データ復旧のアドバンスドテクノロジー

外付けハードディスク(HDD)のデータ復旧・故障原因や復元方法を紹介!

外付けハードディスク(HDD)のデータ復旧・故障原因や復元方法を紹介!

データのバックアップ用途や持ち運びに適している外付けハードディスク(HDD)を愛用されている方も多いのではないでしょうか。外付けハードディスク(HDD)が突然、認識しなくなったりアクセスができなくなったりと経年劣化などによって故障してしまうことがあります。業務や個人で大事なデータを保存している外付けハードディスクが使えなくなってしまうと困るものです。ここでは、外付けハードディスクが故障する原因や発生する障害とともにデータ復旧・復元方法について紹介していきます。

目次

外付けハードディスクが認識しない等、症状が出た時にすぐ試せる復旧・解決方法

外付けハードディスクが認識しない・動作しない等のトラブルが生じている場合には、まずは下記の順番でできることから始めましょう。

  1. USBケーブルやACアダプタなどが正しく接続されているかを確認
  2. 電源スイッチ・ランプの確認
  3. デバイスマネージャーで確認
  4. 外付けハードディスクのドライバを最新版に更新

1.USBケーブルやACアダプタなどが正しく接続されているかを確認


外付けハードディスクが認識しない・動作しない等の症状が出た場合にはハードディスク本体に原因があるのか、付属品に原因があるのかを確認することが必要となります。まず、USBケーブルやACアダプタが正しく接続されているか・外れていないかをチェックしましょう。USBケーブルの状態を確認する時にはUSBハブ等は使わず、パソコンに直接USBケーブルを繋いで動作確認を行うようにしてください。万が一、USBケーブルが正しく刺さっていても外付けハードディスクが認識しない場合には別のパソコンに接続したり、別のUSBポートに接続したりして問題の原因がUSBケーブルにあるのかを確認しましょう。

2.電源スイッチ・ランプの確認


外付けハードディスクが認識しない・反応しない場合には電源スイッチが押されているか・電源ランプが点いているかも確認しましょう。電源スイッチを押し忘れてしまっていることも多いものです。電源ランプが点灯していれば外付けハードディスクに電力が供給されている印となります。

3.デバイスマネージャーで確認

外付けハードディスクに不具合が出た際にUSBケーブルやACアダプタの接続や電力供給に問題が無い場合にはハードディスク本体に原因があると考えて動きましょう。まず、外付けハードディスクが認識できているかどうかはデバイスマネージャーを使うことで確認が可能となります。Windowsのパソコンで外付けハードディスクが正しく認識されている場合には「Windowsメニュー」→「デバイスマネージャー」→「ディスクドライブ」上に外付けハードディスクの型番が表示されるものです。デバイスマネージャーで外付けハードディスクの型番が出ない・HDDを認識していない場合には外付けハードディスク自体が故障してしまっている事が推測される為、適切な方法でデータの復旧・復元を考える必要が出てきます。

4.外付けハードディスクのドライバを最新版に更新

デバイスマネージャーを使って外付けハードディスクが認識されている事を確認できた場合には外付けハードディスクのドライバを最新版に更新しましょう。ドライバが古いことでトラブルが発生してしまうことも多い為です。

外付けハードディスクに生じる故障や障害の種類

外付けハードディスクが故障してしまっている場合には下記のような障害や症状が発生していることが推測されます。

  1. 外付けハードディスク付属のACアダプタやUSBケーブルの故障
  2. 外付けハードディスクに生じる論理障害
  3. 外付けハードディスクに生じる物理障害

1.外付けハードディスク付属のACアダプタやUSBケーブルの故障


外付けハードディスクに不具合が発生した場合にはハードディスクの故障ではなく付属のACアダプタやUSBケーブルの損傷によって認識ができないといったトラブルに繋がっている事も考えられます。特にUSBケーブルはパソコンに接続・抜き差しを繰り返す事によって接触不良やコネクタの劣化が生じることがあります。また、ACアダプタも経年劣化によって電力の供給が不安定になったり断線が起きたりするとハードディスクが動かないといったトラブルに繋がることが起こりえます。

