データ復旧のアドバンスドテクノロジー

外付けHDDのデータ復旧・復元方法を紹介!自分でできる解決策

外付けHDDのデータ復旧・復元方法を紹介!自分でできる解決策

外付けHDD(ハードディスク)は持ち運びに便利な記録メディアの1つですが、ある日突然、認識しない・データにアクセスできなくなった・落とした後、異音が聞こえるようになった等、様々なトラブルが生じてしまう事があります。業務や個人で大事なデータを保存している外付けHDDが使えなくなってしまうと困ってしまうものです。外付けHDDからデータを復旧したいと考えた時には症状発生の原因や障害の種類の特定、それぞれに適した対応が必要となります。ここでは、外付けHDDのデータ復旧を行いたい時に自分でできる復元方法や、障害が生じた時に注意すべきことも紹介していきます。

データ復旧とは

データ復旧とは、外付けHDDが認識しない・アクセスができない等の不具合が出て故障したり、誤ってハードディスク内のファイルやフォルダを消してしまったりした際に機器からデータを救出・復旧する事を指します。

外付けHDDに症状が出た時にすぐに試せるデータ復旧・復元方法を紹介

下記は外付けHDDに症状が出た時にすぐに自分で試せるデータ復旧・復元方法です。

  1. 1. USBケーブルやACアダプタが正しく接続されているかを確認
  2. 電源スイッチ・ランプの確認
  3. デバイスマネージャーで確認
  4. 外付けHDDのドライバを最新版に更新
  5. Windowsのエラーチェックを試す

外付けHDDが認識しない・アクセスできない等のトラブルが生じている場合に自分ですぐに問題を解決したい時には確認作業から進めていきましょう。
1.USBケーブルやACアダプタが正しく接続されているかを確認

外付けHDDが認識しない・動作しない等の症状が発生した場合にはハードディスク本体に原因があるのか、付属品に原因があるのかを確認することが必要となります。まず、USBケーブルやACアダプタが正しく接続されているか・外れていないかをチェックしましょう。USBケーブルの状態を確認する時にはUSBハブ等は使わず、パソコンに直接、外付けHDDのUSBケーブルを繋いで動作確認を行うようにしてください。万が一、USBケーブルが正しく刺さっていても外付けHDDが認識できない場合には別のパソコンに接続したり、別のUSBポートに繋いでみたりすることで問題の原因がディスク側にあるのか、USBケーブル側にあるのかが判別可能となります。しかしながら、外付けHDDに何らかのトラブルが起きている時にケーブルの抜き差し・パソコンに繋ぎ直す事自体が機器の状態を悪化させデータを失いかねない危険な行為であることも認識しておきましょう。自分で外付けHDDのデータ復旧を行いたい場合にはこれらの作業を試す時には1回だけに留めておきましょう。1回試して問題が改善されなかった時には手を止めてプロの復旧業者に相談することを優先した方が良いものです。

↓外付けHDDが認識しない時にはこちらも参照ください。


2.電源スイッチ・ランプの確認

外付けHDDが認識しない・反応しない場合には電源スイッチが押されているか・電源ランプが点いているかも確認しましょう。電源スイッチを押し忘れてしまっていることも多いものです。電源ランプが点灯していれば外付けHDDに電力が供給されている印となります。
3.デバイスマネージャーで確認
外付けHDDに不具合が出た際にUSBケーブルやACアダプタの接続、電力供給に問題が無い場合にはハードディスク本体に原因があると考えて動きましょう。自分で外付けHDDがパソコンで認識できているかどうかを確認するにはデバイスマネージャーを使う方法があります。
・デバイスマネージャーを使ってHDDの状態を確認する手順
Windowsのパソコンで外付けHDDが正しく認識されているかを確認するには
①「Windowsメニュー」を開く
②「デバイスマネージャー」を開く
③「ディスクドライブ」上に外付けHDDの型番が表示されていれば認識されているサイン
④「ディスクドライブ」上に外付けHDDの型番が表示されていない場合は認識できていない状態
①~④でHDDが認識できているかを自分で確かめてみましょう。
デバイスマネージャーで外付けHDDの型番が出ない・ディスクを認識していない場合には外付けHDD自体が故障してしまっている事が推測される為、適切な方法でデータの復旧・復元する事を考える必要が出てきます。
4.外付けHDDのドライバを最新版に更新
デバイスマネージャーを使って自分で外付けHDDがパソコン上で認識されている事を確認できた場合には、外付けHDDのドライバを最新版に更新しましょう。ドライバが古いことが原因でトラブル発生に繋がっている事も多いものです。
5.Windowsのエラーチェックを試す
Windowsのパソコンを使っている場合には自分でHDDのエラーチェックを実施してみることで不具合の改善が見込めることがあります。しかしながら、WindowsのエラーチェックはHDDに軽度の論理障害が生じている時にしか試す事ができない復旧方法です。障害の種類が不確定・よくわからない時には手を止めて、操作を進めることは避けましょう。
・HDDのエラーチェックの利用方法・自動修復を使った復旧の流れ
①フォルダを表示→左に表示されるものの中から「PC」をクリック
②チェックしたいHDDを右クリック→プロパティを表示→ツールタブを選択
③エラーチェック→ドライブのエラーをチェックします項目→チェックをクリック
④エラーチェックが開始されスキャンが行われる
⑤エラーが検出された時にはファイルシステムの修復を行うために再起動を促される
⑥再起動を行うとシステムの修復が行われる
※中度以上の論理障害や軽度であってもHDDに物理障害が生じている時にエラーチェックを行うと反って状態が悪化してしまう・重度の物理障害を併発させてしまうことも多く、注意が必要です。少しでも悩んだ場合にはエラーチェックを試す前にプロの復旧業者に相談することを優先しましょう。

