データ復旧のアドバンスドテクノロジー

フォーマットする必要があります。のエラー表示解決方法

フォーマットする必要があります。のエラー表示解決方法

外付けハードディスクやSDカード、USBメモリなどをパソコンに繋いでいる際に「フォーマットする必要があります。」「フォーマットしますか?」とエラーが表示されることがあります。ドライブが開けずに外付けHDDなどの中に保存されているデータが見られない状態になってしまっても慌てずに対応していきましょう。「フォーマットする必要があります。」とエラーが表示された場合のデータの復旧方法・解決方法を紹介していきます。

フォーマットとは

フォーマットとは外付けHDDやUSBメモリ、SDカードCFカードなど記録媒体の中に保存されているデータを初期化(フォーマット)してデータの配列形式を整えることです。フォーマットを行うと記録媒体内のデータの記録方法が再設定され、保存していたデータは消えてしまいます。

フォーマットエラー表示の種類

WindowsとMacでメッセージが異なります。

Windows 10・8・7・Vista「ドライブ :を使うにはフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」
Windows XP:「ディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」
MacOS:「セットしたディスクは、このコンピュータで読み取れないディスクでした」

フォーマットする必要があります。と出ても慌てずに

パソコンはファイルシステム(HDDなど記録媒体内のデータの管理や操作を行うための機能)を確認できないメディアが接続されると「フォーマットする必要があります。」といったエラーを表示します。エラーを表示してリセットを促しています。しかし、このエラーが表示された時に「ディスクのフォーマット」or「はい」を押してしまうとHDDなど記録媒体の中に保存されているデータが初期化(フォーマット)されてしまい消えてしまいます。「フォーマットしますか?」とポップアップが出ても慌ててキーを押さないように注意しましょう。また、エラーメッセージが表示される際は外付けHDDなど記録媒体が故障する前兆であることも多いため、エラーが表示されたら電源の入り切りや再起動など通電を繰り返し行うことは避けましょう。

フォーマットする必要があります。エラー表示がされる時とは

パソコンに外付けハードディスクやUSBメモリ、SDカード、CFカードを接続した際に「フォーマットする必要があります。」「フォーマットしますか?」(Macの場合は「セットしたディスクは、このコンピュータで読み取れないディスクでした」)とエラーが表示された際、他のパソコンに繋ぎ直してもこのエラーは表示されたままになります。このエラーが出る原因はシステム損傷・ファイルシステム部分に障害が発生している場合やデバイスや周辺機器に故障がある時などがあり、どちらも外付けHDDなどがパソコンで認識できない状態・読み取りができない状態となってしまっています。

1.ファイルシステムの破損・セクタ不良(論理障害)
2.パソコンの故障や誤動作
3.外付けHDDやUSBメモリなど容量がいっぱいになっている
4.USB部分など周辺のポートやコネクタ部分の不具合や故障
5.外付けHDDやUSBメモリ自体が壊れてしまっている(物理障害)

1.ファイルシステムの破損・セクタ不良(論理障害)

外付けHDDやUSBメモリにファイルシステムの不具合やセクタ不良が発生すると「フォーマットする必要があります。」「フォーマットしますか?」といったエラーが出ることがあります。システムが正常ではない状態のため、外付けHDD、SDカードなどの記録媒体が使用できなくなってしまいます。詳しい原因の調査は専門知識も必要となります。対応に悩んだ際には復旧会社に相談した方が早く解決できるでしょう。

↓SDカードが認識しない・読み込まないといったトラブルが起きている時にはこちらも参照ください

2.パソコンの故障や誤動作

外付けHDDやUSBメモリなどに原因があるのではなく、パソコンが故障してしまっていることやパソコン内に不具合が発生してしまっているケースも考えられます。パソコンの誤作動と推測できる時には一度だけ再起動を試してみましょう。再起動で解決できたらすぐにデータのバックアップを取りましょう。故障や障害が発生してしまっている際には通電を繰り返すことで状態が悪化してしまうことがあるため何度も再起動を繰り返すことは止めておきましょう。パソコン側に問題がある際には外付けHDDなどを他のパソコンに繋ぐことで確かめることもできます。

3.外付けHDDやUSBメモリなど容量がいっぱいになっている

外付けHDDやUSBメモリに保存している量を確認しましょう。保存可能な容量の内、保存する量が80%~90%を超えてしまうと不具合が出てしまうことが多いものです。容量が少ない状態で使用してしまうとシステムの部分が圧迫され、デフラグができなくなる・ファイルが断片化されてしまう等が生じて誤作動やトラブルが発生してしまいます。結果、外付けHDDなどのパソコンに繋いでいる記録媒体が読み込めなくなってしまうのです。

↓HDDが認識しない・読み込まない時の解決方法はこちら

4.USBポートやコネクタ部分の不具合や故障

外付けHDDをパソコンに繋いだ際、コネクタやUSBポート部分が壊れてしまっている・不具合が起きている際にもエラーが出ることがあります。USBポートの掃除を行う・別のコネクタを使って解決できた際には念のためデータのバックアップも取っておきましょう。抜き差しを繰り返し行うと通電も繰り返し行われてしまい状態が悪化してしまうこともあるため、何回も試すことは止めておきましょう。