2.外付けハードディスクに生じる論理障害

論理障害とは、ハードディスク本体には問題が無い・故障していないものの記録されているシステムやデータなどの破損や誤削除などのヒューマンエラー・プログラム上に問題が発生した場合に生じる障害のことです。ハードディスクは動作できる・認識できることもあるため障害の発生がわかりにくいことも多いものです。

3.外付けハードディスクに生じる物理障害

物理障害とはハードディスクが物理的に故障した・破損したことによって生じる障害のことです。外付けハードディスクを含め、HDDは多くの部品で構成されており、部品が壊れてしまうと不具合やトラブルに繋がります。また、物理障害は経年劣化でも起こりえます。物理障害が発生している場合にはハードディスクの開封が必要となり、個人での対応は難しい為、保存しているデータが大事な方・無くなると困る方・少しでも悩んだ方はプロのデータ復旧業者に相談することを検討しましょう。

外付けハードディスクに発生する症状例(論理障害)

下記のような症状や不具合が生じている場合には外付けハードディスクに論理障害が発生してしまっていることが推測されるものです。

  1. ファイルやデータを間違って消してしまった・誤って削除した
  2. 間違ってフォーマット・初期化してしまった
  3. エラーのメッセージが表示される
  4. パソコンが起動しない・OSが立ち上がらない
  5. パーティションを削除した
  6. ウィルス感染
  7. データを上書きした
  8. ファイルシステムの損傷やプログラムファイルの破損
  9. ランプは点灯しているもののファイルやフォルダの読み込みができない・アクセスができない
  10. その他作業や操作を進めてしまった場合には

1.ファイルやデータを間違って消してしまった・誤って削除した

間違ってファイルやフォルダ内のデータを消してしまった・削除した場合には、気づいた時点ですぐに操作を止めましょう。電源を切ってとにかく使用しないことが重要となります。データを削除した際、そのデータは見えない状態となりますが、完全には消えておらずデータが上書きされるまで残っているものです。しかしながら、通電がされたままの状態が続いたり操作を止めずに作業を進めてしまったりするとデータはどんどん上書きされてしまいます。その結果、消したデータの復旧が難しくなるケースも起こりえます。データを消した後、そのデータが消してはいけないものだった・大事なものだった場合には早めに復旧業者に連絡することを検討しましょう。ここで安易にフリーソフトなどをダウンロードしたりスキャンしたりしてしまうと上書きが進んでしまい、欲しいデータが取り出せず悲しい思いをすることにもなりかねません。少しでも悩んだ時には復旧の会社に連絡することから始めましょう。

2.間違ってフォーマット・初期化してしまった


フォーマット(初期化)とは、ハードディスクなどの記録メディアを工場出荷時の状態に戻す作業のことです。フォーマット(初期化)を行ってしまうと記録メディアに保存されていたデータは消えてしまい取り出しができない状況になります。バックアップが取れていると思ってハードディスクをフォーマットしたらバックアップが取れていなかった・初期化してから大事なデータだったことに気づいたなど、フォーマット(初期化)してから困ってしまう事態になることも多いものです。万が一、そのような事態になった時には早めにデータ復旧の業者に相談しましょう。間違って削除してしまった時と同様にフォーマット(初期化)後、通電を続ける・操作や作業を進めることでデータは上書きされてしまいます。データを取り出したいと思った時にはまずは手を止めることが最優先となります。

3.エラーのメッセージが表示される


ハードディスクの使用中に「フォーマットする必要があります」「アクセスできません。ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。」等のエラーが表示される事やブルースクリーン(青い画面)に白いエラーのメッセージが表示されることがあります。この場合、ハードディスク本体に論理障害、物理障害どちらかの障害が生じてしまったことが考えられ、注意が必要となります。誰でもエラーが表示された時には慌ててしまうものです。「フォーマットしますか?」と聞かれてそのまま「はい」を押してしまわないように注意しましょう。フォーマットしてしまうと入っているデータは消えてしまいます。また、これらのエラーメッセージが表示された場合にはハードディスク本体が物理的に故障してしまっているケースも多いものです。電源の入り切りや再起動の繰り返しを行うことで状態はすぐに悪化してしまいます。保存しているデータが大事な方・ハードディスク本体も大切なものの場合には手を止めて専門のデータ復旧の業者に相談することを優先した方が後悔せずに済みます。

