データ復旧のアドバンスドテクノロジー

HDD(ハードディスク)の修理・データの修復方法を紹介!

HDD(ハードディスク)の修理・データの修復方法を紹介!

ハードディスク(HDD)が故障したかも!?と思った時には修理する事を考えるのではないでしょうか。HDDが内蔵されているパソコンやNAS、外付けハードディスクが起動しない・データにアクセスできない・フォルダやファイルが見られない・ディスクが認識しない等、HDDが故障してしまったことによって引き起こされるトラブルは様々です。HDDに何かしら不具合や症状が出てしまうと慌ててしまうことも多いものです。ここではHDDの修理を行いと思った時の対処法や修復方法、HDDの修理とデータ復旧の違いについても紹介していきます。

目次

HDDを修理したいと思った時には・メーカー修理とデータ復旧の違い


HDDは精密機器の1つでとても繊細にできています。万が一、物理的・機械的に故障してしまった場合には個人で修理を行い、元通りに使えるように戻すことはとても難しいものです。パソコンやNASに内蔵されているHDDが故障してしまった場合や外付けハードディスクが壊れてしまった時にメーカー修理や購入店に依頼をした際にはほとんどの場合、新しいHDDへ交換対応となるか修理の際にデータは初期化されて戻ってくるため、元々HDDに入っていたデータは消えてしまう・無くなってしまうものと理解しておきましょう。
・修理とは
修理とは、故障やトラブルが生じたHDD等の記録媒体や内部の部品に対して修理作業や部品の交換を行い、再び使えるように戻す・使用可能な状態に修復する事を目的に行うものです。
・メーカー修理とは
メーカー修理にHDDを出した場合、機器本体が物理的・機械的に故障していない状況・症状発生の原因が論理障害だったとしてもHDDは初期化されてしまい、購入時の状態に戻されてしまうことがほとんどです。初期化とは、機器を工場出荷時の状態に戻す操作のことで、初期化を行うと中に入っているデータは全て消えてしまいます。HDDが物理的・機械的に故障してしまっている場合には新しいHDDに交換されて戻ってくるため、その場合にもデータは取り戻せない状態となるため注意しましょう。
・修理とデータ復旧の違い
HDDが故障してしまってもディスクの中にはデータは残っていることが多いものです。残っているデータを高度な技術力や深い専門知識を持って救出を行い、復元する作業のことを「データ復旧」と呼びます。通常、メーカー修理に出した場合にはデータの復旧は行われないことが多く、対応していても軽度な障害に限られる事や修復・修理期間が長時間にわたる事が少なくありません。HDDが故障したかも?と思った際に中のデータを救出したい・復旧したいと考えた場合にはデータ復旧の専門業者に先に相談することを優先しましょう。

↓外付けHDDのデータ復旧はこちらも参照ください。

HDDが故障した時に修理とデータ復旧のどちらを選んだら良いのか悩んだ時には


パソコンやNASが故障したりHDDが使えなくなったりした場合に機器を使えるように戻したいのか・中のデータを修復・救出したいのかによって対応が変わります。
・データ復旧の業者に相談をした方が良いケース

①データを取り戻したい・救出したい
②バックアップデータが無い・バックアップが取れていないかもしれない・バックアップデータが不十分
③何のデータが入っているかわからない・後で必要になるかもしれないデータが保存されている

・メーカー修理に出すことを検討した方が良いケース

①データが無くても問題ない・データは不要
②パソコンやHDD、機器が使えるように戻れば良い
③バックアップデータが別にきちんと保存されている

HDD(ハードディスク)とは

HDD(ハードディスク)とはデータを保存するための記録媒体/記録装置のことで、正式名称はHard Disk Driveの頭文字を取ってHDD/ハードディスクと呼ばれています。HDDはパソコン(デスクトップ型/ノート型/タブレット型)、ネットワークHDD(NAS)やサーバー等に内蔵されているものや、USBケーブルなどで接続する外付け・ポータブルハードディスクとしてデータの保存のために幅広く活用されています。HDD(ハードディスク)の寿命は3年から4年程度とも言われており、故障や不具合が起きると認識できなくなる事やパソコンやNAS等が起動できなくなどのトラブル発生にも繋がります。

