データ復旧のアドバンスドテクノロジー

Macのデータ復旧・復元方法、ソフトや修理など対処法も紹介!

Macのデータ復旧・復元方法、ソフトや修理など対処法も紹介!

Macのパソコンを使用している際に、作成していたデータが消えてしまった・間違ってファイルを削除してしまった・水やお酒など飲み物をこぼしてMacBookの電源がつかなくなった・突然、フリーズしてしまった等、思わぬトラブルに直面して、慌てた・困ったという方もいるのではないでしょうか。Macには様々なデータ、例えばWordやExcel、PDFなどの書類やメールなどの仕事のデータ、写真や動画などの個人的なファイルなど様々なデータを保存しているかと思います。ここでは、Macにトラブルが発生した場合に試せるデータ復旧・復元方法とともにデータ消失を防ぐ方法や対策についても紹介していきます。

データ復旧・データ障害とは

・データ復旧とは、Macやパソコンなどが起動しない・内蔵SSDやHDDが認識しない等、機器の故障が考えられる場合や間違ってMac内のファイルやフォルダを削除・ゴミ箱を空にしてしまった等のトラブルが起きた時に記録媒体からデータを取り出し、復旧することを指します。
・データ障害とは、Macや内蔵HDDなどの記録媒体に不具合が生じた事によってデータの読み取りや書き取りが正常にできなくなってしまった状態のことを言います。

Macにトラブルが起きた時にすぐに試せるデータ復旧・復元方法を紹介


Macを使用している際、保存していたデータが消えてしまった・間違って必要なファイルやフォルダを削除してしまったというトラブルは誰にでも起こりえるものです。下記はMacにトラブルが発生した時にすぐに試せるデータ復旧・復元方法です。

  1. MacのTime Machine機能を使用してデータを復旧・復元する方法
  2. MacのTime Machineとは?
  3. Time Machineを使いたい時には事前にバックアップ設定が必要
  4. Time Machineの設定手順
  5. MacのTime Machineを使ってデータを復旧する流れ

1.MacのTime Machine機能を使用してデータを復旧・復元する方法
Macには失ったデータを自動的にバックアップする機能、「Time Machine」が標準で備わっています。Macに保存しているデータが消えてしまった・誤って削除してしまった場合にはこの機能を使用することで復元したいファイルを時系列ごとにデータの復旧を行うことが可能となります。しかしながら、Time Machineは事前に設定を行っておかないと使えない事や、Time Machineを使ってもデータの復旧がうまくいかない・失敗したといったトラブルも多く起こりえるものです。大事なデータが機器に入っている・失敗したくない・早く問題を解決したい・費用を抑えて復旧したい方はMacに症状や不具合が起きた時点で先にデータ復旧の専門業者に相談することを優先しましょう。無理に操作や作業を進めてしまうと状態が悪化してしまい、本来早く安くデータ復旧可能だったものが復旧不可能な状況に陥ってしまうことも起こりえます。少しでも困ったり悩んだりした時には手を止めることも重要です。
2.MacのTime Machineとは?

Time MachineとはMac専用のバックアップ用の機能のことで、Macのパソコンには標準で備わっているものです。Time Machineを使うことでMac内のデータを復旧できる事が見込めます。Time Machineは1時間ごとにMac内のデータのバックアップを作成し、1日単位・1週間単位と自動でデータを整理して保存してくれるものです。Mac内のデータを間違って削除してしまった時や、必要なファイルやフォルダが消えていることに気づいた時にデータの復旧を行いたいと思った時には、このTime Machineを利用する方法を試してみることも解決策の1つです。

↓Macのデータを消した・ゴミ箱も空にしてしまってお困りの方はこちらも参照ください。


3.Time Machineを使いたい時には事前にバックアップ設定が必要

Time Machineを使ってデータの復旧・復元を行いたい時には、事前に専用の外付けハードディスク(1TB以上)を用意する必要があります。設定を行うとそのハードディスク上に自動的にMac内のデータのバックアップが保存されていくようになります。ハードディスクの容量がいっぱいになった場合には、自動的に一番古いデータから削除される仕組みにもなっています。手動で1時間ごとにデータのバックアップを取る事は手間も労力もかかり、現実的な対処方法とは言えません。自動でデータをバックアップし、トラブルが発生した時に復旧が見込めるTime Machineはとても便利な機能の一つです。使用できるように設定を行っておきましょう。
4.Time Machineの設定手順
Time Machineの設定方法は下記の様な流れになります。