外付けHDDに生じる故障や障害の種類

外付けHDDに何かしら症状が出て、故障しているように考えられる場合には下記のような障害や不具合が発生していることが多く、注意が必要です。

  1. 外付けHDD付属のACアダプタやUSBケーブルの故障や損傷
  2. 外付けHDDに生じる論理障害
  3. 外付けHDDに生じる物理障害

1.外付けHDD付属のACアダプタやUSBケーブルの故障や損傷

外付けHDDを使っている時に症状やトラブルが発生した場合にはディスクの故障ではなく、付属のACアダプタやUSBケーブルの損傷によって外付けHDDが認識できないといった症状発生に繋がっている事も考えられます。特にUSBケーブルはパソコンに接続・抜き差しを繰り返す事によって接触不良やコネクタの劣化が生じることがあります。また、ACアダプタも経年劣化によって電力の供給が不安定になったり断線が起きたりするとHDDが動かない・反応しないといったトラブルに繋がることが起こりえるものです。
2.外付けHDDに生じる論理障害
論理障害とは、HDDなどの機器本体には問題が無い・故障が起きていないものの、記録されているシステムやデータなどの破損や誤削除などのヒューマンエラー・プログラム上に問題が発生した場合に生じる障害のことです。論理障害が生じる時にはディスクは動作可能・認識できる状態であることも多く、障害発生に気づきにくい事も少なくありません。障害に気づかず、機器を使い続けてしまうとデータの復旧の難易度が上がるだけでなく復旧自体が難しくなることも起こりえます。
3.外付けHDDに生じる物理障害
物理障害とは記録メディアが物理的に故障した・破損したことによって生じる障害のことです。外付けHDDなど、ハードディスクは数多くの部品で構成されており、部品が壊れてしまうと不具合やトラブル発生に繋がります。また、物理障害は経年劣化でも起こりえるものです。外付けHDDに物理障害が発生している場合には、クリーンルームなどの専用環境内でディスクの開封と復旧作業が必須となります。自力で復元したり修理したりする事は難しく、ディスクに保存しているデータが大事な方・無くなったり取り出せなくなったりすると困ると少しでも頭に浮かんだ時はプロのデータ復旧業者に相談することを優先すべき事態です。

外付けHDDに論理障害が生じた時の症状例とデータを復旧したい時の注意点


外付けHDDに下記のような症状や不具合が生じている場合には、論理障害が発生してしまっていることが推測されるものです。

  1. ファイルやデータを間違って消してしまった・誤って削除した
  2. 間違ってフォーマット・初期化してしまった
  3. エラーメッセージが表示される
  4. パソコンが起動しない・OSが立ち上がらない
  5. パーティションを削除した
  6. ウィルス感染
  7. データを上書きした
  8. ファイルシステムの損傷やプログラムファイルの破損
  9. ランプは点灯しているもののファイルやフォルダの読み込みができない・アクセスができない
  10. その他、外付けHDDに症状が出た時に作業や操作を進めてしまった場合には

1.ファイルやデータを間違って消してしまった・誤って削除した
外付けHDDなどの記録メディアから間違ってファイルやフォルダ内のデータを消してしまった・削除した場合には、すぐに操作や作業を止めましょう。機器の電源を切り、とにかく使用しないことが重要となります。ファイルやフォルダを削除した際にはそのデータは見えない状態となりますが、完全には消えておらずデータは上書きされるまで残っているものです。しかしながら、通電し続ける・操作を止めない・作業を進めてしまうとデータはどんどん上書きされてしまいます。その結果、データ復旧の難易度が上がるだけでなく、復旧自体が難しくなってしまう事も起こりえます。外付けHDDに入っているデータを消した後、そのデータが消してはいけないものだった・大事なものだったと気づいた場合には、専門のデータ復旧業者に相談した方が良いものです。自分でどうにかしたいと思い、安易にフリーソフトなどの復元ソフトをダウンロードしたりスキャンしたりしてしまうと上書きが進んでしまい、欲しいデータが取り出せず、悲しい思いをする・後悔する結果に繋がってしまいます。少しでも悩んだ時には復旧会社に連絡することを優先しましょう。
2.間違ってフォーマット・初期化してしまった