HDDが破損・故障した時に生じる障害や筐体の損傷とは


HDDに発生する障害は大きく分けて1.物理障害と2.論理障害の2種類に分類されます。HDDに生じている障害の種類や程度などを特定するには深い専門知識が必要になり、個人で判断することは難しいものです。自己判断で無暗に修理や修復作業を進めることや動作を続けてしまうとすぐに状態が悪化してしまい修理やデータの救出が難しくなってしまうことも多く起こりえます。HDDが起動しない・動作しないといったトラブルが起きる場合にはディスク部分ではなく筐体部分に損傷が起きていることもあるものです。トラブルが起きた場合は慌ててしまうことも多いものです。少しでも困ったり悩んだりした際には手を止めてプロのデータ復旧・修理業者に相談することを優先しましょう。

  1. 論理障害とは
  2. 物理障害とは
  3. 筐体の損傷が考えられる場合には

1.論理障害とは


論理障害とは、HDD自体には問題が無い・故障していない状態であるもののデータの破損やプログラムの問題によって障害が発生し、記録しているデータやシステムに不具合が生じた障害のことを指します。
・論理障害が生じる原因例

パソコンから外付けHDD等の外部メディアを取り外す時にハードウェアの安全な取り外しができなかった/ファイルシステムやプログラムファイルの破損が起きた/ウィルスに感染した/プログラム破壊/経年劣化/データを消した・ゴミ箱からも削除した/データを上書きした/誤動作/初期化した/フォーマットした/暗号化されている/エラーメッセージが表示されている等

記録媒体に論理障害が生じる原因は様々です。
・Windowsのパソコンで論理的な不具合が出た場合には
Windowsのパソコンを使っている場合、正常に起動ができない等の不具合が出た時には自動修復ツールが立ち上がってエラー箇所を修復するための機能が自動的に動くことがあります。起動のための「プログラム」やデータ内容の目次のような「ファイルシステム」にエラーや不具合が生じた場合にはこのWindowsの自動修復機能によって復元されることがあります。しかしながら、この機能はユーザーが間違って消したデータや誤ってフォーマットを行った場合には修復ができないものです。論理障害が起きた時には機器の電源を切って状態が悪化しない様に努めることが重要です。万が一、トラブルが起きた後にデータ復旧用のソフトを使ってしまうと状態の重篤化を進めることやデータの上書きを進めることが多いため使うことは避けた方が良いものです。

2.物理障害とは


物理障害とは、HDDが機械的・物理的に故障してしまったために生じる障害のことを指します。
・物理障害が生じる原因例

落下や転倒/衝撃や振動が加わった/停電・落雷が起きた後、動かなくなった/水没してしまった・液体がこぼれた/パソコンの熱暴走が起きた後、内蔵HDDに不具合が出た/経年劣化/不良セクタの発生/部品の破損や損傷など

記録媒体に物理障害が生じる原因は様々です。
・HDDなどの記録媒体に物理障害が生じた時には
機器が機械的・物理的に破損・故障していると少しでも考えられる場合には電源の入り切りや再起動、通電し続けることは大変危険です。保存しているデータが大事なもの・取り出せないと困ると少しでも頭をよぎった時には電源を切ることを優先しましょう。特にHDDの修理が必要かもと考えている時に電源を入れたままにしているとプラッタ(円盤状のデータを記録している部品)にヘッド(針のようなデータを読み取る部品)が接触し、プラッタに傷をつけたり、データが入っている部分をえぐってしまったりすることも起こりえます。物理障害が発生している場合には個人での対応は難しいものです。HDDや内部部品の修理を行う為には①高度な技術力(独自技術やAI技術を持っている)②深い専門知識③互換性のある部品の調達④クリーンルームなど手術室のような専用環境の4つが必須となるものです。無闇に操作や作業を進めてしまうと状況はすぐに重篤化してしまいます。HDDの修理が必要かもと少しでも考えた場合には手を止めてプロに相談した方が良いものです。

