データ復旧のアドバンスドテクノロジー

パソコンがブルースクリーン(青い画面)になってしまった時の対処方法

パソコンがブルースクリーン(青い画面)になってしまった時の対処方法

パソコンの使用中や起動時に突然、画面全体が青くなる・ブルースクリーン状態になって困ったことはありませんか。突然、切り替わった青い画面にメッセージだけが表示されると不安になるものです。青い画面に表示される白色のメッセージはエラーコードです。パソコンに発生したトラブルの原因と対処方法を考える上で大事なものです。ここでは、パソコンがブルースクリーン表示になってしまった時に少しでも早く解決ができるよう対処方法を紹介していきます。

パソコン(PC)とは

パソコン(PC)とは、個人向けの小型の大きさ・性能・価格の電子計算機(コンピュータ)のことです。personal computer(パーソナルコンピュータ)を略してパソコン(PC)と呼ばれている精密機器です。パソコンはオフィスや学校、自宅、カフェなど様々な場所で使用されています。パソコンはデスクトップ型・ノートブック型・タブレット型など用途に合わせた大きさ・性能・価格のものが多く流通しています。

ブルースクリーンとは

ブルースクリーンとは、Blue Screen of Death/BsoDを略して、青い死の画面や青い画面と呼ばれている現象のことです。Microsoft社のWindows OSが搭載されているパソコンで、OS(オペレーティングシステム)に何か異常が生じた時に画面全体に青い背景と文字・メッセージ(エラーコード)が表示されることからブルースクリーン(青い画面)と名前が付いて呼ばれています。ブルースクリーンが表示されるとキーボードの操作はできなくなります。ブルースクリーン/青い画面上に表示されるエラーコードはSTOPコード、STOPエラー・停止エラーとも呼ばれています。

パソコンにブルースクリーン(青い画面)が表示された時に注意したいこと

パソコンの画面が突然、ブルースクリーン(青い画面)になった際にはWindowsのOSに重大なエラーが生じている時のサインです。ハードディスクやSSD・メモリーやドライバーなどに障害が発生してパソコンが使えなくなった際に画面全体に青い画面が表示されてエラーのメッセージが出た時には慌てずにエラーコードの内容を読むようにしましょう。
ブルースクリーンが表示されている時にはパソコンが固まっている・動いていないように見えますが、エラーログの記録などで動作を行っている状態です。ブルースクリーンが表示された時に慌ててすぐにパソコンの電源を切ってしまわない様に注意しましょう。エラーのメッセージ・エラーコードはスマートフォンなどで写真を撮る・メモで控える等で保存していると対処を行う時にスムーズです。エラーコードは「Technical Information」の下に表示される10桁の英数字をメモするようにしましょう。
ブルースクリーンが表示された後、10分程度経過すると多くの場合は自動的にパソコンが再起動に入ります。再起動が実施された後、問題なく起動が再開された時には保存しているデータのバックアップを取るようにしましょう。パソコンが起動できなくなったり、再度、ブルースクリーン(青い画面)になったりした際に中のデータの取り出しが困難となることも考えられます。バックアップは取れる時に外付けのハードディスクやUSBメモリー、NASなどに取っておきましょう。パソコンが再起動を繰り返す時やパソコンが起動できない場合・ブルースクリーンが表示されてから10分以上経過した後も再起動が自動的に行われない時には電源ボタンを長押しして電源を切りましょう。

↓パソコンが再起動を繰り返す時の解決方法はこちら

↓Windows10のパソコンが起動しない時の解決方法はこちら

ブルースクリーン(青い画面)が出るタイミング

パソコン上にブルースクリーンが出るタイミングは下記のようなシーンやケースのことが多いです。

1.電源を入れた後、Windowsの起動→ロゴの表示後にブルースクリーンが表示。
2.電源を入れた後、Windowsの起動→ロゴの表示前にブルースクリーンが表示。
3.作業中に突然、ブルースクリーンが出る。
4.Windows Update後にブルースクリーンが発生。

ブルースクリーンになる原因

パソコンがブルースクリーンになって、「A problem has been detected and windows has been shut down to prevent damage to your computer.」「問題が発生したためコンピュータを再起動する必要があります」などの白いメッセージ・エラーコードが出る原因は下記のようなことが考えられます。

1.ドライバー・ソフトウェアの問題
2.メモリーの不具合
3.ハードディスクやSSDの問題
4.ウイルス感染
5.Windows更新プログラム関連
6.システムファイルの破損
7.ソフトウェアの互換性
8.部品の経年劣化
9.基盤やマザーボードの故障