フォーマット(初期化)とは、外付けHDDなどの記録メディアを工場出荷時の状態に戻す作業のことです。フォーマット(初期化)を行ってしまうと記録メディアに保存されていたデータは全て消えてしまい、取り出しができない状況になってしまいます。バックアップが取れていると思って外付けHDDをフォーマットしたらバックアップが取れていなかった・初期化してから大事なデータが入っていた事に気づいたなど、フォーマット(初期化)してから困ってしまう事態になることも多いものです。万が一、そのような事態になった時には早めにデータ復旧の業者に相談しましょう。間違ってデータを消してしまった時と同様にフォーマット(初期化)した後、通電を続ける・操作や作業を続けることでデータは上書きされてしまいます。データを取り出したい・復旧したいと思った時にはまずは手を止めることが最優先となります。
3.エラーメッセージが表示される

外付けHDDをパソコンに接続した際や使用中に「フォーマットしますか?フォーマットする必要があります。」「アクセスできません。ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。」等のエラーメッセージが表示される事やパソコンがブルースクリーン(青い画面)になって白いエラーのメッセージが表示されることがあります。この場合にはHDD本体に論理障害、物理障害のいずれか・もしくは両方の障害が生じてしまったことが考えられ、注意が必要となります。エラーメッセージが表示された時には慌ててしまう事も多いものです。「フォーマットしますか?」と聞かれてそのまま「はい」を押してしまわないように気を付けましょう。フォーマットしてしまうと入っているデータは全て消えてしまいます。また、これらのエラーメッセージが表示された場合にはディスク自体が物理的に故障してしまっているケースも多く、電源の入り切りや再起動の繰り返し・ケーブルの抜き差しを行うことで状態はすぐに悪化してしまいます。保存しているデータが大事な方・HDDも大切なものの場合には手を止めて専門のデータ復旧の業者に相談することを優先した方が後悔せずに済みます。
4.パーティションを削除した
誤ってHDD内のパーティションを削除してしまった時も手を止めることから始めましょう。慌てて自分でどうにかしようとパーティションの再作成を行わないように注意が必要です。パーティションとは、HDDやSSDなどの記録メディアに設定された領域(データ上で分割された領域)1つ1つの事を指しています。パーティションを誤って削除してしまった場合も自力で復元しようとフリーソフトをダウンロードしたり復旧ソフトでスキャンを行ったりすることは避けた方が良いものです。データの上書きが進んでしまい復旧の難易度が上がるだけでなく、復旧自体も難しくなってしまうことも起こりえます。
5.ウィルス感染
ウィルスに感染したファイルを保存してしまっていた場合には、突然、外付けHDDが読み込めない・認識しないなどの不具合を起こすこともあります。使い続けることで状況は重篤化してしまいます。まずは電源を切ることを優先しましょう。
6.データを上書きした・新たなデータを機器に保存した
外付けHDDをフォーマットした後に新たにデータを保存した・保存場所を間違ってファイルを上書きしてしまった等、データの上書きに気づいた時にはすぐに操作を止めましょう。操作を続ける・対応が遅くなる程、復旧可能だったものが復旧不可能な状態に陥ってしまうリスクが高まります。
7.ファイルシステムの損傷やプログラムファイルの破損

外付けHDDなどの記録メディアのファイルシステム(管理情報部分)に異常や損傷が発生することがあります。記録メディアは起動時やデータの読み込み時には常に何かしらのデータの書き込みが行われるものです。安全な取り外しができなかった場合や突然のシャットダウン、停電などによってデータの書き込みが正常に終了しないとファイルシステムやプログラムファイルの破損に繋がります。
8.ランプは点灯しているもののファイルやフォルダの読み込みができない・アクセスができない
外付けHDDをパソコンに繋いだ際、ランプは点灯している・HDDは認識しているが中身が見られない・ファイルやフォルダの読み込みができないといった症状が出ることがあります。この症状は論理障害、物理障害どちらでも起こりえるものです。読み込みやアクセスができない時にケーブルの抜き差しや電源の入り切りを行ってしまうと状態が悪化してしまい復旧が難しくなってしまう事も多く、触らない様にすることが最重要となります。
9.その他、外付けHDDに症状が出た時に作業や操作を進めてしまった場合には
外付けHDDにトラブルが起きた時にデータ復旧用のソフトをダウンロードしてしまったり、データを上書きしてしまったりと操作を進めてしまった場合にはすぐに中断することを優先しましょう。電源を切って状態が変わらないようにすることが最優先となります。自分で外付けHDDを復旧できると思って安易に作業を進めてしまうと状態が重篤化し、復旧の難易度が上がるだけでなく復旧自体が難しくなる事が多く、後悔してしまう結果になることも少なくありません。少しでも悩んだり困ったりしたりした際にはデータ復旧サービスを行っている業者にその場で相談することを優先しましょう。万が一、作業を進めてしまった場合でも作業途中であっても専門の復旧業者に連絡した方が良いものです。

