してきました。フル充電や再起動、強制終了を試しても症状が改善されない時には、一旦作業を止めてプロの復旧業者に相談することを優先しましょう。再起動や強制終了はデバイスにとって負担になってしまうことも多いためです。業者選びで悩んだ際にはAI技術を持っている業者を探してみましょう。アドバンスドテクノロジーはAI技術を持っており、修理も行っています。復旧費用も抑えられておすすめです。

アドバンスドテクノロジー今すぐ見積もり