  1. Time Machine専用に外付けハードディスクの設定を行う
  2. Time Machineの環境設定を開く
  3. 表示されたリストからTime Machine専用にするハードディスクを選択

1.Time Machine専用に外付けハードディスクの設定を行う
Macに初めて、外付けハードディスクを接続した時にはメッセージが表示されることがあります。慌てずにメッセージの内容を読み、「バックアップディスクに使用」をクリックしましょう。自動で設定に必要なシステムが動き始めます。特にメッセージが表示されない場合には次の手順に進んでください。
2.Time Machineの環境設定を開く
「システム環境設定」のアプリを開く→「Time Machine」をクリックしましょう。
3.表示されたリストからTime Machine専用にするハードディスクを選択
リストに表示された中からMacに接続している外付けハードディスクを選択→「バックアップを暗号化」(推奨)にチェックが入っていることを確認→「ディスクを使用」をクリック→作業完了です。
※初回のバックアップ作業には比較的時間を要することが多いものです。慌てずにバックアップが終わるまで待ちましょう。2回目以降は比較的短い時間でバックアップが作成されるようになります。

5.MacのTime Machineを使ってデータを復旧する流れ
Time Machineで作成・取得していたバックアップを使ってMacにデータを復旧する流れは下記のような手順になります。

  1. macOS→ユーティリティウインドウを表示させる
  2. 「Time Machine バックアップから復元する」を選択
  3. 復元元の選択
  4. 復元先のMacに内蔵されているディスクを選択して復旧を開始する

1.macOS→ユーティリティウインドウを表示させる
Macを再起動→起動時のサウンドが鳴ったことを確認した直後に「commandキー」と「Rキー」を押し続ける→ユーティリティウインドウが表示される
2.「Time Machine バックアップから復元する」を選択
ユーティリティウインドウ→「Time Machineから復旧する」をクリック
3.復元元の選択
バックアップデータが入っている外付けハードディスクを選択→データを復旧したい日時を選択
4.復元先のMacに内蔵されているディスクを選択して復旧を開始する
復旧されたデータを保存する先として、Macに内蔵されている「Macintosh HD」を選択→復旧作業が開始される→Macを再起動させて作業完了
※Time Machineを「アプリケーション」ファイル内→「移行アシスタント」アプリから起動させることで復旧したいファイルを個別に選んでデータの復旧を行うことも可能です。必要なファイルが限定されている・一部だけデータを復元したい場合にはこの方法を試してみる事も解決策の1つです。
※Time Machineからデータの復旧がうまくいかなかったり失敗してしまったりすることも多く起こりえるものです。少しでも困ったり悩んだりした時には手を止めてプロのデータ復旧業者の無料相談を利用することを優先しましょう。その方が希望する結果に繋がります。

Macのデータを削除した時に試せるデータ復旧・復元方法は

Macに保存していたデータを削除してしまった場合やファイルやフォルダが消えてしまった時に試せる復旧・復元方法は上記で紹介した「Time Machine」を使う以外にも下記のような方法があります。

  1. Macでデータ復旧・復元のソフトを利用する方法
  2. Mac上でデータ復旧・復元ソフトの使用方法
  3. Macで使えるデータ復旧・復元ソフト一覧

1.Macでデータ復旧・復元のソフトを利用する方法
Macのデータを間違えて消してしまった・フォルダやファイルを誤って削除してしまった時にはデータ復旧ソフトを使って復元を試みる事も選択肢の1つです。しかしながら、Macに何らかの問題や不具合が生じた際にはデータ復旧ソフトを使うことはできるだけ避けた方が良いものです。復旧ソフトを使ったがために、ソフトを使わなければ早く安くすぐにデータの復元が可能だったはずが、データが上書き・状態が悪化してしまい復旧自体が難しくなってしまうことも多く起こりえるものです。
・データ復旧・復元用のソフトの特徴