3.筐体の損傷が考えられる場合には

パソコンに不具合が出ている時にメーカー修理を依頼すると中のデータは消えてしまう対応となってしまいますが、電源ユニットやモニター部分など筐体部分にのみ損傷・故障していた場合には中のデータは戻ってくる可能性があります。しかしながら、個人で筐体部分にのみ問題があると判断して操作や作業を進めてしまう事は大変危険です。個人でパソコン等を分解してしまうとメーカー修理の対象外になる・他の障害を誘発してしまう・状態を重篤化させてしまう事も少なくありません。無闇に修復や修理をしてみようと手を動かすことは避けましょう。修理が必要かも・故障しているかもと思った時には機器に生じている障害内容や故障箇所、損傷状況を正確に判断する事が必須となります。トラブルが起きた時にはプロに相談することを優先しましょう。

HDDの修理や修復作業の検討が必要な症状例

HDD(ハードディスク)が故障してしまった時には下記のような症状やエラーが出るものです。何かしらの症状や不具合が出ている時には手を止めることを優先しましょう。操作や作業を続けることで症状が悪化してしまう・HDDの修理が難しくなってしまう事も起こりえます。

  1. ハードディスク(HDD)が認識しない・反応しない・接続できない
  2. データにアクセスできない・読み込みができない・フォルダやファイル、アプリケーションが開けない
  3. 電源は入るがディスクが動かない・モーター音がしない・回転音が聞こえない
  4. 外付けHDDの電源が入らない
  5. 異音が鳴っている・焦げ臭い・異臭がする
  6. 電源ランプが赤点滅している・ハードディスクランプが赤色に点灯している
  7. エラーメッセージが表示される
  8. 勝手に再起動する・勝手に電源が落ちる・切れる
  9. 動作が遅い・重たい、頻繁にフリーズする
  10. 10.シークタイムがいつもより長い・読み書きをおこなうヘッドが移動するのに時間がかかる

・上記のうち1~6のような症状

1.ハードディスク(HDD)が認識しない・反応しない・接続できない/2.データにアクセスできない・読み込みができない・フォルダやファイル、アプリケーションが開けない/3.電源は入るがディスクが動かない・モーター音がしない・回転音が聞こえない/4.外付けHDDの電源が入らない/5.異音が鳴っている・焦げ臭い・異臭がする/6.電源ランプが赤点滅している・ハードディスクランプが赤色に点灯している等

が起きている時にはHDD本体に物理障害が生じてしまっている事が多く、大変危険な状態です。HDDを修理してデータを修復したいと考えた時には電源を切り、状態を悪化させないように努めることが重要となります。特に5.異音が鳴っている・焦げ臭い等の症状が出ている時には重篤な障害が起きている事が多く、通電し続けるだけでもデータが記録されているプラッタに傷や溝が生じたり基板がショートしてしまったりと致命傷を与えかねません。パソコンやNASなど機器が使えるように戻れば良い方はメーカー修理・中に入っているデータを救出したい方はデータ復旧業者に相談することを優先しましょう。
・上記のうち7や8のような症状

7.エラーメッセージが表示される/8.勝手に再起動する・勝手に電源が落ちる・切れる

が起きている時には、論理障害・物理障害どちらの障害が発生していても起こりえるトラブルの1つです。
・表示されるエラーメッセージ例
①「フォーマットしますか?フォーマットする必要があります。」
②「HD Not Found」(TeraStationなどNASの中のHDDが認識できていない)
③「問題が発生したためコンピュータを再起動する必要があります」や「UNMOUNTABLE_BOOT_VOLUME」(青い画面・ブルースクリーン)
④「データエラー(巡回冗長検査エラー)です。」
などエラーメッセージは様々です。エラーメッセージが表示されパソコンやNASが起動しない・HDDが認識しない状況の場合にはディスク本体に重篤な障害が生じてしまっていることも多く注意が必要です。個人で対応・修復することは難しく、修理が必要かもと少しでも頭によぎった場合にはプロに相談することを優先しましょう。

↓ハードディスクを使用中、エラーが出た時にはこちらも参照ください。


・上記のうち9や10のような症状

9.動作が遅い・重たい、頻繁にフリーズする/10.シークタイムがいつもより長い・読み書きをおこなうヘッドが移動するのに時間がかかる

が起きている時には経年劣化によってHDDに不具合や故障が生じていることが考えられるものです。このように動作が不安定だと感じた際に無理やり使用を続ける・電源の入り切りや強制終了、再起動の繰り返しなどを行ってしまうと状態が重篤化してしまうことも起こりえます。HDDに致命傷を与えてしまうこともあるため注意しましょう。