4.パソコンが起動しない・OSが立ち上がらない


パソコンに内蔵されているハードディスクに不具合が生じた結果、パソコンが起動しない事態に繋がることがあります。例えば、ブルースクリーン(青い画面に白いメッセージ画面)が表示されたり、「指定されたファイルが見つかりません」などのエラーメッセージが表示されたりしてパソコンが立ち上がらない・OS、アプリケーションが起動できないといった状態になることがあります。この症状はハードディスクに論理障害、物理障害が生じた場合、どちらでも起こりえるため安易に論理障害だと判断して作業を進めてしまうと後悔しまう結果にも繋がりかねません。論理障害でも物理障害でも症状が生じた時には状態を悪化させない事が最優先となります。保存しているデータが大事な方は電源の入り切りや再起動を繰り返したり、フリーソフトのダウンロードをしたりすることは避けましょう。すぐに復旧できた状態のものが復旧不可能なところまで悪化してしまうケースもありえます。少しでも悩んだ時にはプロの復旧業者に相談してから進めましょう。まずは手を止めることが重要です。

5.パーティションを削除した

間違ってパーティションを削除してしまった時もまずは、慌てずに手を止めることが大切です。慌ててパーティションの再作成を行わないように注意しましょう。パーティションとは、ハードディスクやSSDなどの記録メディアに設定された領域(データ上で分割された領域)1つ1つの事を指しています。パーティションを誤って削除してしまった場合も無闇にフリーソフトをダウンロードしたりスキャンしたりすることは避けた方が良いものです。データの上書きが進んでしまい復旧が難しくなってしまうケースもありえるためです。

6.ウィルス感染

ウィルスに感染したファイルを保存していた場合、外付けハードディスクが突然、読み込めないなどの不具合を起こすこともあります。

7.データを上書きした

フォーマットした後に新たにデータを保存した・保存場所を間違ってファイルを上書きしてしまった等、データの上書きに気づいた時にはすぐに操作を止めましょう。操作を続ける・対応が遅くなる程、復旧できるものができなくなってしまうリスクが高まります。

8.ファイルシステムの損傷やプログラムファイルの破損

外付けハードディスクなど記録メディアのファイルシステム(管理情報部分)に異常や損傷が発生することがあります。記録メディアは起動時やデータの読み込み時には常に何かしらのデータの書き込みが行われます。安全な取り外しができなかった場合や突然のシャットダウン、停電などによってデータの書き込みが正常に終了しないファイルシステムやプログラムファイルの破損に繋がります。

9.ランプは点灯しているもののファイルやフォルダの読み込みができない・アクセスができない

外付けハードディスクをパソコンに繋いでみてランプは点灯している・HDDは認識しているが中身が見られない・ファイルやフォルダの読み込みができないといった症状が出ることがあります。この症状は論理障害、物理障害どちらでも起こりえます。

10.その他作業や操作を進めてしまった場合には

データ復旧のソフトやOSの再インストールなどの操作を進めてしまった場合にはすぐに中断することを優先しましょう。電源を切って状態が変わらないようにすることが最優先となります。自分で復旧できると思って作業を進めてしまうとデータが上書きされてしまったり状態が悪化してしまったり、復旧が難しくなったりと後悔する結果に繋がりかねません。少しでも悩んだ時にはデータ復旧業者にその場で相談しましょう。万が一、作業を進めてしまった場合でも作業途中であっても専門の業者に連絡した方が良いものです。

外付けハードディスクに発生する症状例(物理障害)

