データ復旧のアドバンスドテクノロジー

パソコンの消えたデータを復元する方法を紹介!(Windows編)

パソコンの消えたデータを復元する方法を紹介!(Windows編)

パソコンを使っていたら消してはいけない大事なデータを誤って消してしまった・バックアップを取ったと思って写真を削除したらバックアップが取れていなかった等、削除した後に困った状況になることがあります。操作ミス・人為的ミスは誰でも起こりえるものです。消してしまった直後はとても慌ててしまうものです。深呼吸をしてできることから一つ一つ行っていきましょう。その他にもパーテーションが破損した後にパソコン上でデータが見つからない・システムの不具合によってデータが消えてしまう事もありえます。ここではWindowsのパソコンを使っている時にデータを消してしまった・削除した・意図せずファイルが消えてしまった場合に試せる復元方法を紹介していきます。

目次

パソコンのデータが消えた時にすぐに試せる復元方法(Windows編)

Windows10のパソコンを使っている方は以下の手順でデータを復元できるかを確認しましょう。

  1. ごみ箱から復元
  2. 以前のバージョンを使って復元
  3. ファイルの履歴から復元

1.ごみ箱から復元


パソコン上で削除したデータはごみ箱に一時的に移動します。データが無くなったと思ったらまずはごみ箱の中に入っているかどうかを確認しましょう。

・ごみ箱の中からデータを復元する手順

①デスクトップ上のごみ箱を開く
②復元したいデータを右クリック→元に戻すをクリック
③元の位置にデータが復元される
※以下の場合、削除したデータはごみ箱に入らずそのまま消失してしまいます。注意しましょう。

・ごみ箱に移動せずデータが消える例

①データを選択→ショートカットキーの「Shift」と「Delete」を押して消した
②ごみ箱の中のデータやファイルを定期的に自動削除する設定にしている
③ごみ箱のプロパティ→選択した場所の設定→ごみ箱にファイルを移動しないで、削除と同時にファイルを消去するにチェックが入っている
④ネットワークハードディスク(NAS)のデータを削除した
⑤ごみ箱の容量を超えた大きい容量のデータを削除した

↓ネットワークHDD(NAS)内の共有フォルダのデータを削除してしまった時にはこちらも参照ください。

・ごみ箱の設定でうっかりデータを削除しないように予防する方法

①ごみ箱を右クリック→プロパティ→ごみ箱の格納容量を設定
②同じくプロパティ画面→「削除の確認メッセージを表示する」
あらかじめ設定しておくことでミスによる削除を防ぐことが可能となります。

2.以前のバージョンを使って復元


パソコンから消えたデータを簡単に復元できる方法があります。時間を選択して行う「以前のバージョン」を使う事でファイル名やデータを削除した日付がわからなくとも復元ができる場合があります。

・以前のバージョンの復元手順

①デスクトップ上にデータを保存していた場合にはデスクトップのファイルを右クリックして消えたファイル等の保存されていた先を参照→以前のバージョンの復元を選択
②復元したい時間を選ぶ→復元ボタンを押す
③作業完了

3.ファイルの履歴から復元

ファイルの履歴から消してしまったデータを復元する方法もあります。この方法を使う為には前もって設定上で「ファイル履歴機能をオンにしておく」事が必要となります。

・ファイル履歴機能の変更方法と復元方法の手順

①スタートをクリック→アプリ一覧が表示→W欄→Windowsシステムツールをクリック
②コントロールパネルを選択
③ファイル履歴をクリック
④ドライブの選択をクリック
⑤ファイルの履歴を保存する欄→利用できるドライブを選択→オンにするをクリック
⑥コントロールパネルホーム→個人用ファイルの復元をクリック
※この段階で「ファイル履歴は初回のファイルコピーを実行しています」とメッセージが出た時には次の画面が出るまで時間を要することがあります。慌てずに操作をせず、そのまま待ちましょう。
⑦バックアップした日付ごとにフォルダやファイルが表示される
⑧復元したいフォルダ・ファイルを右クリック→復元を選択
⑨ファイルを置き換えるをクリック→ファイルが復元される

データが消えた時にリスクがある復元方法

上記でWindowsのパソコンでデータが消えた時にすぐに試せる復元方法を紹介してきました。試してみても復元ができない場合や悩んだり困ったりした場合にはプロの復旧業者に相談することを優先した方が良い事態です。データが無くなるリスクを含んでいても自分でもっと作業してみたい方は次のような方法があります。間違った手順で進めてしまったり操作を誤ったりすると本来、復旧可能だったデータが完全に復元不能となってしまう方法の為、データが大事な方は作業を進めることは避けましょう。