HDD(ハードディスク)の修理・修復方法


ハードディスク(HDD)の故障が考えられる場合には発生原因に合った対応が必要となります。ここでは物理障害と論理障害別のHDDの修理・修復方法を紹介していきます。最初の診断を間違った・作業がうまくいかなかった・失敗した・失敗に気づかなかった場合にはデータの復旧や修理ができなくなってしまうところまでHDDの状態が悪化してしまう事や保存されているデータが消えてしまうことも起こりえます。修理や修復の操作を行う途中で不安に感じたり、少しでも悩んだりした際には手を止めてプロの修理業者・データ復旧会社に相談することを優先しましょう。

  1. 論理障害発生時のHDD修理・修復方法の流れ
  2. 物理障害発生時のHDD修理・修復方法の流れ

1.論理障害発生時のHDD修理・修復方法の流れ

論理障害が生じている場合に修理や修復を行うには深い専門知識・高度な解析技術・専用ツールなどの使用・判断能力が必要になります。論理障害が起きている時には物理障害も併発している事も多く、注意が必要です。自己判断で論理障害だけが起きていると過信して操作や作業を進めてしまうと後悔する結果に繋がることも少なくありません。
・修理、修復を行う方法
①障害状況の確認と診断
使っているHDDに不具合や症状が発生している際に障害内容が論理障害なのか物理障害なのかを判断することは難しいことが多いものです。論理障害だけが生じていると思って作業を進めたら物理障害が発生していた・修復作業を進めることで新たに物理障害が生じてしまったなど、正しい判断・診断ができていないまま作業してしまうと状態が悪化してしまうことや新たな障害が生じる結果に繋がってしまいます。そのため、初期診断は正しく行うことが重要となります。
②ファイルシステムの修復
ファイルシステムとはOS(オペレーティングシステム)機能の一つで、HDDなど記録媒体・ストレージ内の記録状態の制御や管理を行っているものです。ファイルシステムのエラーや損傷が起きている場合には修復が必要となります。ファイルシステムの損傷具合が重たいほど、修復作業の難易度は上がります。
③データの取り出しや抽出
ファイルシステム内の特殊なファイルであるディレクトリや拡張子ごとにデータにアプローチして取り出し作業を行います。論理的なエラーが出ている時にはHDD全体に悪影響を与えることが多いため注意しながら作業を進める必要があります。

2.物理障害発生時のHDD修理・修復方法の流れ

HDDに物理的な障害が生じてしまっている時には、豊富な専門知識・高い技術力・クリーンルームなどの適切な設備・専用の部品の調達が必須となります。HDDは様々な部品で構成されている精密機器の一つです。塵やホコリの付着によってすぐに復旧が難しくなってしまうくらい繊細な機器なため、取り扱いには注意が必要となります。
・修理、修復を行う方法
①クリーンルームでHDDの診断・分解
HDDはとても繊細な機器です。ホコリや塵の付着によってすぐに状態が悪化してしまいます。分解するときにはクリーンルームなど適切な場所での作業が必要となります。
②ディスクや部品の状態・障害具合の確認
作業を進める前に部品や障害の状態の確認は大事な工程の一つです。ここで誤診をしてしまう・わからないまま無理に作業を進めてしまうと修理やデータの復旧が不可能になるほど状態を悪化させてしまうことに繋がってしまいます。
③部品交換や修理作業
故障した部品の交換には互換性のある部品の調達と深い専門知識、高い技術力が必要となります。少しでも悩んだ時には手を止めることも大事なことです。無理に作業を進めることで状況はすぐに悪化してしまいます。
④ファームウェアの修復
ファームウェアとはディスクを動作させるためのソフトウェアのことです。ファームウェアの破損によっても症状や不具合が生じるため、修復が必要となります。
⑤クローンディスクの作成
必要に応じてクローンディスクの作成を行います。
⑥ファイルシステムの解析や修復
破損したシステムの解析と破損部分の修復が必要になります。

自分でHDDの修理・修復をしたい場合には(WindowsとMacでの対応の違い)