下記のような症状や不具合が生じている場合には外付けハードディスクに物理障害が発生してしまっていることが推測されるものです。

  1. 認識しない・読み込みができない
  2. 異音が鳴っている・いつもと違う音が聴こえる
  3. 落とした・落下させた
  4. 動いている音がしない・動かない
  5. 経年劣化
  6. 焦げ臭い・異臭がする
  7. 火災や水没
  8. 電源がつかない・起動しない
  9. エラーメッセージが表示される
  10. ハードディスクが熱くなっている
  11. その他の症状が出たら

1.認識しない・読み込みができない

HDDが認識しない場合には外付けハードディスク本体の故障、もしくはパソコン本体の故障が考えられるものです。外付けハードディスクが認識しない時にはケーブルやUSB端子などの部品に損傷が生じている事もありえます。ハードディスクはとても繊細な精密機器の一つです。また、消耗品の記録メディアでもあります。ついさっきまで使えていた・昨日までは問題がなかった場合でもある日突然、ハードディスクが認識しないといったトラブルが生じてしまうことがあります。症状が出た時には、電源を入れ直したら直るかもしれない・また認識するかもしれないと電源の入り切りや再起動を繰り返してしまうかもしれません。しかしながら、そのような操作は大変危険です。通電を続けたり、電源のオンオフを試したり再起動を繰り返すことでハードディスクの状態はすぐに悪化してしまいます。その結果、復旧が難しくなってしまうケースもありえるものです。ハードディスクに保存しているデータが大事なもの・無くすと困るかもしれないと少しでも思った時には操作を止めて電源を切りましょう。

↓ハードディスク(HDD)が認識しない時の解決方法はこちら

2.異音が鳴っている・いつもと違う音が聴こえる

外付けハードディスクをパソコンに繋いだ時やパソコンを起動した際に「カチカチ」や「カタカタ」、「カツンカツン」「ピーピー」など異音が聴こえる場合には注意が必要です。内部の部品が壊れてしまっていたり異常が発生してしまっていたりすることが推測されます。異音が聴こえる場合には通電を続ける・電源の入り切りや再起動を行うことでデータを記録しているプラッターとデータを読み取る磁気ヘッドが接触して傷を作り、重度な物理障害を発生させてしまうことにも繋がってしまいます。異音が鳴っている時にはすぐに電源を切ってプロのデータ復旧業者に連絡しましょう。異音が鳴っているハードディスクのデータ復旧は①クリーンルームなどの専用施設②互換性のある専用部品の調達③専門知識④高度な技術力の4つが揃った復旧対応が必須となり、個人での対応は難しいものです。

3.落とした・落下させた


外付けハードディスクは持ち運びがしやすい分、外的な損傷に見舞われることが多い精密機器の一つです。落とした・落下させた・衝撃が加わった時には内部の部品が壊れてしまったり外れてしまったりします。この状態で通電を続けたり、電源の入り切りや再起動を試したりするとデータを保存しているプラッターに傷が入ってしまいます。最悪、データが入っている部分が削られてしまうことにも繋がりかねません。落とした時にはすぐに電源を切って専門のデータ復旧業者に連絡するべき事態です。落とした・落下させた・衝撃が加わった場合に何かしら操作をしてしまうことは大変危険です。注意しましょう。

4.動いている音がしない・動かない

何も音がしない・動いていない場合には内部部品のモーターや電源周りの故障やデータを記録しているプラッターとデータを読み取る磁気ヘッドが癒着してしまっていることが推測されるものです。このような症状が出ている時にはプラッター部分に損傷が起きていなければすぐにデータの復旧が可能になることが多いものです。しかしながら、個人での対応は難しい状態のため注意しましょう。動いていないハードディスクの復旧にはHDDを開封して作業を行う必要があるためです。①クリーンルームなどの専用施設②互換性のある専用部品の調達③専門知識④高度な技術力の4つが揃った復旧対応が必須となり、ハードディスクの中のデータが必要な方は専門のデータ復旧業者に相談することを優先しましょう。