外付けHDDに物理障害が生じた時の症状例とデータを復旧したい時の注意点


外付けHDDに下記のような症状や不具合が生じている場合には、物理障害が発生してしまっていることが推測されるものです。

  1. 認識しない・読み込みができない・アクセスできなくなった
  2. 落とした・落下させた・異音が鳴っている・いつもと違う音が聴こえる
  3. 動いている音がしない・動かない
  4. 焦げ臭い・異臭がする
  5. 水やコーヒーなどの液体がこぼれた・水没した、火災に遭った
  6. 機器の電源がつかない・起動しない
  7. CRCエラーなどのエラーメッセージが表示される
  8. 外付けHDDが熱くなっている
  9. 停電や落雷の後、動作がおかしい
  10. その他の症状が出たら

1.認識しない・読み込みができない・アクセスできなくなった
外付けHDDが認識しない時には多くの場合、ディスク本体の故障、内部部品の破損が考えられるものです。その他、ケーブルやUSB端子などの付属品に損傷が生じたことによって症状が引き起こされている事もあります。HDDはとても繊細な精密機器の一つで、消耗品の記録メディアでもあります。ついさっきまで使えていた・昨日までは問題がなかった場合でもある日突然、外付けHDDが認識しない・読み込みができない・アクセスができなくなったといったトラブルが発生してしまうことがあります。症状が出た時には、電源を入れ直したら自分で直せるかもしれない・認識するように戻るかもしれないと電源の入り切りや再起動を繰り返してしまうかもしれません。しかしながら、そのような操作は大変危険です。通電し続ける・電源の入り切りや再起動を行うことでHDDの状態はすぐに悪化してしまいます。その結果、データ復旧の難易度が上がるだけでなく、復旧自体が難しくなってしまう事も起こりえます。外付けHDDに保存しているデータが大事なもの・無くなると困るかもしれないと少しでも思った時には操作を止めて電源を切る事を優先しましょう。
2.落とした・落下させた・異音が鳴っている・いつもと違う音が聴こえる

外付けHDDは持ち運びがしやすい分、外的な要因によって故障してしまう事が多い記録メディアの1つです。落とした・落下させた・衝撃が加わった時には内部の部品が壊れてしまったり外れてしまったりします。この状態で通電を続けたり、電源の入り切りや再起動を試したりするとデータを保存しているプラッターと呼ばれる円盤状の部品に傷が入ってしまいます。最悪、データが入っている部分自体が削られてしまう事も起こりえます。落とした時にはすぐに電源を切って専門のデータ復旧業者に連絡するべき事態です。外付けHDDを落とした・落下させた・衝撃が加わった場合に自分でどうにかしようと何かしら操作をしてしまうことは大変危険で、ケーブルを抜いて通電されないようにすることを優先しましょう。

↓外付けHDDを落下させてしまった時はこちらも参照ください。


また、外付けHDDをパソコンに接続した際やパソコンの起動時に「カチカチ」や「カタカタ」、「カツンカツン」「ジー」などの異音や普段、聞こえない音が聞こえる時には注意が必要です。内部部品が損傷した・外れた・異常が発生した等、データが失われる危険な状態であることが多いものです。異音が聞こえる時に通電を続ける・電源の入り切りや再起動を行うことでデータを記録しているプラッターとデータを読み取る磁気ヘッドが接触して傷を作り、重度な物理障害を発生させてしまう事も少なくありません。異音が鳴っている時にはすぐに電源を切ってデータ復旧サービス業者に連絡することを優先しましょう。異音が鳴っている外付けHDDのデータ復旧は①クリーンルームなどの専用施設②互換性のある専用部品の調達③深い専門知識④高度な技術力の4つが揃った復旧対応が必須となり、自力での対応は難しいものです。HDDに生じる異音は落下や落雷、停電など外的要因によって発生する事と経年劣化などで自然発生してしまう事の両方がありますが、聞き慣れない音が聞こえたらすぐに電源を切ることが重要です。

↓HDDから異音が聞こえる時は危険なサイン!こちらも参照ください。


3.動いている音がしない・動かない
外付けHDDのランプは点いている・パソコンに接続させているのにも関わらず、何も音がしない・動いていない場合には内部部品のモーターや電源周りの故障やデータを記録しているプラッターとデータを読み取る磁気ヘッドが癒着してしまっていることが推測されるものです。このような症状が出ている時には、プラッター部分に損傷が起きていなければすぐにデータの復旧が可能になることが多いものです。しかしながら、自力での対応は難しい状態のため注意しましょう。動いていないHDDからデータを復旧するにはディスクを開封して復元・修理作業を行う必要があり、①クリーンルームなどの専用施設②互換性のある専用部品の調達③深い専門知識④高度な技術力の4つが必須となります。外付けHDDの中のデータが必要・早く安く確実に復旧したい方は専門のデータ復旧業者に相談することを優先しましょう。
4.焦げ臭い・異臭がする