自分でHDDを修理したい場合には、まず症状が発生している原因が論理障害によるものなのか物理障害によるものなのかを精査する必要があります。無闇に作業を進めることは大変危険です。少しでも悩んだり困ったりした場合にはプロの業者に相談した上で行った方が良いものです。失敗してしまうとデータが消えてしまう事も起こりえます。注意しましょう。

  1. Windowsユーザー向けのHDD修理・修復方法
  2. Macユーザー向けのHDD修理・修復方法

1.Windowsユーザー向けのHDD修理・修復方法

軽度の不良セクタによって論理障害が発生し、HDDに症状やトラブルを引き起こしている場合には下記の方法で改善が見込めることがあります。不良セクタとは、記録媒体内で利用できなくなった・エラーが起きた部分のことで、パソコンは不良セクタが発生していても動作は可能な事が多いものです。しかしながら、不良セクタの量が増えてしまうとパソコンが起動できない・HDDが認識しない等の不具合の発生に繋がります。不良セクタが少ない状態(軽度の不良セクタ)であればエラーチェックを行うことで修復が見込めるため、定期的なエラーチェック→不良セクタが増えないようにすることでトラブルの発生を未然に防ぐことも可能となります。
・HDDのエラーチェックとシステムの自動修復機能の利用方法
①パソコンを起動→エクスプローラーから診断したいドライブを選ぶ(チェックしたいハードディスク)を右クリック)→Windowsのプロパティを表示→ツールをクリック→エラーチェック内のチェックボタンをクリック→エラーチェック(Windows)のスキャンが開始される
②再起動を促されたら再起動を実施
③不良セクタ―があった場合、ディスクのチェックも表示される
④チェックディスクのオプション→「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」と「不良セクタ―をスキャンし、回復する」にチェックを入れる
⑤スタートを押す→自動的にシステムが修復される
⑥エラーが検出された場合も再起動が求められるため、メッセージに従って再起動を行う
⑦再起動の後、修復作業が完了
エラーチェックを行っても症状が改善しない時には、磁気エラーが起きている事やプラッタ上に傷が生じている・物理的な不良セクタが発生しているなど、HDDに物理障害が生じていることが推測されるものです。HDDに症状やトラブルが生じる時には様々な原因が考えられ、個人で原因の特定は難しいことも多く、原因がわからないまま・特定ができないまま作業を続けることでデータの復旧や修理が難しくなるとこまで状態が悪化してしまう事も少なくありません。少しでも悩んだ時にはプロに相談してから進めましょう。

2.Macユーザー向けのHDD修理・修復方法

Macユーザーの方でHDDの修理を自分で行いたい場合には、Macのディスクユーティリティ(First Aid)機能を使う方法があります。Macのディスクユーティリティ(First Aid)とは、Macに最初から搭載されているHDDの簡易的な修復プログラムのことです。Macに接続している外付けHDDが認識しない・HDDを内蔵しているMacの電源がつかない・起動しない・ファイルやデータが破損している・突然、アプリケーションが終了するなどの症状が出ている時には「ディスクユーティリティ(First Aid)」を使うことで状況の改善が見込めることがあります。しかしながら、ディスク自体に物理的な障害が発生している時に操作や作業を進めてしまうと状態が悪化してしまい修理やデータの救出が難しくなることも多く起こりえます。HDD内のデータが大事、使っているパソコンが大切な物の場合には無理に操作を進めずに先にプロの修理・データ復旧業者に相談することを優先しましょう。
・ディスクユーティリティ(First Aid)の利用方法
①データのバックアップを取る
②Finder→アプリケーション→ユーティリティ→フォルダを開く
③ディスクユーティリティをクリック
④チェックしたいディスクを選ぶ→First Aidをクリック
⑤実行を押す→修復完了

自分でHDDの修理や修復作業を行いたい時には(Windows・Mac共通)

ここではWindows・Macを問わず、個人で試すことができる修理・修復方法を紹介していきます。無理は禁物です。よくわからないまま無闇に操作や作業を行うと後悔する結果に繋がってしまいます。少しでも悩んだ時には手を止めることを優先しましょう。