5.経年劣化

外付けハードディスクなどHDDは消耗品の一つです。経年劣化によって不具合が生じたり故障してしまったりします。使っている期間が長ければ長い程、壊れてしまうリスクがあるものです。長い間使っているハードディスクの調子が悪いな・何かおかしいなと思った時には使い続けることは避けましょう。

6.焦げ臭い・異臭がする


外付けハードディスクをパソコンに繋いでいる際、突然、バチッと音が鳴ったり煙が出たり焦げ臭いと思った時には注意が必要です。この場合には火災に繋がることもあるためすぐに通電を止めましょう。異臭がする場合には換気も行ってください。これらの症状が出た場合にはハードディスクの修理を考えましょう。保存しているデータが大事な方はデータ復旧の業者へ、データが必要無い方はメーカーや購入店に連絡するとスムーズです。

↓ハードディスクは修理も出来ます!詳しくはこちら

7.火災や水没

外的な要因による事故や火災などで機器の破損に見舞われてしまうこともあります。台風や水害による床上浸水によって機器が水没し、壊れてしまうこともあるものです。事故や天災によって機器が故障した場合には早い段階で専門の復旧業者に連絡することを検討しましょう。

8.電源がつかない・起動しない

電源を入れてもランプが点かない・外付けハードディスクが起動しない場合にもHDD自体が物理的に壊れてしまっていることも多いものです。USBケーブルを交換したり別のパソコンに接続したりしても電源がつかない場合にはハードディスクが壊れたと思って慎重に動きましょう。ハードディスクが正常に動いていた時と何か違うと思った時には通電することも避けるべきです。起動しない・電源がつかない状況で通電を続けてしまうと状態の悪化に繋がります。

9.エラーメッセージが表示される

「データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)です」などのエラーメッセージが出た時にはハードディスク本体に故障や物理障害が発生してしまっていることが推測されるものです。エラーメッセージを無視して操作を続けてしまうと状況の悪化が進み、他の症状の発生にも繋がることが多いため注意が必要です。データを無くしたくない方はエラーメッセージが出た時には手を止めましょう。エラーメッセージが出ている時に復旧しようと思ってフリーソフトなど復元ソフトを使うことはリスクがあり、大変危険です。特にCRCエラーはハードディスクに物理障害が発生してしまっていることが多いエラーのため、余計な事をせずに専門のデータ復旧業者に相談することを優先しましょう。

10.ハードディスクが熱くなっている

外付けハードディスクは熱がこもりやすい記録メディアの一つです。機器は熱に弱く、熱によって故障してしまう事も多いものです。触ってみていつもより熱い・熱い以外にも読み込みができない等のトラブルが発生している時にはすぐに使用を止めましょう。

11.その他の症状が出たら

外付けハードディスクに発生する症状は様々です。何かしらトラブルが生じた時には操作を止めてプロの復旧業者に連絡することを検討しましょう。悩みも症状も解決され、データも無くならずに済みます。復旧料金を抑えたい方ほどすぐに相談した方が安く復旧できることが多いものです。

外付けハードディスクのデータ復旧や対処方法

外付けハードディスクに障害や不具合が生じてしまった時にはHDDに入っている「データを復旧(復元)したい」のか「データは不要で機器が使えるように戻ったら良い」のかによって対応方法が変わります。データが大事な方・必要な方は「データ復旧の業者」へ。データが不要で機器の修理だけ希望される方は「購入店やメーカー」に相談することを検討しましょう。

  1. 購入店やメーカーに相談
  2. データ復旧・復元ソフト(フリーソフトや有料版のソフト)の利用
  3. データ復旧の専門業者へ相談

1.購入店やメーカーに相談

外付けハードディスクに入っているデータは不要で、HDD本体を修理してまた使えるように直したい・動くようになれば良い方は購入店やメーカーに相談することを検討しましょう。購入店やメーカーに修理を依頼した場合、入っているデータは保証されず、データは無くなってしまう事がほとんどです。修理の際に初期化されてしまうか他のハードディスクへの交換対応となる事が多いためです。また、修理とは故障したり不具合が発生したりした記録媒体本体や内部部品に対して修理作業や部品交換作業を行って再び使用可能な状態に戻す事を目的にしています。ハードディスクが使えるように戻るよりも中のデータの復旧や救出を優先したい方は他の方法を検討した方が良いものです。