  1. システムの復元ポイントを使ってファイルを復元
  2. 復元・復旧ソフトの利用

1.システムの復元ポイントを使ってファイルを復元


Windows10のパソコンには、PC全体を復元するための機能が標準で備わっています。この機能を使うことで消えたデータ・削除されたファイルを復元することが可能となります。しかしながら、この機能を利用してシステムの復元を行った場合、復元ポイントより後に変更した内容は消失してしまう可能性が高いため注意が必要です。この方法を進める前には事前に大事なデータはバックアップを取りましょう。また、この方法は完了までに時間を要します。時間に余裕がある時に進める必要と作業に時間がかかる為、パソコンの熱暴走にも気を付ける必要が出てきます。

↓パソコンが熱くて熱暴走を起こしているように考えられる場合にはこちらも参照ください。

・システムの復元ポイントを使ったファイル復元の手順

①Windowsのアイコンを右クリック→システム(Y)をクリック
②システムの保護→システムの復元をクリック
③システムファイルと設定の復元画面で次へをクリック
④復元したいポイントを選択→次へをクリック
⑤復元ポイントを確認→問題ない場合には完了をクリック
⑥ポップアップで「いったんシステムの復元を開始したら、中断することはできません。続行しますか?」とメッセージが出る
⑦問題がなければ「はい」をクリック
⑧システムの復元が完了
⑨パソコンが再起動される
⑩システムの復元が正常に完了しましたとポップアップが表示されたら「閉じる」を押して完了

2.復元・復旧ソフトの利用

パソコンを使っていてデータが消えた時や誤って削除してしまった場合に復元ソフトの利用を考えるかもしれません。復元ソフトは無料のフリーソフトと有料版のソフトが数多く流通しています。しかし、ソフトの利用はとてもリスクのある行為の一つです。ソフトの利用だけでなくダウンロードやスキャンも避けた方が良いものです。なぜなら、復元ソフトを利用した為にデータが上書きされてしまう・状態が悪化してしまうことも多く、本来、復元可能だったファイルやデータが復旧不可能な状況になってしまうこともありえる為です。どうしてもソフトを使いたい場合には先にプロの復旧・修理業者に相談してから進めましょう。無闇にダウンロードやスキャンをしてしまう事でデータが無くなってしまい、後悔してしまうリスクは回避すべきです。
・復元ソフト例

フリーソフト例 有料版のソフト例 対応OS例
iSkysoft/Disk DiggerRecoverit Recuba/PC Inspector File Recovery/Wondershare Repairit/Wondershare/EaseUS Data Recovery Wizard/Mini Tool Photo Recovery Free/Photo Rec /testdisk/Pandora Recovery/Recover Files/Restart Explorer/ZAR(Zero Assumption Recovery)/DivFix/ WMVConcat/Stellar Repair for Video/AVIPreview/VLC Media Player/ AviFIXP/Glary UndeleteSFWare Video Repair/ DVDVob2Mpg/MMnameなど iSkysoft有料版/EaseUS Data Recovery Wizard,Recoverit有料版/ Disk Drill/ restore.media/SFWare Video Repair/ Renee Undeleter/データリカバリーなど Mac OS(iOS)/ Windows/ Linuxなど

困った・少しでも悩んだ時にはプロのデータ復元業者に相談を

紹介してきた「パソコンのデータが消えた時にすぐに試せる復元方法」を試しても復元が難しかったり、少しでも悩んだり困った時には手を止めることが重要です。自分で解決しようとして行ったことによって状態を悪化させてしまったり、上書きを進めてしまったり二度と復旧ができないところまで破損させてしまう事も多いため注意が必要です。消えたデータ・削除してしまったデータが大事なもの・少しでも無くしたくないものと思った時にはその段階でプロの復旧業者に相談することを優先しましょう。消してしまったデータや削除してしまったデータがある場合にそのままパソコンを使うことも危険な行為です。インターネットの閲覧や文書作成などでもどんどんパソコン内のデータは上書きされていってしまいます。気づいた時点でパソコンの電源を落としてプロに相談することが最善策と言えます。

消えた・削除したデータが復元できる可能性

パソコン上でデータを消した・削除した場合、そのデータは新しいデータが上書き保存されるまでパソコン内に残っていることが多いものです。そのため、気づいた時点が早ければ早いほどデータの復元ができる可能性が高まります。消されたデータは新しいデータが上書き・保存されるまでパソコン内のデータ領域に一旦、保存されていますが、ユーザーからは見えない状態になります。データを復元したいと思った時には上書きされないように手を止めることを優先しましょう。その上で適切な対処方法を行うことでパソコン上から消えたデータを復元することが可能となります。

データが消えた・削除してしまった場合に注意したいこと・やってはいけないこと

パソコン上でデータを削除してしまった時やデータが無くなっていることに気づいた時には下記に注意しましょう。下記はデータを復元したい時に難易度を上げてしまう・やってはいけない操作例です。

  1. 操作・作業を続ける
  2. パソコンの電源の入り切り・再起動を繰り返す
  3. フォーマットを行う
  4. データやファイルの上書きを行う
  5. リカバリを実施