  1. フォーマットや初期化する方法
  2. 復元ソフトの利用する方法
  3. HDDの基板やチップの交換

1.フォーマットや初期化する方法

ハードディスクを使えるように戻したい場合には、フォーマット(初期化)することで使用が可能になることがあります。しかしながら、フォーマット=初期化を行ってしまうと保存されているデータはすべて消えてしまうものです。フォーマットはディスクを工場出荷時の状態に戻す行為のため、中に入っているデータを消したくない・無くしたくない場合にはこの作業は避けた方が良い方法になります。フォーマットを実施する際には必ず先にバックアップを取ってから行いましょう。HDDが認識しない・フォルダやファイルが開けないなど、バックアップが取れない時には手を止めてプロのデータ復旧業者に相談を優先すべき事態です。

2.復元ソフトの利用する方法

HDDなどの記録媒体にトラブルが生じた時にはフリーソフトなど、復元用のソフトの利用を考える人もいるのではないでしょうか。復元用のソフトは無料のもの(フリーソフト)と有料のものが数多く流通しています。ソフトはファイルシステムの障害やシステム上の問題に対して修復機能を持っていますが、ソフトで対応・修復が可能なのは軽度の論理障害に限られます。また、ソフトを使うことでかえってデータの上書きが進んでしまうことも多く、物理障害も引き起こしてしまう事も少なくありません。ソフトを使うことで修復が可能だったHDDが逆に修復ができない状態になってしまうことも多いものです。物理障害が発生しているような場合にはソフトの使用は必ず避けましょう。修復ができないばかりか、状態の悪化を促す行為となってしまいます。どうしてもソフトを使いたい場合には先にプロの修理・データ復旧業者に連絡してから進めるべきです。安く直したい・早く問題を解決したい人こそ、データ復旧業者の無料相談から始めた方が良いものです。
・修復、復元ソフト例

無料ソフトの例 有料ソフトの例 対応可能なOS例
Recuba/Disk DiggerRecoverit/Wondershare/Wondershare Repairit/EaseUS Data Recovery Wizard/iSkysoft/PC Inspector File Recovery/Mini Tool Photo Recovery Free/Photo Rec/Disk Drill Media Recovery/Pandora Recovery/testdisk/ZAR(Zero Assumption Recovery)/Recover Files/DivFix/Restart Explorer/Glary UndeleteSFWare Video Repair/4DDIG/VLC Media Player/Stellar Repair for Video/DVDVob2Mpg/AVIPreview WMVConcat/MMname/AviFIXPなど iSkysoft有料版/Disk Drill/EaseUS Data Recovery Wizard,Recoverit有料版/Renee Undeleter/ restore.media/データリカバリー(Mac版)/SFWare Video Repairなど Windows /Mac OS(iOS)/ Linuxなど

3.HDDの基板やチップの交換

今まで紹介してきた中で難易度が高い修理・修復方法としては基板やチップの交換を行う方法があります。基板やチップの交換を行うには深い専門知識や、はんだ付けするにも高い技術力が必要になるため個人で行うことはおすすめできません。部品となる基板やチップ自体の入手が難しいことも多いものです。また、HDDの開封にはクリーンルームなどの適切な環境も必要となります。作業に不安がある・部品の調達が難しい・時間がかかりそう・失敗したら困る・中に入っているデータが大事など、一つでも当てはまる場合はプロのデータ復旧会社・修理業者に相談することを優先しましょう。プロに頼んだ方が費用も抑えられ悩む時間も短縮できることの方が多いものです。万が一、基板を間違ってしまったり交換したいチップの取り間違えなどが起きてしまったりするとデータを消失してしまう事にも繋がります。
・HDDの基板、チップ交換を行う流れ
①故障した基板と同じ基板を探して入手する
②新しく入手した基板からチップ部分を取り外す
③故障したチップと新しく入手したチップを交換
④パソコンや外付けの筐体にHDDを戻す
⑤動作確認を行って完了