2.データ復旧・復元ソフト(フリーソフトや有料版のソフト)の利用

外付けハードディスクにトラブルが起きた時にHDDに保存しているデータを復旧したい・取り出したいと考えた場合には復旧ソフトを利用する方法があります。データ復旧ソフトを利用するメリットは比較的簡単に利用が可能・安く復旧ができる可能性がある。一方でソフトを利用するデメリットはハードディスクに物理障害が発生していた場合には使えない・万が一物理障害が生じている時にソフトをダウンロードしたりスキャンしたりすると負荷がかかって状態が悪化してしまう危険性がある・論理障害が発生している場合でも復旧ソフトを使うことでデータの上書きが進んでしまうことがある・かえって復旧が難しくなるケースがあるなどの点が挙げられます。データの復旧ソフトは軽度の論理障害のみ対応が可能なものですが、個人でハードディスクの障害の種類、障害の程度、損傷個所の把握は難しいものです。軽いと思っていても実際には症状や障害が進行してしまっているケースも多いためです。外付けハードディスクの中に入っているデータが大事なもの・無くなると困るものかもしれない時にはデータ復旧ソフトの利用は避けるようにしましょう。どうしても復旧ソフトを使いたいと思った時には先にプロのデータ復旧業者に相談してから進めると後悔せずに済みます。

・データ復旧(復元)ソフトの一覧
無料の復旧ソフト例 有料の復元ソフト例 対象OS例 対象機器例
Photo Rec/Wondershare Repairit/Wondershare/EaseUS Data Recovery Wizard Free/PC INSPECTOR File/Mini Tool Photo Recovery Free/Disk DiggerRecoverit/ Recovery 4.x/Recuba/iSkysoft/ファイナルデータ/PC Inspector File Recovery/Disk Drill Media Recovery/Recover Files/ testdisk/Pandora Recovery/4DDIG Mac/ ZAR(Zero Assumption Recovery/Glary UndeleteSFWare Video Repair/Restart Explorer/AVIPreview/Stellar Repair for Video/DivFix/MMname/VLC Media Player/AviFIXP/DVDVob2Mpg/WMVConcatなど EaseUS Data Recovery Wizard有料版/Recoverit有料版/Recoverit Mac版/iSkysoft有料版/Disk Drill/restore.media SFWare/Video Repair/データリカバリー(Mac版)/Renee Undeleterなど Windows/macOS(iOS)/ Linuxなど HDD/SSD/SDカード/USBメモリ/パソコンなどの記録メディアやゴミ箱など
データ復旧(復元)ソフトの使い方

外付けハードディスクのデータを自分で復元したい場合、復旧ソフトの利用方法は下記のような流れになります。
・事前に用意する物
①動作可能なパソコン(Windows/Mac問わず)
②データ復旧(復元)ソフト
③データを復元したい外付けハードディスク
④ハードディスクとパソコンを接続するケーブル
・データ復旧(復元)ソフトの使用方法
①復旧ソフトをインターネット検索で探す
②ソフトをダウンロード
③復旧ソフトをパソコンにインストール
④イメージファイルの作成およびファイルの保存先を決定する
⑤ハードディスクなどデータを復元したい記録メディアをスキャン
⑥スキャン後、復元可能なファイルが表示される
⑦復元したいデータ(画像、動画、音声、Word、Excel、音楽、メール、ドキュメント、圧縮ファイルなど)を選択→リカバリー(修復ボタン)をクリック※復元したいファイルが見つからない時や少しでも不安を感じた場合は作業を止めましょう。
⑧誤削除したファイルやフォルダ、消えてしまったデータが復元されたら完了
※パーティション全体が失われてしまっている際には「紛失パーティション」内からデータを探す必要が出てきます。よくわからないまま操作を続けることは危険な事が多いものです。少しでも悩んだ時には操作を止めましょう。

