データ復旧のアドバンスドテクノロジー

ハードディスク(HDD)から異音が鳴ってしまう状況と復旧方法

ハードディスク(HDD)から異音が鳴ってしまう状況と復旧方法

ハードディスク(HDD)から突然、異音など普段聞いたことがない音が鳴って困ったことはないですか。
異音がしてハードディスク(HDD)が認識しなかったり、アクセスができなくなったり保存していたデータが使えず困った状況になったことがあるかもしれません。
どうしたらいいかわからない、そんなときはハードディスク(HDD)の状態を確認して改善方法を探りましょう。
ハードディスク(HDD)の状態から原因と復旧方法がわかってきます。
障害発生後の誤使用や過度な通電、複数回の電源の入り切りなどでデータが破損しまう場合や対応方法を間違えてしまうとハードディスク(HDD)が二度と使えなくなってしまう場合もあります。慌てずチェックしていきましょう。
このページは
・ハードディスクから異音がして認識しない
・「カチカチ」「カタカタ」「カリカリ」「カラカラ」「カツンカツン」「シャー」などの異音がしている
・アクセスできなくなったハードディスクからデータを救出したい
などハードディスクを使用中にトラブルが発生してしまった方へ復旧方法を紹介するページです。

異音やビープ音の参考動画

内容 動画
読めていない音 カチャカチャ
カチカチ音
カチカチ音
シャー音

異音が鳴っている原因は

外付けハードディスク(USB接続・LAN接続)やパソコン内蔵のハードディスクは精密機械であり、経年劣化や寿命によって壊れてしまうことがあります。また、落下や転倒などハードディスクへの物理的な衝撃によって異音が発生することがあります。とても壊れやすいメディアですので取り扱いには注意しましょう。
いつもと違う音が発生している状況でハードディスクを使用すると認識しなくなったり、アクセスできなくなったり、保存していたデータが読み取れなくなったりしてしまいます。そのような状態になってしまった場合の復旧方法を障害発生直後の注意点とともに記載します。

↓HDDが認識しない・読み込みができない時はこちらも参照ください

異音が鳴ってしまう場合とは

・ストレージにおいてディスク装置に異常が発生し正常に動作していない場合が考えられます。

データを読み書きするための部品に障害が発生し、ハードディスクの内部のヘッドが故障してしまっていることが推測されます。この場合の原因は経年劣化や落下や転倒によってハードディスク内でヘッドシークが繰り返されデータが正常に読めない状態となってしまいます。スイングアームがストッパーに接触してしまい「カチカチ」「カタカタ」「カリカリ」「カラカラ」「カツンカツン」「カコンカコン」などの異音が鳴ってしまっていることが多いです。

・ヘッドが故障した後にヘッドシークが繰り返されプラッタ面と接触することで異音が発生している

ヘッドがプラッタと接触してしまっている場合、「カチカチ」といった音以外に「シャー」等、擦れている音が聞こえる場合が多いです。ヘッドとプラッタが接触したまま通電や電源の入り切りを行うとデータを記録しているプラッタの表面部分に傷が入ってしまい中に記憶されているデータを壊してしまう場合があります。最初に障害が発生した時のキズが極浅いうちはリトライすることでデータが読めることが稀にありますが、障害のある同じ箇所を何度も繰り返し読み込もうとすることによってデータの破壊が進行してしまいます。傷が大きくなってしまうとデータ領域へのアクセスもできなくなり、データを救出することができなくなってしまう場合になることもあります。

・データを記録しているセクタ部分に異常が発生した結果、異音が鳴っている

ハードディスクを数年等長い間使用していると不良セクタというものがセクタ内に発生してしまいます。
不良セクタとはデータの読み書きができない箇所のことで人間だとがん細胞のようなものと考えると想像がしやすいです。不良セクタが発生するとデータの読み込みが正常にできず、ヘッドが行ったり来たりを繰り返してしまいます。その結果、「カチカチ」といった異音が鳴ってしまいます。

・ハードディスクのプログラムが壊れてしまっている場合

ハードディスクを動かすプログラムが壊れてしまうと正常にヘッドが動かなくなってしまう場合があります。また、ファームウエアの異常やPCB基盤の損傷が発生するとヘッドが読みに行った位置のデータが正常に読み込みできないため、リトライ(繰り返し)命令をヘッドアームのサーボ回路に与え続けヘッドが行ったり来たりを繰り返して異音が鳴ってしまいます。

原因を予測して障害発生直後の初動の間違いを回避する

異音が鳴ってしまうタイミングはそれぞれ違います。そのため、異音が発生した場合どこでハードディスクへアクセスができなくなってしまったのかを考える必要があります。
障害発生直後の初動対応を間違ってしまうと取り返しのつかない損傷をハードディスクに与えてしまうため正しい知識と冷静な対応で回避する必要があります。
ハードディスクから異音が発生する原因はさまざまです。異音の多くの原因は内部の部品が何かしらに接触して音が鳴っていることが挙げられます。
この接触している部分がプラッタだった場合、記録面に損傷を与えてしまうことが懸念されます。傷がつくと傷部分のデータは読み取れなくなってしまうことも考えられます。

障害発生後の誤使用や過度な通電や複数回の電源の入り切り、知識が浅い状態でハードディスクを開封してしまうとさらに状況が悪化してしまうこともあります。注意しましょう。