パソコン内蔵のHDDの修理を行いたい場合には

PCの内部でハードディスクとマザーボード(メインボード)が接続不良になってしまうとトラブルやエラーが出てしまうことがあります。内蔵HDDの修理や修復を行いたい時にはPCの分解が必要になるため、精密機械の扱いに慣れていない方は避けた方が良いものです。また、クリーンルームではないところでマザーボード(メインボード)を取り出すと症状や状態の悪化を促してしまいます。作業に不安がある方や専用の掃除道具が無い・環境が整っていない際には無理に進めることは止めておいた方が無難です。
・パソコンの内蔵HDDに不具合が出ている時の修復方法・修理の流れ
①パソコンの電源を切る
②パソコンのキャビネットを開ける
③マザーボード(メインボード)やハードディスクに繋がっているケーブルを外す
④ケーブルを掃除
⑤端子部分を掃除
⑥ハードディスクを掃除
⑦マザーボード(メインボード)の端子部分を掃除
⑧マザーボード(メインボード)とハードディスクにケーブルを再度繋ぎ直す
⑨パソコンを起動させる
⑩問題が解決しているかどうかを確認→終了

パソコン内蔵のHDDの修理を進める前にはバックアップの確認を

内蔵HDDの修理を進める前にはデータのバックアップが取得できる状態か、確認が必要です。パソコンが動くか動かないかで修理手順は変わってきます。パソコンが動く場合は先にバックアップを取ることを優先しましょう。

  1. パソコンが動く場合にはバックアップの取得を優先
  2. パソコンが動かない時には

1.パソコンが動く場合にはバックアップの取得を優先

「システムの復元」(Windows)、「Time machine」(Mac)はパソコンを正常に動作していた時の状態に戻すことができる機能です。PC内蔵のHDDに不具合が出ている時にはこれらの機能を使ってみることも解決方法の一つです。システムの復元やTime machineを使っても症状の改善が見られない時にはOSを再インストールすることで改善が見込めることがあります。PCが動くうちにバックアップが取れるようであればデータのバックアップを取っておきましょう。しかしながら、OSの再インストールを行った後にデータが消えてしまったり、システムの復元やTime machineの利用に失敗してしまったりすることも多く、バックアップを取ろうとする行為自体がデータを消失させる危険な事も多いものです。データが大事な方は操作や作業を進める前にプロに相談することを優先しましょう。

2.パソコンが動かない時には

PCが起動しない・電源がつかない等、動かない際にはデータを救出する難易度は上がります。できることから慌てずに確認していきましょう。無理は禁物です。少しでも悩んだ時には、プロの修理・データ復旧会社に連絡してから進めましょう。よくわからないまま進めてしまうと失敗してしまう・データが無くなってしまう危険性が高まります。
①PCに内蔵されていたハードディスクを外付けHDDとして使用できる機器を用意
②PCから物理的にハードディスクを取り出す
③取り出したハードディスクにUSBアクセサリーを接続
④不具合が起きているPCではない他のパソコンに繋ぐ
⑤中のデータが見られる場合にはここでバックアップを取っておく
ハードディスクにシステム障害が起きている際にはUSB接続している場合でもエラーチェック→自動システム修復機能が使えることがあります。しかしながら、必ず使えるわけではありません。使えたら試すことくらいに留めておきましょう。また、パソコンからHDDを取り出して他のPCに繋ぐ行為自体が状態を重篤化させてしまうことも多く、注意が必要です。データを失いたくない・無くなると困るかもしれないと少しでも頭をよぎった時には手を止めることも大事な事です。

↓パソコンが壊れたかもと思った時にはこちらも参照ください。

HDDの修理や修復を行う時に注意したいこと

ハードディスクの修理や修復を行う前には下記の点に注意しましょう。

  1. 電源の入り切りを繰り返さない
  2. 何度もPCの再起動を行わない
  3. 通電し続けない
  4. 不用意に分解しない
  5. PCに内蔵されているHDDに不具合が出ている時には操作を止める
  6. エラーチェックを使って修復が可能なのは軽度の障害のみ・データの上書きや症状の悪化リスクもある
  7. HDDの修理を個人で行う場合には高いリスクを伴う

1.電源の入り切りを繰り返さない

ハードディスクが故障等、不具合が出ている時に電源の入り切り(ON・OFF)を繰り返し行わないようにしましょう。電源の入り切りはハードディスクに最も負荷がかかる行為です。状態や症状がさらに悪化してしまうことが多く、データが上書きされてしまうリスクもあるため電源の入り切り(ON・OFF)は繰り返さないようにしましょう。