  1. 大きく分けて無料版と有料版がある
  2. Mac用とWindows用に分かれていることもある

・Macにデータ復旧ソフトを試すメリット例

  1. 簡単に使える可能性がある
  2. 安くデータの復旧ができることが見込める

・Macにデータ復旧ソフトを試すデメリット例

  1. 軽度な論理障害が発生していた時にしか使えない
  2. MacやSSD、HDDに物理障害が生じている時には使えず、使ってしまうと状態を重篤化させてしまう
  3. 論理障害だけが生じていても復旧ソフトのスキャンをかけた結果、データの上書きが進んでしまう事が多い
  4. 機器が壊れかけている時に復旧ソフトを使うと完全に壊れてしまう
  5. ソフトを使ったせいでデータの復旧がかえって難しくなってしまうことも多い
  6. ソフトの説明文や実際の選択画面が英文のみで構成されている事も多く、不安が増してしまう
  7. ソフトを試した後、見た目で状態が悪化していることがわかることが多く後悔してしまう

上記のようにMacのデータ復旧を行いたい時にソフトを使う復旧方法にはデメリットが多く目立ちます。データ復旧のソフトで復元が可能となるのは軽度の論理障害が生じている時のみに限られるものです。しかしながら、個人でMacに起きている障害の種類(論理なのか物理なのか)や障害の程度(軽度・中度・重度)を判別することは難しいものです。軽度だと思っていても実際には中度以上だったり、他の障害が併発してしまっている事も多く、安易に復旧ソフトを使ってしまったがためにデータを上書きさせたり、状態を重篤化させてしまったりすることも少なくありません。無料ソフトでも有料ソフトでも、どうしても使いたいと思った時には先にプロのデータ復旧の業者に相談してから進めましょう。安易に作業を進めてしまうことで復旧できず、後悔してしまうことは避けておきたいものです。
2.Mac上でデータ復旧・復元ソフトの使用方法
Macからデータの復旧を行いたい時に復元ソフトを実際に利用する方法は下記の様な手順になります。データが大事なもの・早く直したい・失敗したくない・取り出せなくなると困ったり取引先に迷惑がかかったりするかもしれない・費用を抑えたいなど、1つでも当てはまる場合には復旧ソフトは試さない様にしましょう。
・Macに復旧ソフトを使う前に必要なもの一覧

  1. Mac本体
  2. データ復旧・復元ソフト(無料版や有料版など)

・実際に復旧ソフトを使ってMacのデータの復元を行う時の手順例

  1. Mac版のデータ復旧・復元用のソフトをインターネットで検索して探す
  2. 無料ソフトや有料のソフトをダウンロードする
  3. 復元ソフトをMacにインストールする
  4. Mac内の消えた・削除したファイルやフォルダなど、データが保存されていた場所を選択→スキャン
  5. スキャンした結果、復元が見込めるファイルが検出される
  6. スキャン後、検出されたデータの詳細をプレビューで確認
  7. 復旧が見込めるデータを選択→復元ボタンをクリック
  8. 間違って削除してしまったファイルやフォルダ・消えていたデータが復旧されていたら作業完了

Macにデータ復旧ソフトを使っても欲しいファイルやフォルダが復元されない・一部だけしか復旧できなかった・ファイル名やフォルダ名が文字化けしてしまった等、希望しない結果となることも多いものです。復旧ソフトを検索で探している段階・スキャン途中でも、悩んだり不安に感じたりした時には操作を止める事も重要な事です。復旧ソフトをMacに使用した結果、データが上書きされてしまう・状態が悪化してしまう事も多く起こりえるものです。Macの中のデータが大事な方・取り出せなくなったら困ると少しでも考えた時にはソフトの利用は控えましょう。どうしても使ってみたいと考えた時には先にプロのデータ復旧業者に相談した上で進めましょう。また、プロに任せた方が安全にデータも取り出せる上、料金も抑えられることが多いものです。
3.Macで使えるデータ復旧・復元ソフト一覧