1.ドライバー・ソフトウェアの問題

ドライバーとはコンピュータに接続して使用するデバイス(パソコンに内蔵されているハードディスク・SSDなどの部品やUSBで接続している外付けのハードディスク・SSDやUSBメモリー、マウス、プリンター、キーボード、ディスプレイモニターなどの周辺機器)を認識して動作させるためのソフトウェアのことです。ドライバーは、Windowsパソコンに元々搭載されているドライバー/Windows Updateによって追加されるドライバー/ユーザーがインストールを行って入るドライバー等の種類があります。OSに異常が生じるとコンピュータに接続しているデバイスが認識できなくなってしまうためパソコンがフリーズすることや、ブルースクリーンが表示されることがあります。

・ドライバーの問題が原因でブルースクリーンが表示されていると考えられる時のエラーコード(STOPコード)例

エラーコード(STOPコード)1 エラーコード(STOPコード)2
0x0000000A IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL
0x0000001E KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED
0x00000024 NTFS_FILE_SYSTEM
0x0000003F NO_MORE_SYSTEM_PTES
0x00000077 KERNEL_STACK_INPAGE_ERROR
0x0000007B INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE
0x0000007E SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED
0x0000008E PAGE_FAULT_IN_NON_PAGED_AREA
0x0000009F DRIVER_POWER_STATE_FAILURE
0x000000BE ATTEMPTED_WRITE_TO_READONLY_MEMORY
0x000000C2 BAD_POOL_CALLER
0x000000D1 DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL
0x000000D8 DRIVER_USED_EXCESSIVE_PTES
0x000000EA THREAD_STUCK_IN_DEVICE_DRIVER
0x00000116 VIDEO_TDR_FAILURE

2.メモリーの不具合

メモリーとは、パソコンが処理を行うデータを一時的に保存・保管する場所のことです。パソコンの処理速度を高速にする・効率的に処理ができるようにすることがメモリーの主な役割です。メモリーはハードディスクやSSDよりも高速にデータの処理を行っています。したがって、パソコンの処理速度はメモリーの性能や容量によって変わるものです。このメモリー部分に故障や障害が発生してしまうとデータ処理が正しく行われなくなってしまうためにパソコンにブルースクリーンとメッセージが表示されることがあります。

・メモリーの不具合が原因でブルースクリーンが表示されていると考えられる時のエラーコード(STOPコード)例

エラーコード(STOPコード)1 エラーコード(STOPコード)2
0x0000002E DATA_BUS_ERROR
0x00000050 PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA
0x0000007F UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP
0x000000F2 HARDWARE_INTERRUPT_STORM

3.ハードディスクやSSDの問題

パソコンに内蔵されているハードディスクやSSDの故障やハードディスクやSSDを接続しているケーブルの接続不良や断線によってもパソコン上にブルースクリーンが表示されることがあります。

・ハードディスクやSSDの問題が原因でブルースクリーンが表示されていると考えられる時のエラーコード(STOPコード)例

エラーコード(STOPコード)1 エラーコード(STOPコード)2
0x0000007A KERNEL_DATA_INPAGE_ERROR
0x000000ED UNMOUNTABLE_BOOT_VOLUME
0x000000F4 CRITICAL_OBJECT_TERMINATION

4.ウイルス感染

パソコンがウイルスに感染した結果、エラーが生じた時にもブルースクリーン表示となることがあります。

その他、5.Windows更新プログラム関連/6.システムファイルの破損/7.ソフトウェアの互換性/8.部品の経年劣化/9.基盤やマザーボードの故障などもブルースクリーンが出る原因として考えられます。

ブルースクリーンの対処方法

ブルースクリーンは突然表示されるため、不安になってしまうことも多いトラブルの一つです。原因は様々なことが考えられるため、一つ一つできることから対処してトラブル解決に努めていきましょう。最初はブルースクリーンが出た時に慌てて電源を切らないことです。10分以上待って自動的に再起動が行われないときには電源を強制的に切ることから始めましょう。

1.外付けの機器を取り外してからパソコンの起動を試す
2.しばらく時間を置いてから再起動を行う
3.更新プログラムのアンインストールを試す
4.システム復元を試す
5.パソコンのリカバリ(初期状態に戻す)を実施
6.アンチウイルスソフトの実施
7.メモリーを挿し直す
8.BIOS設定の見直し
9.ハードディスクの修理を考える

1.外付けの機器を取り外してからパソコンの起動を試す

パソコンに外付けハードディスクや外付けSSD、USBメモリー、マウス等を接続している際には一旦全て取り外してみましょう。接続機器を取り外してパソコンの起動に問題が無い・ブルースクリーンが表示されない場合は外付けで接続していた機器、それぞれのドライバーが最新のドライバーかを確認して、万が一、ドライバーが古いものだった際には最新のドライバーをインストールすることで解決が見込めます。また、一台ずつ機器をパソコンに接続して確認する過程で特定の機器を繋げた際に問題が生じた時には、その機器自体の故障や機器のドライバーが使用しているパソコンに対応していないことも考えられます。外付けハードディスクやSSDを繋いだ時に問題が発生するようであれば通電を続けることで障害が悪化してしまうこともあるため、使用を止めてプロの修理・データ復旧会社に相談することを検討しましょう。