外付けHDDをパソコンに繋いでいる際、突然、バチッと音が鳴ったり煙が出たり焦げ臭いと思った時には注意が必要です。このような場合には火災に繋がることもあるため、すぐにケーブルを抜いて通電されないように努めましょう。異臭がする場合には換気も行ってください。これらの症状が出た場合にはHDDの修理が必要です。ディスクに保存しているデータが必要な方はデータ復旧サービス業者へ、データが必要無い方はメーカーや購入店に連絡すると問題の解決がスムーズになります。
5.水やコーヒーなどの液体がこぼれた・水没した、火災に遭った
水やコーヒー、スープなどを飲みながらパソコンで作業をしていた時に手が当たってしまって液体がパソコンや繋いでいた外付けHDDにこぼれてしまう事や台風や水害による床上浸水によって機器が水没し、壊れてしまうことも起こりえるものです。思わぬ事故や天災、火災などによって機器が故障してしまうような事態に見舞われてしまった時には早い段階で専門の復旧業者に連絡することを検討しましょう。
6.機器の電源がつかない・起動しない
電源を入れても外付けHDDのランプが点灯しない・起動しない場合にもディスク自体が物理的に壊れてしまっていることも多いものです。別のパソコンに接続したりUSBケーブルを交換したりしても電源がつかない場合にはHDDが壊れたと思って慎重に動きましょう。外付けHDDが正常に動いていた時と何か違うと思った時には通電することも避けるべきです。起動しない・電源がつかない状況で通電を続けてしまうと状態が悪化してしまいます。別のパソコンに接続させる行為でも通電が起きるため、1回試して自分で復旧ができなかった場合にはそれ以上試すことは止めて、プロの復旧会社に相談すべき事態です。
7.CRCエラーなどのエラーメッセージが表示される
「データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)です」などのエラーメッセージが出た時にはHDD本体が故障している事や物理障害が発生してしまっていることが推測されるものです。エラーメッセージを無視して操作を続けてしまうと状況の悪化が進み、他の症状を併発させてしまう事も多いため注意が必要です。データが大事な方・データを失いたくない方はエラーメッセージが出た時には手を止めましょう。エラーメッセージが出ている時に自分で復旧しようと思ってフリーソフトなどの復元ソフトを使うことはデータを失いかねない危険な行為となります。特にCRCエラーはHDDに物理障害が発生してしまっていることが多いエラーの1つで、復元ソフトを使うとデータの復旧ができないばかりか状況の重篤化を招きます。エラーが出て困った時には余計な事をせずに専門のデータ復旧業者に相談することを優先しましょう。

↓CRCエラーが表示されてお困りの方はこちら


8.外付けHDDが熱くなっている
HDDは熱がこもりやすい記録メディアの1つです。機器は熱に弱く、熱によって故障してしまう事も多いものです。外付けHDDを触ってみて、いつもより熱い・熱い以外にも読み込みができない等のトラブルが発生している時にはすぐに使用を止めましょう。
9.停電や落雷の後、動作がおかしい
パソコンに外付けHDDを繋いで使用していた時に予期せぬ停電や落雷の影響で電力供給に問題が起きると機器に不具合や障害を発生させてしまうことも少なくありません。停電や落雷によって外付けHDDやパソコンの電源が正しく切れずに落ちてしまった後に何かしら不具合が出た時にはそれ以上、機器の使用は止めた方が良いものです。データを失ってしまう重篤な障害が起きている事が多く、自分でどうにかしようと使用を再開しようとするだけで状況の悪化を促進させてしまいます。
10.その他の症状が出たら
外付けHDDに発生する症状は様々です。大事に使っていても経年劣化などによってトラブルが生じてしまう事は誰にでも起こりえることです。何かしら症状や不具合が発生した時には操作を止めてプロのデータ復旧サービス業者に連絡することを検討しましょう。早く連絡した方が悩みも症状もすぐに解決され、データも無くならずに済みます。また、プロに頼った方が結果的に復旧料金も抑えられることの方が多いものです。費用を抑えたい人こそ、復旧業者の無料相談を利用することを優先しましょう。

外付けHDDのデータ復旧や復元方法


外付けHDDに障害や不具合が生じてしまった時にはHDDに入っている「データを復旧(復元)したい」のか「データは不要で機器が使えるように戻ったら良い」のかによって対応方法が変わります。データが大事な方・必要な方は「データ復旧サービス業者」へ。データが不要で機器の修理だけ希望される方は「購入店やメーカー」に相談することを検討しましょう。

  1. 購入店やメーカーに相談する方法
  2. データ復旧・復元ソフト(フリーソフトや有料版のソフト)を利用する方法
  3. 自力で外付けHDDのデータを復元したいと思ったら
  4. データ復旧・復元サービス業者へ相談する方法