無料のソフト 有料のソフト 対応OS 復旧が見込めるファイル例
Photo Rec/ Wondershare Recoverit(Mac版)/ Mini Tool Photo Recovery Free/ Disk DiggerRecoverit/ Recuva for Mac/ iSkysoft/ Exif Untrasher/ EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Free/ PC Inspector File Recovery/ Disk Drill Media Recovery for Mac/Pandora Recovery/ Recover Files/ 4DDIG Mac/ testdisk/ ZAR(Zero Assumption Recovery)/ Restart Explorer/ Stellar Repair for Video/ DivFix/ VLC Media Player/ AVIPreview/ AviFIXP/ Glary UndeleteSFWare Video Repair/ DVDVob2Mpg/ WMVConcat/ MMname/など EaseUS Data Recovery Wizard For Mac有料版/ iSkysoft有料版/ Recoverit Pro・Recoverit Ultimate・Recoverit Ultimate Plus/ Disk Drill/ SFWare Video Repair/ restore.media/データリカバリー(Mac版)/ Renee Undeleter/万能データ復元!for Mac/ Syncios Data Recovery for Mac/ Data Rescue4(アイギーク)など macOS(iOS)/ Windows/ Linuxなど ドキュメント(Word・Excel・PDF)/写真/動画/音声/音楽/メールデータなど

Macのデータ復旧が必要になる症状例(論理障害が発生した場合)

Macに下記のような症状が出た時には論理障害が発生した事が推測されるものです。

  1. データを間違って削除した・ファイルやフォルダを消してしまった
  2. 誤ってフォーマット(初期化)してしまった
  3. エラーメッセージが表示される
  4. データを上書きした
  5. ファイルやフォルダが文字化けしている
  6. ファイルやフォルダにアクセスができない・読み込みができない
  7. ウィルスに感染した
  8. ゴミ箱を空にした
  9. パソコンがフリーズしてしまう

・Macに生じる論理障害とは
論理障害とは、Macや内蔵HDD、SSDなどの機器は故障していないものの、ファイルシステムやデータが破損してしまった場合や間違ってファイルやフォルダを削除してしまった等のヒューマンエラー、プログラム上で不具合が発生した時に生じる障害のことを指します。論理障害によってMacのデータ消失の危険が起きている時に機器を使い続けると上書きや状態の重篤化が進み、本来、早く安く復旧可能だった状況が復旧不可能な状態に陥ってしまうことも起こりえます。中には論理障害だけでなく物理障害が併発している時に生じる症状もあるため注意が必要です。

Macのデータ復旧が必要になる症状例(物理障害が発生した場合)


Macに下記のような症状が出た時には物理障害が発生した事が推測されるものです。

  1. Macが起動しない・電源が入らない・真っ黒の画面のまま・動作しない
  2. MacBookが充電できない
  3. MacBookが水没した・水濡れした(お茶やコーヒー、お酒、水、スープなどをこぼした)
  4. Macの起動時にはてなマーク・?フォルダや禁止マーク(円マークに斜線マーク)が表示される
  5. Macが再起動を繰り返す・カーネルパニックが起きている
  6. レインボーカーソルがくるくるしたまま消えない・Appleマークの進行バーが進まない
  7. Macに繋いだ外付けHDDやSSDが認識しない・読み込まない
  8. Mac内のデータにアクセスができない
  9. MacBookを落とした・落下させた
  10. キーボードが反応しない