復旧ソフトを利用しても欲しいファイルやフォルダの復元が限定的だったり、データの復元が一部だけだったり、ファイル名などが文字化けしてしまったりするケースもあります。ソフトを探している段階やダウンロード・スキャン途中でも困ったり悩んだりした際には操作を止めることが大切です。ソフトを使うことでデータが上書きされてしまい、復旧が困難になってしまうケースも残念ながらありえます。外付けハードディスクに大事なデータを保存している・無くなると困るかもしれないと少しでも思った時にはソフトを使う前にプロのデータ復旧業者に相談を入れた方がデータを失わずに済みます。また、復旧料金も抑えられることも多いものです。

3.データ復旧の専門業者へ相談

外付けハードディスクのデータが必要な方・データを取り出したい方はプロのデータ復旧業者に相談する方法があります。データ復旧の専門業者に相談した場合、高い技術力や専門知識を持って症状が発生した原因や障害箇所、障害の種類の特定ができ、論理障害でも物理障害でも対応が可能となります。しかしながら、データ復旧業者は数多く存在しており、どこの会社を選んだら良いのかわからない等、少しでも悩んだ時には「AI技術」や「独自技術」を持っているデータ復旧業者であるかを確認しましょう。技術力の高い会社を選ぶ基準となります。どの会社でも同じように復旧が可能なわけでは無いため注意しましょう。業者ごとのサービスの内容や技術力には大きな差もあります。外付けハードディスクに入っているデータが大事なもの・無くなると少しでも困ると思った時には最初に相談するデータ復旧の業者選びも重要となります。

データ復旧サービス業者の選び方

外付けハードディスクに症状や不具合が生じた時には慌ててしまうことも多いものです。少しでも悩んだ時にはプロのデータ復旧業者に相談することを優先しましょう。どこの業者に連絡したら良いのか困った時には下記のような点も確認してみましょう。

  1. 高い技術力を持っているか(AI技術や独自技術の有無)
  2. 作業スピードや対応時間
  3. 復旧料金のプランなどが明記されているか
  4. 情報の守秘義務や管理は徹底しているか
  5. クリーンルームなどの専門環境を有しているか
  6. 対応実績の有無

外付けハードディスクのデータ復旧が必要な際に注意したい事

外付けハードディスクに故障が疑われる・不具合が生じている時にデータを復旧したい・救出したいと考えた場合には注意すべき点がいくつかあります。データが大事な方や復旧料金を抑えたい方は特に下記項目を確認してから動きましょう。

  1. 電源のON・OFFや再起動の繰り返しを避ける
  2. 通電をし続けない
  3. 初期化やフォーマットを行わないように
  4. 分解しない
  5. データ復旧作業を個人で行うにはリスクがある

1.電源のON・OFFや再起動の繰り返しを避ける

外付けハードディスクが認識しない・データにアクセスができないなど症状が出ている場合や故障が疑われる時には電源のON・OFFや再起動を繰り返すことは避けましょう。電源の入り切りや再起動は外付けハードディスクを含め記録メディアやパソコンにとても大きな負荷がかかる行為の一つです。不具合やトラブルが生じている時に電源の入り切りや再起動を複数回行ってしまうと状態がすぐに悪化してしまうこともありえます。データが失われてしまう危険性も高まります。注意しましょう。

2.通電をし続けない

外付けハードディスクに故障が考えられる・症状が出ている時には電源を切って通電し続けないようにしましょう。故障してしまっている場合に通電をし続けるとハードディスクの中でデータを読み取る針のような部品、磁気ヘッドが動作してデータを記録しているプラッター面に傷を付けてしまうことにも繋がりかねません。また、プラッター上でデータを記録している部分を削ってしまうケースもあり、通電をし続けることでデータの復旧が難しくなってしまうこともありえます。何かしらトラブルが生じている時には電気が通らないように電源を切ることが重要です。