2.しばらく時間を置いてから再起動を行う

メモリーの不具合によってブルースクリーンが出ている時にはしばらく時間を置いてから再起動を行うと修復・復旧されることもあります。ブルースクリーンとエラーのメッセージが出た時には慌てずにエラーコードを写真に撮ったりメモを取ったりした後、時間の経過を確認してから再起動を行いましょう。

3.更新プログラムのアンインストールを試す

Windows Update後にブルースクリーンが表示された時には、更新プログラムのアンインストールを試しましょう。Windowsをアップデート前の状態に戻すことが可能な作業で問題を解決できることがあります。内蔵ハードディスクやSSDに障害や故障などが発生している際にはこの作業はおすすめできないものです。作業を行うことでハードディスクやSSDの状態が悪化してしまうことがあるためです。保存しているデータが大切なもの・バックアップを取っていないものの場合には先にデータの復旧業者に連絡することを優先しましょう。また、Windows Updateによってインストールが行われる更新プログラムはセキュリティホール等の修正・Windowsの不具合の修正が目的でおこなわれるものであり、アンインストールするとセキュリティ面で問題が生じてしまうことも懸念されます。特定のプログラムのインストール後にパソコンに不具合が出た時、特定のハードウェアが使えなくなった時などに限定して行いましょう。作業に不安を感じた場合は作業を止めてプロのデータ復旧業者に相談してから進めましょう。
・Windows10で更新プログラムのアンインストールを行う流れ1
①左下のWindowsマーク(スタートボタン)→設定→更新とセキュリティをクリック。
②Windows Update→更新の履歴を表示するを押す。
③更新プログラムをアンインストールするをクリック。
④アンインストールしたい更新プログラムをクリック→アンインストールをクリック。
・Windows10で更新プログラムのアンインストールを行う流れ2
①パソコンが正常に起動しない場合は、強制終了と起動を複数回繰り返す→スタートアップ修復が起動。
②自動修復画面→詳細オプション→更新プログラムのアンインストールをクリック。
③アンインストールしたい更新プログラムを削除する。

4.システム復元を試す


システムの不具合や破損によってブルースクリーンが表示されている時にはシステム復元(システムを不具合が出る前の状態に戻す作業)を実施することで解決が見込めます。
・Windows10でシステム復元をおこなう手順1
①左下のWindowsマーク(スタートボタン)を押す→設定をクリック。
②設定→システムをクリック。
③バージョン情報→関連設定→システム情報をクリック。
④システムの保護をクリック。
⑤システムの保護のタブ→システムの復元をクリック→システムの復元が表示される→次へを押す。
⑥一覧から復元ポイントを選択→影響を受けるプログラムの検出をクリック。
⑦「削除されるプログラムとドライバー」・「復元が見込まれるプログラムとドライバー」ボックスと内容を確認→閉じるをクリック。
⑧復元ポイントの確認→内容を確認して完了を押す。
⑨「いったんシステムの復元を開始したら、中断することはできません。続行しますか?」とメッセージが表示される。
⑩システムの復元の準備をしていますとメッセージが表示される。システムの復元が開始されるまで待つ。
⑪システムの復元が終わると自動的に再起動→「システムの復元は正常に完了しました」とメッセージが出たら閉じるを押して終了。
・Windows10でシステム復元をおこなう手順2
①パソコンが正常に起動しない場合は、強制終了と起動を複数回繰り返す→スタートアップ修復が起動。
②自動修復画面→詳細オプション→システムの復元をクリック。
③システム復元を行う。

5.パソコンのリカバリ(初期状態に戻す)を実施


リカバリ(初期状態に戻す)を実施する事は最終手段として考えておきましょう。リカバリ(初期化)をおこなうと工場出荷時の状態に戻ってしまいます。リカバリを実施することで問題の解決を見込めますが、保存データは消えてしまいます。注意が必要しましょう。

※Windows 7・Windows XP・Windows Vistaのパソコンで起動ができない時にはセーフモードもしくはリカバリCDを使って起動した後、更新プログラムのアンインストール・システム復元・リカバリ(初期状態に戻す)を行いましょう。

6.アンチウイルスソフトの実施

ウイルス感染が疑われる際には念のためにもアンチウィルスソフト(ウイルス対策ソフト)を使用してウイルスチェックから始めましょう。ウイルスに感染してしまっていた時にはアンチウイルスソフト(ウイルス対策ソフト)を使用してウイルスの駆除/削除を実施しましょう。パソコンが正常に起動できない時にはセーフモードを使って起動→アンチウイルスソフトを使用→ウイルスのスキャン/駆除/削除を実施することで問題が解決できることがあります。