1.購入店やメーカーに相談する方法
外付けHDDに入っているデータは不要で、ディスク本体を修理してまた使えるように直したい・動くようになれば良い方は購入店やメーカーに相談することを検討しましょう。購入店やメーカーに修理を依頼した場合には、保存されていたデータは保証されず、データは消えてしまう・無くなってしまうものと認識しておく必要が出てきます。修理の際には、初期化されてしまう、もしくは他の新しいHDDへの交換対応となる事が多いためです。そもそも、修理とは故障したり不具合が発生したりした記録メディア本体や内部部品に対して修理作業や部品交換作業を行って再び使用可能な状態に戻す事を目的にしています。HDDが使えるように戻るよりも中のデータの復旧や救出を優先したい方は他の方法を検討した方が良いものです。
2.データ復旧・復元ソフト(フリーソフトや有料版のソフト)を利用する方法
外付けHDDにトラブルが起きた時にHDDに保存しているデータを復旧したい・取り出したいと考えた場合には復旧ソフトを利用する方法があります。
・復旧ソフトを使って外付けHDDのデータ復元を試みるメリット例
①比較的簡単に利用が可能な場合がある
②自分で早く復旧ができる可能性がある
・復旧ソフトを使って外付けHDDのデータ復元を試みるデメリット例
①外付けHDDに物理障害が発生していた場合、復旧ソフトは使えない
②物理障害が生じている時にフリーソフトなどの復旧ソフトをダウンロードしたりスキャンしたりすることで負荷がかかり、状態が重篤化してしまう事が多い
③論理障害が発生している場合でも復旧ソフトを使うことでデータの上書きが進んでしまうことが多い
④復旧ソフトを使った結果、かえって復元が難しくなるケースも多い
⑤外付けHDDが壊れかけている時に復旧ソフトをかけると完全に壊れてしまう
⑥マニュアルが英文のみで紹介されている事も少なくなく、悩むことが増えてしまう
⑦復旧ソフトを使ってもエラーやトラブルの修復ができないばかりか復旧自体が難しくなってしまう程、状態が悪化することも多い
などが挙げられます。復旧ソフトは軽度の論理障害のみ対応が可能なものですが、自力で外付けHDDの障害の種類、障害の程度(軽度・中度・重度など)、損傷個所を把握する事は難しいものです。軽いと思っていても実際には症状や障害が進行してしまっているケースも多く、外付けHDDの中に保存しているデータが大事なもの・無くなると困るものかもしれない・失敗したくないと少しでも考えた時にはデータ復旧ソフトの利用は避けるようにしましょう。どうしても自分で復旧ソフトを使ってみたいと思った時には先にプロのデータ復旧サービス業者に相談してから進めると後悔せずに済みます。
・復旧ソフトを使うために事前に用意が必要な物

  1. 動作可能なパソコン(Windows/Mac問わず)
  2. データ復旧(復元)ソフト(フリーソフト・有料ソフトなど)
  3. データを復元したい外付けHDD
  4. ハードディスクとパソコンを接続するケーブル

・データ復旧(復元)ソフトの一覧

無料の復旧ソフト例 有料の復旧ソフト例 対象OS例 対象機器例 復旧可能なデータ例
Photo Rec/ Wondershare Repairit/ Wondershare/ EaseUS Data Recovery Wizard Free/ PC INSPECTOR File/ Mini Tool Photo Recovery Free/ Disk DiggerRecoverit/ Recovery 4.x/ Recuba/ iSkysoft/ ファイナルデータ/ PC Inspector File Recovery/ Disk Drill Media Recovery/ Recover Files/ testdisk/ Pandora Recovery/ 4DDIG Mac/ ZAR(Zero Assumption Recovery/ Glary UndeleteSFWare Video Repair/ Restart Explorer/ AVIPreview/ Stellar Repair for Video/ DivFix/ MMname/ VLC Media Player/ AviFIXP/ DVDVob2Mpg/ WMVConcatなど EaseUS Data Recovery Wizard有料版/ Recoverit有料版/ Recoverit Mac版/ iSkysoft有料版/ Disk Drill/ restore.media SFWare/ Video Repair/データリカバリー(Mac版)/ Renee Undeleterなど Windows/ macOS(iOS)/ Linuxなど HDD/ SSD /SDカード/ USBメモリ/パソコンなどの記録メディアやゴミ箱など 画像/動画/音声/Word/Excel/PDF/音楽/メール/ドキュメント/圧縮ファイル/誤削除したファイルやフォルダ、消えてしまったデータ/ゴミ箱に入れたファイルやフォルダなど

3.自力で外付けHDDのデータを復元したいと思ったら
外付けHDDのデータ復旧を自力で行いたい時には下記のような手順になります。

  1. 外付けHDDに対応したデータ復元ソフトを探す
  2. ソフトをPCにインストールする
  3. 外付けHDDをPCに繋ぐ
  4. 外付けHDDをスキャンする
  5. データを選択、修復ボタンを押す
  6. 復元したデータを確認する

