データ復旧のアドバンスドテクノロジー

BitLockerの回復キーがわからない時の解決策

BitLockerの回復キーがわからない時の解決策

昨今、パソコンを持ち歩いて会社の外で使用される方も多いかと思います。テレワークも普及していてその頻度は上がっているのではないでしょうか。情報漏えいや悪意のある人からのデータへのアクセスを防ぐこと、データの改ざん防止などの情報セキュリティを高める方法としてWindowsパソコンにBitLockerを設定する方法があります。ここではBitLockerを設定しているパソコンが起動できなくなった・動かなくなった時やBitLockerを設定しているハードディスクやSSDが認識されなくなったなどトラブルが発生してしまった時の対処方法。BitLocker設定時の回復キーの重要性と万が一、回復キーがわからなくなってしまった時などの解決策について紹介していきます。

BitLockerとは

BitLockerとは暗号化機能のことを言い、Windowsパソコンに標準で搭載されています。(Windows10Homeを除く)暗号化機能を使って暗号化(保存されているデータ内容を他の人には分からなくする方法)することで、万が一、データを保存しているメディアを紛失してしまったり盗難事故に遭ってしまったりした場合でもセキュリティが確保されているため、他人にデータが流出してしまうことを防ぐことが見込めます。BitLockerはパソコンに内蔵されているハードディスクやSSD全体を暗号化します。WindowsのOSで暗号化は制御、管理されており通常、使用時に意識することはあまりありません。BitLockerを設定しているパソコンが起動できなくなった・動かなくなった・認識されなくなったなどトラブルが発生してしまった際に内蔵されていたハードディスクやSSDを取り出して他のパソコンなどに接続しても暗号化されているためデータの読み出しはできない状態になってしまいます。そのため、BitLockerを設定したパソコンが起動できないなど故障してしまった際にはデータの救出ができなくなってしまうため、予めパソコンが壊れてしまった時などに備えて、強制的に外部からBitLockerの暗号化を解除するための回復キーが設定されています。

BitLockerの回復キーとは

BitLockerの回復キーはWindowsパソコンにて暗号化設定を行った時に同時に発行されるものです。回復キー(パスワード)は48桁のランダム数字で発行されます。すぐに覚えられる桁数でも内容でもないためバックアップしておきましょう。


↓Windows10のPCが起動しない等のトラブルが生じた時にはこちらも参照ください

BitLocker回復キーのバックアップ方法

バックアップは一つだけではなく複数取っておいた方が安心です。

1.印刷して保存する
2.ファイルに保存・USBメモリーに保存する
3. Microsoftアカウントに保存する

1.印刷して保存する

簡単で手間もかからない方法です。印刷した用紙を無くさないように気をつけましょう。

2.ファイルに保存・USBメモリーに保存する

これも簡単に保存できます。保存した場所を忘れないようにしましょう。

↓USBメモリが壊れたと思った時にはこちらも参照ください

3. Microsoftアカウントに保存する

MicrosoftアカウントはWindowsやOfficeなどのMicrosoft製品やOneDriveなどMicrosoftのサービスを利用する際に必要となるメールアドレスとパスワードのことを言います。Googleアカウント(Android )やApple ID (MacやiPhone、iPad)と同様のものです。回復キーをMicrosoftアカウント(管理者)に保存した場合はメールアドレスとパスワードを忘れないようにしましょう。

回復キーの入力を求められる時とは


サインイン画面で一定回数、入力を間違った場合やOSの不具合、パソコンのハードウェア上のトラブルなどで「使用できる状態に戻すには回復キーを入力してください」とエラー表示が出ることやパソコンからロックアウトされてしまうことがあります。慌てずに対応していきましょう。

①印刷した回復キーを探す
②ファイルやUSBメモリーに保存した回復キーを探す
③Microsoftアカウントから回復キーを取得
④会社のシステム担当部署に連絡する

ご自身でBitLockerの設定を行っていた際には①②③の方法で回復キーを探して入力しましょう。
③Microsoftアカウントから回復キーを取得
Microsoftサポートページ→Microsoftアカウント→サインイン画面→メールアドレスを入力→パスワードを入力→サインイン→ご本人確認のお願い画面→セキュリティコードが発行される→Microsoftアカウントのメールアドレス宛にセキュリティコードが届く→受け取ったコードを入力→BitLocker回復キーのページ→回復キーを取得したいパソコン、回復キー(48桁のランダム数字)をメモする流れで完了です。(複数のパソコンでBitLockerの設定を行っている際には回復キーも複数表示されます)
④職場等のパソコン等で受け取った時からすでにBitLockerの設定がされた状態だった際には職場内の情報システム部などシステムの担当部署や同じ部署内のシステム担当者(管理者)に連絡しましょう。一括で管理・保存していることも多いものです。

BitLockerの回復キーがわからない時には

印刷した紙が見つからない。保存していたUSBメモリーや外付けHDDなどのメディアが見つからない。Microsoftアカウントのメールアドレスやパスワードがわからない。システム担当者(管理者)が退職して回復キーがわからない等のトラブルが発生した際でも諦めないでください。まずは技術力のあるデータ復旧会社に相談することから始めましょう。また、BitLockerを設定したパソコンの中にのみ回復キーを保存していた場合にはパソコンが起動しないことにはキーがわからない状態になってしまいます。そんな時でもプロのデータ復旧業者に任せればトラブルは解決できることが多いです。まずは連絡することを考えましょう。

BitLockerを設定しているパソコンが故障してしまった際には

回復キーの入力ができてもパソコンに内蔵されているハードディスクやSSDに故障や障害が発生してしまっている際にはパソコンが起動できなかったりファイルやフォルダなどを保存しているメディアへアクセスができなかったりしてデータの取り出しができないことが発生してしまいます。その際には暗号化されたパソコン、HDD、SSDへの対応が必要となるため専門知識と技術力が必要になります。BitLockerなど暗号化している機器の修理・復元作業は専門のデータ復旧会社に相談することが解決への近道でしょう。

↓パソコンが壊れた時の解決方法はこちら


まとめ・万が一困った時には

回復キーを入力してもパソコンが起動しないなど症状が改善しない場合や回復キーがわからない状態になったら、パソコンを使うのを一旦止めてプロの復旧会社に連絡することを優先しましょう。パソコンの中のハードディスクやSSDに障害が発生してしまっている際に電源の入り切りや再起動、通電などを繰り返してしまうと状態が悪化してしまうケースもあります。暗号化されているメディアやパソコンへの対応は高度な技術力が必要になるため技術力のある会社を選ぶようにしましょう。AI技術を持っているかどうかも技術力がわかる指標にもなります。アドバンスドテクノロジーはAI技術も持っており暗号化についても多くの実績があって安心です。

アドバンスドテクノロジー今すぐ見積もり