2.何度もPCの再起動を行わない

PCの再起動も1.電源の入り切りの繰り返しと同様にディスクに負荷がかかります。ハードディスクに故障や不具合が発生している時に再起動を繰り返すと状態や症状が重篤化してしまいます。何度もPCの再起動は行わないようにしましょう。

3.通電し続けない

ハードディスクが故障してしまっている際には通電し続けないようにしましょう。通電されている間はハードディスクの内部にある磁気ヘッドも動き続けてしまいます。データが記憶されているプラッタと磁気ヘッドが接触したまま通電が続くとデータを記録しているプラッタの表面に傷が入ってしまい保存されているデータが破壊されてしまいます。電源の入り切りや再起動の繰り返しでも同様のことが起きる場合があるため、1.2.3はなるべく行わず、電源を切ることが最良の方法です。

4.不用意に分解しない

個人でHDDを分解することはおすすめできません。ハードディスクはとても繊細に構成されている精密機器の1つです。少しでも塵や埃が入ってしまうとすぐに状態が悪化してしまいます。そのため、分解を行う際にはクリーンルームなど専用の環境内での作業が必須となります。また、ハードディスクの分解には高い技術力と深い専門知識も必要になり、技術や知識に自信が無い状況や環境が整っていないところで作業を進めてしまうと状態の重篤化や症状の増加、データ自体の破損も起こりえます。また、個人で分解してしまうとメーカー保証の対象外になってしまうため、どうしても分解したいと思った時には先にプロの修理・データ復旧業者に相談してから進めましょう。無理やり分解することは一番危険な行為になります。

5.PCに内蔵されているHDDに不具合が出ている時には操作を止める

内蔵HDDのデータにアクセスできない等の不具合が出ている時には、一旦、PCを触る手を止めましょう。ネットの閲覧、文書の作成やコピー、資料の更新や移動など、日ごろ行っている動作を続けることでも状態は悪化してしまいます。安く早く問題を解決したい場合には触らないことが一番です。

6.エラーチェックを使って修復が可能なのは軽度の障害のみ・データの上書きや症状の悪化リスクもある

Windowsのエラーチェックや修復ツールを使って症状の改善ができるのは軽度の論理障害や軽度の不良セクタが生じている時のみになります。エラーが解消できないからといって何度もエラーチェックや自動修復機能を使わない様にしましょう。また、修復・復元ソフトの利用も軽度な論理障害が生じている時にのみ復旧が可能になることがあるものです。エラーチェックや自動修復機能、ソフトの利用などでデータの上書きや症状の悪化が進んでしまうことも多く、注意が必要です。

7.HDDの修理を個人で行う場合には高いリスクを伴う

不具合やトラブルが発生しているハードディスクへの対応は最初の行動が一番重要となります。症状などからHDDが故障したかもしれないと思ったら電源の入り切りや再起動、通電など負荷がかかる動作は控えることが大切です。まずは電源を切りましょう。少しでも不安を感じたり作業途中で困ったりした場合にはプロの修理・データ復旧業者に相談することを優先しましょう。数あるデータ復旧や修理サービスを行っている業者から技術力が高い業者を選ぶことは難しいと思うかもしれません。独自技術やAI技術を持っているかをチェックすると技術力の高い復旧業者を選ぶことができ、復旧にかかる時間も早く、修理・修復作業を個人で行うよりも費用が安く済むことの方が多いものです。

まとめ・万が一、不具合や修理で困った時には

HDDは消耗品の一つです。様々な理由で不具合や故障が生じてしまう精密機器でもあります。症状やトラブルが発生した時にはできることから1つずつ確認していきましょう。無理は禁物です。少しでも悩んだり困ったり、修理や修復作業が難しいと感じたりした際には手を止めることも大事なことです。早く直したい・問題を改善したい・失敗したくない・無くしたくないデータを保存している・費用を抑えたい等、一つでも当てはまる場合には先にプロのデータ復旧・修理業者に相談すべき事態です。アドバンスドテクノロジーは独自技術やAI技術を持っており、HDDの修理や修復、データの復旧に多くの実績があって安心です。万が一、困った時には無料の相談から始めてはいかがでしょうか。