※5.で復旧したいファイルやフォルダが見つからない時や少しでも不安を感じた場合は作業を止めましょう。
※パーティション全体が失われてしまっている際には「紛失パーティション」内からデータを探す必要が出てきます。よくわからないまま操作を続けることは危険な事が多いものです。少しでも悩んだ時には操作を止めましょう。
復旧ソフトを利用しても欲しいファイルやフォルダの復元が限定的だったり、データの復旧が一部だけだったり、ファイル名などが文字化けしてしまったりすることも多く起こりえます。復旧ソフトを探している段階やダウンロード・スキャン途中でも困ったり悩んだりした際には操作を止めることが大切です。ソフトを使うことでデータが上書きされてしまい、復旧が困難になってしまうケースも残念ながらありえます。外付けHDDに大事なデータを保存している・無くなると困るかもしれない・失敗したくないと少しでも思った時には復元ソフトを使う前にプロのデータ復旧業者に相談を入れた方がデータを失わずに済みます。また、プロに任せた方が復旧料金も抑えられることが多いものです。
4.データ復旧・復元サービス業者へ相談する方法
外付けHDDのデータが必要な方・安全にデータを取り出したい方はプロのデータ復旧業者に相談する方法があります。データ復旧の専門業者に相談した場合には高い技術力や深い専門知識を持って症状が発生した原因や障害箇所、障害の種類の特定ができ、論理障害でも物理障害でも対応が可能となります。しかしながら、データ復旧業者は数多く存在しており、どこの会社を選んだら良いのかわからない等、少しでも悩んだ時には「AI技術」や「独自技術」を持っているデータ復旧業者であるかを確認しましょう。技術力の高い会社を選ぶ基準となります。どの会社でも同じように復旧が可能なわけでは無いため注意しましょう。業者ごとのサービスの内容や技術力には大きな差もあります。万が一、技術力の無い復旧会社に出してしまうとデータの復旧ができないばかりか状態を悪化されてしまうことも起こりえます。そのため、外付けHDDに入っているデータが大事なもの・無くなると困る・失敗したくないと思った時には最初に相談する復旧業者は適切に選ぶ必要が出てきます。検索で上位に表示されたから・家やオフィスから近いからと安易に選んでしまうと後悔してしまう結果に繋がりかねません。1社に出してダメだったら次の会社に出せば良いと考えてはいけないものです。

データ復旧サービス業者の選び方

外付けHDDに症状や不具合が生じた時には慌ててしまうことも多いものです。少しでも悩んだ時にはプロのデータ復旧業者に相談することを優先しましょう。どこの復旧業者に連絡したら良いのか困った時には下記のような点も確認してみると判断がしやすくなるものです。

  1. 高い技術力を持っているか(AI技術や独自技術の有無)
  2. 作業スピードや対応は早いか
  3. 復旧費用や料金プランなどが明記されているか
  4. 情報の守秘義務や管理は徹底しているか
  5. クリーンルームなどの専門環境を有しているか
  6. 対応実績の有無

外付けHDDに入っているデータが大事・早く直したい・業務への支障を最小限に留めたい・データが取り出せないと困ることになる・復旧料金が気になる・費用を抑えたい等、1つでも頭に浮かんだ場合にはデータ復旧サービス会社に相談することを優先しましょう。アドバンスドテクノロジーは1~6の条件を全て満たしており、おすすめのデータ復旧会社です。高度な技術力を持っているからこそ、早い対応や費用を抑えたデータ復旧が可能となるものです。困った時こそデータ復旧サービス会社の無料相談を利用することを優先しましょう。

外付けHDDのデータ復旧が必要な時にやってはいけないこと


外付けHDDに故障が疑われる・不具合が生じている時にデータを復旧したい・復元したいと考えた場合には注意すべき点・やってはいけない事がいくつかあります。データが大事な方や復旧料金を抑えたい方は特に下記項目を確認してから動きましょう。

  1. 電源のON・OFFや再起動の繰り返しはNG
  2. 通電し続けない・ケーブルを繋いだままにしない
  3. 初期化やフォーマットを行わないように
  4. 分解しない
  5. Windowsのチェックディスク(chkdsk)の利用は避ける
  6. 無理にデータ復旧作業を進めないように

1.電源のON・OFFや再起動の繰り返しはNG
外付けHDDが認識しない・データにアクセスができない等の症状が出ている場合や故障が疑われる時には電源のON・OFFや再起動を繰り返すことは避けましょう。電源の入り切りや再起動は外付けHDDを含め、記録メディアやパソコンにとても大きな負荷がかかる行為の1つです。不具合やトラブルが生じている時に自分でどうにかしようと電源の入り切りや再起動を複数回行ってしまうと状態が重篤化してしまうこと多いものです。簡単にできることを行った結果、復旧自体が難しくなり、データが失われてしまう危険性も高まります。注意しましょう。
2.通電し続けない・ケーブルを繋いだままにしない
外付けHDDが壊れたかもしれないと思った時や何らかの症状が発生した際には電源を切って通電し続けないようにしましょう。故障してしまっている場合に通電をし続けるとHDDの中でデータを読み取る針のような部品、磁気ヘッドが動作してデータを記録しているプラッター面に傷を付けてしまうことも多く起こりえます。また、プラッター上でデータを記録している部分を削ってしまうケースもあり、通電し続ける等、簡単にできることを行ったせいで復旧可能だったものが復旧不可能な状況に陥ってしまうこともあるものです。何かしらトラブルが生じている時には電気が通らないように電源を切ることが重要です。外付けHDDの場合、パソコンにケーブルを挿しっぱなしにしていると電気が流れ続けてしまう為、不具合が出た時にはケーブルも抜くようにしましょう。
3.初期化やフォーマットを行わないように
外付けHDDをパソコンに繋いだ時に「フォーマットする必要があります」などのエラーメッセージが表示された時にも注意が必要です。慌ててフォーマットしてしまうと保存されているデータは全て消えてしまいます。フォーマットや初期化は機器を工場出荷時の状態に戻す作業のことです。万が一、誤ってフォーマットしてしまった時にはデータ復旧サービス業者にすぐに連絡しましょう。フォーマットや初期化した後に何かしら操作をしてしまったり自分で復旧ソフトをかけてしまったりするとデータは上書きされ続けてしまいます。データの復旧の難易度が上がるだけでなく、復旧自体が困難になることも多く、すぐに相談した方が後悔せずに済むものです。
4.分解しない