5. 外付けHDDやUSBメモリ自体が壊れてしまっている(物理障害)

外付けハードディスクやUSBメモリ自体に物理的な障害が起きてしまっていることも考えられます。外付けHDDの場合はカチカチなど異音が鳴っている際にはHDD内の部品が壊れてしまっていることが推測されます。この状態で電源の入り切りや再起動、通電を繰り返し行ってしまうと状態が悪化してしまいデータの復元が困難になってしまうこともあるため注意が必要です。部品はとても繊細なものでクリーンルームでの対応が必要になります。部品の調達も難しいものが多いため、外付けHDDやUSBメモリ自体の故障が考えられる際には何もせずにプロのデータ復旧会社に任せることを検討しましょう。

↓USBメモリが壊れたかもしれないと思った時にはこちら

外付けHDDやUSBメモリなどで「フォーマットする必要があります。」と出た時の復旧方法

1.周辺機器を掃除する
2.再起動を一回だけ試す
3.復旧ソフトを試す

「フォーマットする必要があります。」「フォーマットしますか?」とエラーが出た際には1.周辺機器を掃除する→2.再起動を一回だけ試す順番で対応してみましょう。これで解決ができればHDDやUSBメモリ内の容量を確認して容量がいっぱいになっていれば容量を減らし、バックアップを取ることを進めましょう。1.と2.を試しても解決しない際には復旧ソフトを試す方法があります。

復旧ソフトでデータを救出できることも

エラーが出た際に復旧ソフトでデータを救出する方法があります。無料のソフトも多く手軽に試せるものですが、障害が発生してしまっているHDDなどの状態が悪化してしまうことや上書きが進んでしまうことも多いため注意が必要です。作業を進める前にプロの復旧業者に連絡することを優先しましょう。専門の復旧会社に相談した方が時間も短縮されコストも削減できることも多く、データが失われるリスクを避けることが可能となります。

復旧ソフトで対応可能なファイルシステム

ファイルシステム APFS、Btrfs 、ext2、ext3、ext4、FAT、FAT32、exFAT、HFS 、JFS 、NTFS、NFS 、NTS+、 ReiserFS、UFS、UFS2、XFS、ZFS

パソコンの操作に慣れている方は

chkdskコマンドを使って復旧を試みる方法があります。Windows PowerShellもしくはコマンドプロンプト(cmd.exe)画面で復旧したいドライブ名とコマンドを入れて作業を行う復旧方法です。(入力例「 chkdsk f: /f 」f:部分はドライブの名前を入れる必要があります)復旧可能と判断できる指針はコマンドを入力した後に表示されるメッセージの数です。10行程度のメッセージ→復旧可能。10行以上のメッセージ→コマンド入力での復旧は難しいと判断しましょう。コマンド入力は通常行わない人の方が多いものです。また、作業に時間がかかることや表示される文字も英語のためかえって作業内容に不安を覚えてしまうかもしれません。作業に悩んだ際には復旧会社に任せてしまった方が間違いもなく不安も取り除けるでしょう。

エラーメッセージが出る前に発生しやすいこと

フォルダやファイルへアクセスする際にいつもより時間がかかっている。データの読み込み、書き込みに時間がかかっている。など挙動が不安定になることも多いです。読み込みに時間がかかっている・いつもと違う動きをしていると思ったらその時点でバックアップを取っておくことも良いでしょう。

解決しない時には

「フォーマットする必要があります。」とエラーが出た際、HDDなど記録媒体の中で発生してしまっている障害の原因は1つとは限りません。また、原因の特定は難しいものも多いものです。特定が難しいまま作業を進めてしまうと状態が悪化してしまい障害内容が増えてしまうこともありえます。エラーが出た際には電源を切って何もしないことが最善の方法でもあります。
↓ハードディスクのエラーのチェックと解決方法はこちら

まとめ・万が一、困った時には

ここまで「フォーマットする必要があります。」等エラーが出た時の対処方法を紹介してきました。原因が何かわからない場合や自分で試せることを試して問題が解決しない際には復旧会社に連絡することを考えましょう。HDDなどに保存しているデータが大切な思い出の写真や動画、・会社の業務にかかわるWordやエクセル、PDF、メールデータなど大事なものの場合はプロに任せてしまった方が不安もすぐに解消されてすぐにデータも戻ってきます。データの復旧業者や修理会社を探す時に悩むかもしれません。その際にはサービス内容や技術力などに注目して見てみましょう。特にAI技術などの技術を持っているかをチェックすることが会社を見つける近道の一つです。アドバンスドテクノロジーはAI技術を持っていて料金も抑えられます。質問にも親身に対応してくれるのでおすすめです。

アドバンスドテクノロジー今すぐ見積もり