・Macに生じる物理障害とは
物理障害とは、Macなどのパソコン本体や内蔵HDD、SSDなどが物理的に故障・部品が破損したことによって生じる障害の事を指します。物理障害が発生した時には個人での対応は難しいものです。電源の入り切りや再起動だけでなく、通電し続けるだけでも状況が悪化してしまうことも多く、電源を切ってプロに任せることを優先しましょう。Macは元々、不具合が起きにくい機種とも言われており、一旦トラブルが生じた時には故障の原因の特定やデータを復旧するには専門知識が必要となります。Macや内蔵部品の修理、データの復旧を行う際には1.クリーンルームなどの専用環境 2.高い技術力 3.深い専門知識 4.互換性のある部品の調達が必須となります。万が一、技術力の無い復旧業者に出してしまうと対応が難しいと断られてしまうことや状態を悪化されてしまうことも起こりえます。Macに何かしらトラブルが起きて少しでも困ったり悩んだりした時には技術力の高いデータ復旧・修理業者に相談すべき事態です。

↓Macが起動しない・電源がつかない時にはこちらも参照ください。


↓Macを起動させた時に「はてなマーク」が表示されてお困りの方はこちら

Macに症状が発生した場合のデータ復旧・復元方法とは


Macに何かしら不具合や障害が生じてしまった時にはMacに入っている「データを復旧・復元したい」のか「データは不要でパソコンが使えるように戻れば良い」のかによって対応方法は変わります。データが必要な方・無くなると困ると少しでも考えた方は「データ復旧・復元業者」へ。データは不要でMac・パソコンの修理のみ希望される方は「購入店・メーカー(Apple)」に相談することを検討しましょう。

  1. 購入店やメーカー(Apple)に相談する方法
  2. データ復旧・復元業者に相談する方法

1.購入店やメーカー(Apple)に相談する方法
Macに何かしら問題が起きた時にパソコンに入っているデータは不要でMacが動くようになれば良い・修理だけ希望の方は購入店やメーカー(Apple)に相談することを検討しましょう。購入店やメーカーに依頼した場合には、機器に保存されていたデータは保証されない・消えてしまうものと認識する必要があります。また、修理に出す際にデータは全て消えることに同意しないと受付自体もしてもらえないことも多いものです。購入店やメーカー(Apple)での対応の場合、データが入っているストレージは初期化されてしまう、もしくは交換対応となり、元々入っていたデータは全て消えた状態で戻ってくることになります。その上、修理にかかる時間も数日単位ではなく週単位で長期間に及ぶことが多く、仕事でMacを使っている場合には修理に出している間は業務が滞ってしまうことにも繋がります。購入店やメーカー(Apple)に修理を出す選択はパソコンの中のデータが不要かつ、機器が戻ってくるまでに時間がたくさんかかっても良い場合に限定しておいて考えておいた方が良いものです。また、メーカー(Apple)修理を選択した場合には、新しいMacを購入するのと同じくらいの修理料金がかかることが多いことも頭に入れておく必要があります。
2.データ復旧・復元業者に相談する方法
Macにトラブルが起きた時にパソコンの中のデータが大事・ファイルやフォルダを取り出せないと困る・早く問題を解決したい・費用が気になる・復旧料金を抑えたいなど、1つでも当てはまる場合にはデータ復旧・復元業者に相談することを優先しましょう。データ復旧業者であればMacに症状や不具合が生じた原因や損傷箇所、障害の種類(物理障害・論理障害)の特定と適切な対応が可能となります。Mac自体がそもそも、トラブルが起きにくい機種とも言われており、何かしら症状が出てしまった時に自分でどうにかしようと操作や作業を進めることで状態が重篤化してしまい、元々は早く安く復旧ができたものが復旧不可能な状況に陥ってしまうことも起こりえるものです。少しでも困ったり悩んだりした時にはデータ復旧業者の無料相談を利用する方法を選択しましょう。復旧業者を選ぶ時には「独自技術」や「AI技術」を持っているかどうかもチェックした方が良いものです。高度な技術力を持った業者であるかを判別するための基準となります。高度な技術力を持った会社に依頼することで初めて早く安いデータの復旧が可能となるものです。万が一、技術力が無い・低い会社にデータの復旧や修理を依頼してしまうとデータの取り出し・復元ができないばかりか状態を悪化されてしまう事も起こりえます。家やオフィスから近いから・検索結果で上に表示されたからと安易に業者を選んでしまうと後悔してしまう結果にも繋がります。最初に依頼する復旧業者は慎重に選びましょう。