7.メモリーを挿し直す

PCのメモリーは基盤・マザーボードの上のスロットに挿し込まれていることが多いものです。この挿し込み具合が緩んだ時や接触不良が起きるとメモリーが認識されず、ブルースクリーンが表示されることに繋がります。メモリーのカバーが外しやすいものであれば、メモリーを取り外して挿し直すことで問題が解決できることがあります。メモリーの取り外し・挿し直しを行う時には静電気が発生しないように注意が必要です。メモリーは静電気によって状態が変わってしまう・静電気に弱い精密機器です。また、個人でPCの分解・カバーの取り外しをおこなうとメーカー修理の対象外となってしまうこともあります。作業に不安を感じた時には進めることを一旦中止して、プロの修理・復旧会社に相談をすることを優先しましょう。メモリーの挿し直しを行っても問題の解決ができなかった時にはメモリー自体の故障も推測されます。機器に合ったメモリーを探すことや交換作業に悩んだ時、保存しているデータが大事なものの場合にも先にプロの修理・復旧会社に相談をおこなった方がスムーズな事も多いものです。

8.BIOS設定の見直し

ハードディスクやSSD自体が正常に認識している場合にはBIOS設定画面上にハードディスクやSSDの名前が出るものです。名前が表示されない時にはハードディスクやSSDの故障や、繋ぐためのケーブルの故障も推測されます。
PCには内部部品の基盤、マザーボード、ストレージ、キーボード、マウス、ドライブ等の制御と管理を行っているBIOS(バイオス)と呼ばれるプログラムが入っています。電源を入れる→PCが起動→BIOSが起動→それぞれ部品(CPU・メモリー・ストレージ・グラフィックボード・ドライブ・内蔵ハードディスクなど)を認識→WindowsやiOS(Mac OS)などのOSが起動→操作が可能となる流れです。パソコンの起動時にはこの流れが一つ一つ行われるために時間がかかります。BIOSは内蔵されているストレージから通常、OSの起動を行うように設定されているものですが、設定が変わって外付けハードディスクやUSBメモリーなど他の機器からOSの起動が行うように変わってしまうとパソコンが起動できなくなってしまいます。BIOSの設定上で内蔵ストレージが起動デバイスの設定で無くなってしまっている場合は正しく設定をし直すことでパソコンが正常に起動できるようになることが見込めます。

9.ハードディスクの修理を考える

ハードディスクの破損や故障、経年劣化が推測される時には修理を考えましょう。特に大事なデータを保存している時には通電や再起動の繰り返しによって状態が悪化してしまうケースもあります。特に異音がしている際には注意が必要です。

↓ハードディスクから異音がする時の解決方法はこちら

↓ハードディスクの修理を検討されている方はこちら

対処方法を試してもブルースクリーンのトラブルが解消されない時には

本ページで紹介してきた対処方法を試してもパソコンがブルースクリーン表示となる・エラーコードが出るトラブルが解決できない時には修理に出すことを考えましょう。PC自体や内部の部品、ハードディスクの故障や損傷が生じていることも推測されます。ブルースクリーンになる状態が一旦、解消された後も頻繁にブルースクリーンが表示されるなどのトラブルが発生した際にはプロの修理・復旧会社に相談をした方が良いサインでもあります。

修理・復旧会社の探し方

PCのトラブルの原因の特定や故障箇所の対応、部品の調達は難しいことも多いものです。ブルースクリーンはOSに深刻なトラブル・重大なエラーが発生してしまった時のメッセージでもあります。ブルースクリーン画面になるとキーボードの操作もできないため不安も増してしまう状況となってしまいます。PCには購入後、保証期間がありますが、経年劣化によってブルースクリーンが表示されている時には保証期間を過ぎている場合も多いものです。また、メーカー修理に出した場合には保存データは保証されず、工場出荷時(初期化された状態)に戻ってしまうことも多いため注意が必要です。大事なデータが入っている・バックアップが万全ではない時にはデータ復旧の会社に相談することを優先しましょう。修理とデータ復旧両方に対応が可能なアドバンスドテクノロジーにお任せください。

まとめ・それでも困った時は余計なことをせずに復旧会社へ

パソコンの使用年数が長いほど、ブルースクリーンとエラーコードが表示されることは多くなってきます。愛用しているPCに不具合が生じた時には慌てずに一つ一つ確認しながら対処していきましょう。ブルースクリーンが頻発する・対処方法に不安を感じた方は早めに修理・復旧会社に相談した方がトラブルもすぐに解決されて不安も取り除かれるものです。会社選びに悩んだらAI技術を持っている会社かどうかを確認しましょう。技術力がわかる判断基準となります。下記の会社はAI技術を持っていて無料診断から始められます。まずは相談から始めてはいかがでしょうか。

アドバンスドテクノロジー今すぐ見積もり