↓HDDの修理を考えている方はこちらも参照ください

通常どおり使用しているのに突然、自然に異音が鳴った場合

落下や転倒など物理的な衝撃がかかっていないのにも関わらず、「カチカチ」「カタカタ」「カリカリ」「カラカラ」「カツンカツン」と異音が鳴り始めた。「シャー」と擦れたような音がする、モーターが途中で止まってしまう、通電してもモーターが回っていない、回る気配がないなどといった状態が発生した場合、経年劣化や寿命などによる物理障害が発生していることが考えられます。自然に故障してしまっているため落下や転倒など物理的な衝撃がかかってしまったハードディスクよりはデータの復旧内容や救出量は多くなる傾向がありますが、論理的なアプローチだとデータの復旧は難しい場合もあるため、このような場合ハードディスクに物理的に作業を行う必要があります。
また、過度な通電や複数回の電源の入り切りを控えることも大事です。障害が発生したら、異音がしたら即座に電源を切ることが障害を進行させないための最上の対応方法です。障害が発生しても「まだデータが取り出せるかも」「バックアップできるかも」と電源の入り切りをすればするほどハードディスクへの損傷が大きくなってしまい復旧の可能性が低くなってしまいます。プラッタへの傷が大きくなるとデータが入っている面が削れてしまい復旧自体が難しくなることもあります。何もしていない場合に異音が鳴ってしまった場合はすぐに電源を切りましょう。そして専門業者に相談することが復旧への近道の一つです。

↓故障したHDDからデータを取り出したいとお考えの方はこちら

物理的な衝撃によって異音が発生している場合

使用している時や使用していない時どちらであってもハードディスクに衝撃が加わってしまった後に異音が発生した場合はハードディスク自体に物理障害が起きてしまっていることが推測されます。
特に注意が必要なのは使用している時に衝撃が加わってしまった場合です。ハードディスクの中のプラッタは高速で回転しており、データの読み取りを行う部品のヘッドも動いている状態です。そのような状態で衝撃が加わると本来、ヘッドの先端はわずかな隙間で起動しているのにも関わらず、衝撃によってヘッドがプラッタに接触してしまいプラッタに傷が入ってしまいます。ハードディスクに外的な衝撃が加わるとヘッドクラッシュと呼ばれるプラッタに傷が入ってしまったりヘッド自体が折れ曲がってしまったりする状態になってしまいます。

このような状態になってしまうと個人でデータの復旧を試みることは難しくなってしまいます。クリーンルームを完備している専門業者でハードディスクの分解作業から技術力のあるところへ相談することを検討しましょう。

↓HDDを落としてしまった・衝撃が加わったかもと思った時にはこちらも参照ください

異音発生後の通電はやってはいけないこと

「通常の使用をしているのにも関わらず突然異音が自然発生した」「衝撃によって異音が発生してしまった」どちらの場合でも異音が発生してしまった原因はハードディスクの中のヘッドの損傷である場合が多いです。データの復元が必要な場合はヘッドクラッシュしていることを想定して電源を入れることや起動することは避けることが大事です。

避ける理由としては破損したヘッドなどの部品がプラッタに接触した状態で起動してしまうとプラッタは高速で回転しているため、ヘッドなどの部品によってプラッタの表面が削れてしまいます。ヘッドがプラッタに接触していない場合でもハードディスクは通常時と同様に読込をするためにヘッドが稼働します。そして稼働が繰り返されるとプラッタに接触してしまいプラッタの表面に傷が発生してしまうこともあります。
データの読み書きを行うヘッド部分の破損の場合、部品の交換を行うことでデータ救出できることがあります。しかし、プラッタに傷が生じてしまった場合はデータの情報が削れてしまいその部分のデータを回収することができなくなってしまったり、情報自体を検出することができなくなってしまったりするため、部品の交換を行ってもデータの復元が難しくなってしまいます。

自分で復旧作業を試みることはやってはいけない場合も

ハードディスクの中の部品が損傷してしまった場合、分解や解体する作業はクリーンルーム内で行う必要があります。クリーンルームでの作業が必要な理由は空気中には目に見えない埃やゴミ、塵がたくさんあり、それらは精密機械であるハードディスクの天敵です。少しでもハードディスクの中に入ってしまうと多くのトラブルが発生してしまうことになります。人間が手術室以外で手術をしないのと一緒と考えても良いでしょう。クリーンルームの無いところや家庭用の工具などで無暗にハードディスクを開封することはおすすめできません。

また、ハードディスクの部品は専門の部品が必要になります。互換性が合う部品でないと復旧は難しいものの互換性は低く、トラブルの起きたハードディスクに合う部品を個人での入手することは難しいことが多いです。
異音が発生したハードディスクは専門業者で診断すると部品の交換が必要になることが多いです。その一方で部品の交換無しにデータを救出できることもあるため、対応に悩んだら業者に相談することが復旧・解決への近道でしょう。

まとめ・それでも困った時は余計なことをせずに復旧会社へ

異音がしたら即座に電源を切ることが障害を進行させないための最上の対応方法です。ハードディスクから異音が鳴ってしまった場合は自分で確認できるところを確認して、確認するのが難しかったり悩んでしまったりしたら専門の復旧業者に相談することを優先してみましょう。

アドバンスドテクノロジー今すぐ見積もり