Macのデータ復旧・復元サービス業者の選び方


Macに症状や不具合が生じてしまった時には慌ててしまうことも多いものです。少しでも困ったり悩んだりした際にはプロのデータ復旧業者の無料相談を利用することを優先しましょう。業者選びに悩んだ時には下記のような点もチェックしてみると悩まずに選ぶ事が可能となります。

  1. 高度な技術力を持っている会社か(独自技術やAI技術の有無)
  2. 作業スピードはどれくらいか・どれくらいで復旧や修理が完了するのか(早い対応か)
  3. 復旧料金のプランなどはホームページに記載されているか
  4. 情報の守秘義務・セキュリティ管理は徹底されているか
  5. クリーンルームなど専用の環境で作業を行っているか
  6. 復旧・修理実績の有無

メーカー(Apple)修理に出した場合には、データは消えて無くなってしまう対応となり、パソコンが手元に戻ってくるまでに長期間を要することも多く、その間に業務が滞ってしまったり取引先に迷惑がかかってしまったりすることも起こりえます。Macに入っているデータも大事・Mac本体も早く修理したい・業務への支障を最小限に留めたい・費用を抑えたい・復旧料金が気になる等、1つでも当てはまる場合には、まずはデータ復旧・復元業者に相談することを優先しましょう。アドバンスドテクノロジーは1~6、全ての項目を満たしており、おすすめのデータ復旧業者です。また、アドバンスドテクノロジーはMacのデータ復旧だけでなく、修理も行っている会社です。高度な技術力があるからこそ費用を抑えたMacのデータの復旧と早い修理対応を可能にしています。Macに入っているデータの取り出しとパソコンの修理、両方希望される方はまずは無料の相談から始めてはいかがでしょうか。

Macに不具合が出た時にやってはいけないこと・データを守るために大切なこと

Macに症状や不具合が生じた時にデータ復旧や早く安く直したいと考えた時には下記のようなことは行わない様に注意しましょう。

  1. ケーブルを繋いだまま通電(充電)を続ける
  2. 電源の入り切りや再起動を繰り返す
  3. Macのデータを削除した時や消えた時には操作や作業を続けない様に
  4. クリーンルームなど専用の環境外でパソコンの分解
  5. 無理にデータ復旧作業を進めないように

1.ケーブルを繋いだまま通電(充電)を続ける・2.電源の入り切りや再起動を繰り返す

Macに何らかの症状や不具合が起きている時にはケーブルを外して通電されないようにしましょう。通電以外にも電源の入り切りや再起動など、簡単にできることを繰り返すことは危険な行為でもあります。電源の入り切りや再起動はパソコン本体やデータが入っているHDDやSSDなどに大きな負担がかかる操作です。症状を悪化させることやデータの上書きを進めてしまうことも起こりえます。復旧の難易度を上げるだけでなく、Macのデータの復旧や修理が難しくなってしまうケースにも繋がりかねません。早く安く直したい時にはケーブルを抜いて通電されないようにして、触らない様にすることが最重要となります。
3.Macのデータを削除した時や消えた時には操作や作業を続けない様に
Macに保存していたデータを誤って削除してしまった時やデータが消えていることに気づいた時には、それ以上パソコンの操作を行わないようにすることが大切です。インターネット検索・音楽を聴く・ファイルやフォルダの閲覧・新しい文書の作成など、日頃行っている操作や作業を続けてしまうと取り返しのつかない状況に繋がることも多いものです。早く安くデータの復旧を行いたい時には手を止める・パソコンは触らない様にすることが重要です。
4.クリーンルームなど専用の環境外でパソコンの分解
Macが起動しない・水没してしまった・充電がされない等の不具合が起きている時にパソコンを分解して原因を突き止めたいと考えるかもしれません。しかしながら、家やオフィスなど普通の環境下でMacを分解してはいけません。精密機器はホコリや塵が大敵で少しでも付着してしまうと状態が重篤化してしまいます。そのため、クリーンルームなどの専用環境下で作業を行う必要があるものです。Macからデータを復旧・取り出したい時や修理を行いたいと思った時にはプロに任せることを優先しましょう。その方がすぐに希望する結果に繋がるものです。