1.操作・作業を続ける

パソコン上でデータを消した・削除した場合、画面上ではデータは無くなったように見えるもののその削除した領域にデータが上書きされるまではデータは残っているものです。そのため、復元したいデータの場合には気づいた時点で操作や作業をできるだけせずに上書きされないように行動する事が重要となります。ユーザーがファイルの読み取りや書き取り、新しいデータの保存、ファイルの新規作成、ソフトのダウンロードやインストールなどを行っていない状況でもパソコンを稼働しているとシステム情報などが常に保存されていってしまうため注意しましょう。消えた・削除したデータを復元したい場合にはパソコンの操作・作業を止めることが最優先です。特にデータ復元の難易度が上がってしまう操作は次のようなことがあり、行わないように注意しましょう。

2.パソコンの電源の入り切り・再起動を繰り返す

電源の入り切りや再起動を繰り返すことでデータが上書きされてしまい、消えた・削除したファイルの復元が難しくなる危険性が高まります。復元したいデータやファイルがあるときには行わないように気を付けましょう。

3.フォーマットを行う


フォーマットを行ってしまうとデータを管理しているファイルシステムが初期化されてしまいます。ファイルシステムの構成がバラバラになり、データにアクセスするための目次も消えてしまう為、本来、復旧できたものでも復旧不可能な状態まで悪化してしまいます。少しでも必要かもと思ったデータが消えてしまった場合にはフォーマットは必ず避けた方が良い操作です。

4.データやファイルの上書きを行う

新しいデータの保存、ファイルの新規作成、ファイルの読み取りや書き取り、ソフトのダウンロードやインストールなどはパソコンの中のデータを上書きしてしまう危険な行為です。文書や写真、動画などファイルの上書き保存も危険な操作となります。データを取り戻したい時にはまず、手を止めましょう。

5.リカバリを実施

OSが正常に起動しない場合やウイルス感染が疑われる・システムの不具合でデータが消失したと考えられる際にはリカバリを行う選択肢が頭に浮かぶかもしれません。リカバリとはパソコンを工場出荷時の状態・初期状態に戻す作業のことでこの作業を行ってしまうとシステムは回復できてもデータは全て無くなってしまいます。リカバリ作業は行わないようにしましょう。また、万が一リカバリを行ってしまった場合には、その後の行動が重要となります。必要なデータが消えてしまった時にはリカバリ後のパソコンは触らずにプロの復旧業者に相談しましょう。新しいデータを保存したりファイルやフォルダ、ソフトなどをダウンロードしたりすることでデータはすぐに上書きされてしまい復旧が難しい状態に陥ってしまいます。

バックアップの重要性

大切なデータは頻繁にバックアップを取っておく・削除を行う前に十分に確認する事でデータの消失を防ぐことに繋がります。トラブルが起きた時には日ごろのバックアップ体制の見直しも行ってみましょう。

  1. 外付けHDD・SSD、USBメモリなどの活用
  2. オンラインストレージやクラウドサービスの活用

1.外付けHDD・SSD、USBメモリなどの活用

パソコンに繋ぐだけで使用できる外付けHDDやSSD、USBメモリなどを利用してバックアップを取ることも有効な手段です。簡単にコピーができバックアップが手軽に取れるメリットがあります。その一方で、物が増える・自動的にはバックアップは取れず、毎回手動でバックアップを取る必要がある等のデメリットも考慮する必要が出てきます。

2.オンラインストレージやクラウドサービスの活用

どこでもアクセスが可能・場所を取らないなどのメリットがあるオンラインストレージやクラウドサービスを使ったバックアップ方法を検討しても良いでしょう。

オンラインストレージやクラウドサービス例
Google ドライブ/OneDrive/OneDrive for Business(Microsoft)/iCloud(Apple)/Dropbox/Dropbox Business/box/Amazon Drive/宅ファイル便/Bizストレージ ファイルシェア/Fleekdrive/NotePM/KDDI ファイルストレージ/Smooth Fileクラウド/DirectCloud-BOX PrimeDrive/セキュアSAMBA/Fileforce/firestorage/など

まとめ・データが消えた、誤って削除してしまった場合には

パソコンを使っている時にデータが消えた・誤ってファイルを削除してしまった等のトラブルが発生した時には慌てないことが一番大事です。慌てて操作をし続ける・無闇に作業を進めることは大変危険です。データが完全に無くなってしまう危険性が高まってしまいます。データを誤って削除してしまう・意図せずデータが消えてしまったなどのトラブルは誰にでも起こりえるものです。消失したデータが必要なもの・無くしたくないものの場合には手を止めてプロの復旧業者に相談することを優先すべき事態です。プロに任せてしまった方が不安も解消され、すぐにデータも戻ってくるものです。どこのデータの復旧業者に相談したら良いか悩んだ時には技術力やサービス内容を注視しましょう。特にAI技術や独自技術を持っているかをチェックすることで業者を見つけることが容易となります。アドバンスドテクノロジーはAI技術・独自技術を持っており、料金も抑えられます。まずは無料の相談から始めてはいかがでしょうか。質問にも親身に対応してくれます。

アドバンスドテクノロジー今すぐ見積もり