3.初期化やフォーマットを行わないように

外付けハードディスクをパソコンに繋いだ時に「フォーマットする必要があります」など、エラーのメッセージが表示された時にも注意しましょう。慌ててフォーマットしてしまうと保存されているデータは消えてしまいます。フォーマットや初期化は機器を工場出荷時の状態に戻す作業のことです。万が一、誤ってフォーマットしてしまった時にはデータ復旧の業者にすぐに連絡しましょう。フォーマットや初期化した後に何かしら操作をしてしまうとどんどんデータは上書きされていってしまいます。データの復旧が困難になることもあるため、すぐに相談した方が後悔せずに済みます。

↓フォーマットする必要がありますとメッセージが出た時の解決方法はこちら

4.分解しない


外付けハードディスクに不調が生じた時にはその原因を確かめたいと考えるのではないでしょうか。しかし、外付けハードディスクを分解してはいけません。HDDはとても繊細な精密機器です。少しのホコリや小さな塵などが入ってしまうとすぐに壊れてしまいます。そのため、ハードディスクを分解・開封する際にはクリーンルームなどの専用施設での対応が必須となります。クリーンルームのような環境が無い場所で分解してしまうとホコリや塵が中に入り外付けハードディスク内の故障が増えることにも繋がりかねません。外付けハードディスクは分解することを前提には作られておらず、個人で分解してしまうとメーカー保証の対象外にもなってしまいます。また、せっかく復旧可能だったのにも関わらず分解してしまったことが原因で復旧が不可能な状況まで状態が悪化してしまうケースもあります。技術力の高いデータ復旧業者に診てもらうことを優先しましょう。

5.データ復旧作業を個人で行うにはリスクがある

外付けハードディスクに不具合やトラブルが起きた時には慎重な対応が求められます。データ復旧ソフトをダウンロードしたりスキャンしたりすることでデータが上書きされてしまったり、ハードディスク内部のデータを記録しているプラッターに一度傷が入ってしまったりすると元には戻りません。ハードディスクは繊細な機器であり消耗品の一つです。故障の状態が悪化してしまうとデータが無くなってしまう・復旧が難しくなってしまうリスクも上がります。自分でできることを試したい・どうにかできないかと思った時にはまずは手を止めることを優先しましょう。どうしても自分で復旧したいと考えた際には作業を進める前にプロのデータ復旧業者に相談してから進めると後悔せずに済むものです。

外付けハードディスクのメーカー一覧

バッファロー(BUFFALO)/IODATA/ロジテック/WESTERN DIGITAL/エレコム/Silicon Power/LaCie/ADATA/トランセンド/HGST/FFF SMART LIFE CONNECTED/SEAGATE/Apricorn/Glyph Production Technologies/東芝/FREECOM/PQI/ハギワラソリューションズ/Lenovo/IMATION/メルコシンクレッツ/SONY/Appleなど

↓バッファロー製HDDのデータ復旧について詳しくはこちら

まとめ・万が一困った時には

ここまで外付けハードディスクに症状や障害が発生した時のデータ復旧・復元方法や対処方法を紹介してきました。症状が出た時に原因がわからない場合やHDDに入っているデータが大事な方はプロのデータ復旧業者に連絡することを優先しましょう。外付けハードディスクに仕事のデータ(WordやExcel、PDFや動画、メールデータ等)や個人のデータ(思い出の動画や写真、作成した文書ファイル)など、大切なデータや無くなると困るかもしれないと思ったデータが入っている場合にはプロのデータ復旧業者に任せてしまった方が不安もすぐに解消され、データもすぐに戻ってくるものです。データ復旧の業者選びで悩んだ時にはサービス内容や技術力などをチェックしましょう。高い技術力を持っている会社かどうかはAI技術や独自技術を持っているかを確認すると判別がしやすくなります。アドバンスドテクノロジーはAI技術や独自技術を持っており、復旧料金も抑えられます。困った時に親身に対応してくれるので、まずは相談から始めてはいかがでしょうか。

アドバンスドテクノロジー今すぐ見積もり