↓MacBookが水没・水濡れしてお困りの方はこちら


5.無理にデータ復旧作業を進めないように
Macに症状や不具合が出た時には慎重な対応が求められます。データ復旧ソフトをダウンロードしたりスキャンしたりする事で状態の悪化やデータの上書きを促進させてしまうことも多く起こりえます。また、クリーンルームなどの専用環境以外でパソコンを開けてしまうと取り返しのつかない状況に陥ってしまう事も少なくありません。パソコンや内蔵部品、データを保存しているSSDやHDDは繊細な機器です。電源の入り切りや再起動などの簡単な操作だけでも状況が重篤化してしまうこともあり、自分でできることを試したい、どうにかしたいと手を動かしてしまうことは大変危険な行為でもあります。まずは操作や作業を止めること・ケーブルを抜いて通電されないようにしましょう。どうしても自分で何かを行いたい・復旧作業を進めたいと思った時には先にプロのデータ復旧・修理業者に相談した上で進めると後悔せずに済みます。

Macからデータが消えてしまう状況を防ぐには

Macに保存しているデータを失わないために・未然にデータ消失トラブルを防ぐための方法や対策も紹介していきます。上記で紹介したTime Machineの他にも下記のようなバックアップ方法があります。

  1. ポータブルハードディスクやSSDでバックアップを取る方法
  2. オンラインストレージやクラウドサービスの活用する方法

1.ポータブルハードディスクやSSDでバックアップを取る方法

USBを繋ぐだけで簡単に使うことができるポータブルハードディスクやSSD、USBメモリなどを使ってバックアップを取る方法も有効な手段の1つです。
2.オンラインストレージやクラウドサービスの活用する方法
クラウドサービスやオンラインストレージを活用してデータの損失を避ける方法もあります。どこでもデータにアクセスが可能・場所を取らないといったメリットもあります。
・オンラインストレージやクラウドサービス例

iCloud(Apple)/ Google ドライブ/ Dropbox/ Dropbox Business/ OneDrive(Microsoft)/ OneDrive for Business/ box/ Amazon Drive/ PrimeDrive/ Bizストレージ ファイルシェア/セキュアSAMBA/ NotePM/ Fleekdrive/ KDDI ファイルストレージ/宅ファイル便/Smooth Fileクラウド/ DirectCloud-BOX/ firestorage/ Fileforceなど

※Macユーザーの方はiCloudやDropbox、Google ドライブなどが使いやすいクラウドサービスなのではないでしょうか。有料プランを利用すれば保存できるデータの容量を増やすことができ、バックアップができるデータの量も増やすことが可能です。

まとめ・万が一、Macのデータ復旧や修理が必要になったら

使っているMacに不具合や問題が発生してしまうことは、誰にでも起こりえる出来事です。万が一、Macが故障したかもしれない・データが消えてしまった等、トラブルが生じた時には慌てずに対処していくことが大切です。Macは他のパソコンと比べて比較的トラブルが起きにくい機種とも言われていますが、一旦、不具合や障害が発生してしまうとその原因の特定や個人で復旧が難しい状態であることも多く注意が必要です。保存しているデータが無くしたくないもの、Mac本体も大切な物の場合にはプロのデータ復旧・修理業者に相談することを優先しましょう。余計な操作を行ってしまう事や安易に作業を進めてしまうことデータが取り戻せなくなるリスクも高まります。万が一、困った時には手を止めることが最重要となります。アドバンスドテクノロジーはMacのデータ復旧と修理、両方に対応が可能な業者です。独自技術やAI技術を持っており高度な技術力があるからこそ、
費用を抑えたデータ復旧と早い修理対応を可能にしています。修理料金もメーカーよりも安く、手元に戻ってくるまでの期間も短く済みます。Macのデータ復旧と修理が必要かもと思った時にはまずは、無料の相談から始めてはいかがでしょうか。

データ復旧のアドバンスドテクノロジー