外付けHDDに不調が生じた時には自分でその原因を確かめたいと考えるのではないでしょうか。しかしながら、ハードディスクなどの記録メディアを分解してはいけません。HDDはとても繊細な精密機器です。少しのホコリや小さな塵などが入ってしまうだけでもすぐに故障してしまいます。そのため、ハードディスクを分解・開封する際にはクリーンルームなどの専用施設での対応が必須となります。オフィス内や家庭内など、通常の環境下で分解してしまうとホコリや塵が中に入りディスク内のプラッターに付着します。その結果、プラッターに傷を作る原因となり、データを失ってしまう危険性が高まるのです。また、外付けHDDは分解することを前提には作られておらず、個人で分解してしまうとメーカー保証の対象外にもなってしまいます。また、せっかく復旧可能だったのにも関わらず自分で分解してしまったことが原因で復旧が不可能な状態に陥ってしまうことも起こりえます。分解はしないようにしましょう。
5.Windowsのチェックディスク(chkdsk)の利用は避ける
Windowsのパソコンに外付けHDDを接続していてエラーが生じた時には、チェックディスク(chkdsk)ツールを利用して修復したい・自分で復旧できるのではと考えるかもしれません。しかしながら、この「chkdsk」はWindowsに対して適切なファイルシステムに修復するツールのため、外付けHDDなど外部メディアのエラーチェックやトラブルが起きた時のデータ復旧を行うものではありません。また、「chkdsk」を実施してしまうと「chkdsk」がエラーと認識したデータは全て切捨ててしまう・データの上書きを進めてしまうため復旧自体が難しくなってしまうことも起こりえます。また、「chkdsk」を実施してしまうと読み書きを長時間行うため、記録メディアに多大な負荷がかかります。状態の重篤化を促進してしまうため、「chkdsk」の利用は避けた方が良いものです。
6.無理にデータ復旧作業を進めないように
外付けHDDに不具合やトラブルが起きた時には慎重な対応が求められます。自分でデータ復旧ソフトをダウンロードしたりスキャンしたりすることでデータが上書きされてしまったり、ハードディスク内部のデータを記録しているプラッターに少しでも傷が入ってしまったりすると元には戻りません。ハードディスクは繊細な機器であり消耗品の1つです。故障の状態が悪化してしまうとデータが無くなってしまう・復旧自体が難しくなってしまう事も起こりえます。自分でできることを試したい・どうにかできないかと思った時にはまずは手を止めることを優先しましょう。どうしても自分で復旧したいと考えた際には作業を進める前にプロのデータ復旧サービス業者に相談してから進めると後悔せずに済むものです。

外付けHDDのメーカー一例

外付けHDDは様々なメーカーが製造・販売を行っていますが、どのメーカーの製品であっても不具合やトラブルは突然起こりえるものです。保存しているデータが大事な方・復元したい方はプロのデータ復旧サービス業者に連絡することを優先しましょう。

バッファロー(BUFFALO)/ IODATA/ロジテック/ WESTERN DIGITAL/エレコム/ Silicon Power/ LaCie/ ADATA/トランセンド/ HGST/ FFF SMART LIFE CONNECTED/ SEAGATE/ Apricorn/ Glyph Production Technologies/東芝/ FREECOM/ PQI/ハギワラソリューションズ/ Lenovo/ IMATION/メルコシンクレッツ/ SONY/ Appleなど

まとめ・万が一困った時には

ここまで外付けHDDに症状や障害が発生した時に自分でできるデータ復旧・復元方法や注意点を紹介してきました。症状が出た時に原因がわからない場合やHDDに入っているデータが大事な方はプロのデータ復旧サービス業者に連絡することを優先しましょう。外付けHDDに仕事のデータ(WordやExcel、PDFや動画、メールデータ等)や個人のデータ(思い出の動画や写真、作成した文書ファイル)など、大切なデータが保存されている・無くなると困るかもしれないと少しでも頭によぎった場合にはプロのデータ復旧業者に相談した方が不安もすぐに解消され、データも早く安く救出されて戻ってくるものです。データ復旧の業者選びで悩んだ時にはサービス内容や技術力などをチェックしましょう。アドバンスドテクノロジーはAI技術や独自技術を持っており、高い技術力があるからこそ復旧料金も抑えられます。困った時に親身に対応してくれるので、まずは無料の相談から始めてはいかがでしょうか。

アドバンスドテクノロジー今すぐ見積もり