NASの寿命は?判別の基準と寿命を延ばす方法も紹介

NASの寿命は?判別の基準と寿命を延ばす方法も紹介

NASには大切なデータを保存している事が多いものです。NASは外付けHDDやパソコンなどと比べても稼働時間が長いことからある日、突然トラブルが生じて故障してしまい、寿命を迎えてしまうことがあります。NASの寿命は使い方や環境によっても異なるものですが、NASに保存しているデータを失わないためには運用方法や適切な対処が必要となるものです。ここでは、NASの寿命の見分け方、寿命が来た時の対処方法や寿命を延ばす方法ついても紹介していきます。

NASの寿命はどれくらい?


NASの寿命は一般的に5年程度と言われています。しかしながら、使い方や環境によって1年から3年程度で故障してしまう事や逆に10年を超えても使用が可能な場合もあります。
NASを設置している環境(室内の温度・湿度)や使い方によって寿命は大きく変わるものの、NASは外付けHDDやパソコンなどの機器とは違い、24時間365日稼働していることがほとんどで寿命が短い傾向にあるものです。

NASの寿命に関わる要因は

NASの寿命に関わってくる要因は下記のようなものが挙げられます。

  1. HDDの経年劣化や故障
  2. 運用環境
  3. 電力供給
  4. RAIDシステムの影響
  5. 製品の特性
  6. 使い方

1.HDDの経年劣化や故障


NASに搭載されているHDDに限らず、HDDは毎分数千回という高速の速度で常に動作しており、摩擦によって劣化し、故障しやすい精密機器の1つとして挙げられます。HDD自体が消耗品の1つでもあります。HDDにも寿命がありますが、NASに内蔵されているHDDと外付けハードディスクやパソコンに内蔵されているHDDの寿命には差が出ることが多いものです。
HDDの劣化は使用時間・使用状況・温度や湿度・熱や振動、衝撃・電力供給の頻度によっても異なります。NASに搭載されているHDDは他のHDDよりも負荷がかかっている事が大半で経年劣化や故障が起きやすく、NASの寿命に大きく関わってくるものです。

2.運用環境

NASの寿命には運用環境も大きく関わってきます。高温や高湿度の環境下でNASを運用した場合にはHDDの劣化を促進させることもありえます。NASの動作可能な温度は一般的に5℃から40℃であり、真夏のクーラーが効いていない室内などでNASが稼働し続けると故障の原因になる他、寿命が短くなる傾向があります
※NASは休まず稼働し続けることから50℃以上になることも多く、HDDが50℃以上になった際には故障率が上昇してしまいます。

3.電力供給


電力供給が不安定な場合や瞬電や停電が起きた後にはNASの寿命が短くなる・HDDの故障を引き起こす・データが消失するリスクが高まるものです。

4.RAIDシステムの影響

NASは搭載されている複数のHDDを使ってRAIDを構築していることがほとんどです。RAIDとは複数のメディアを1つのドライブとして認識させる技術の事でデータの冗長性を保っているものです。しかしながら、RAIDシステムはファイルの読み取り・書き込みの際に複数のHDDに対して均一にアクセスを行うため、全てのHDDは同一に劣化が進みます。NAS内の特定のHDDが故障した際には他のディスクも同様に故障する、もしくは壊れかかっていることが大半で注意が必要となります。NASが寿命に近づいた・寿命を迎えた際には大事なデータが消失する事態に陥るため、NASからデータの復旧を行うことやNAS本体を修理に出すことを検討しましょう。

↓NASからデータを取り出したい・復旧を希望される方はこちらも参照ください。

5.製品の特性

バッファロー製のTeraStationやLinkStation、IODATA製のLANDISK、QNAP製、Synology製など、NASは多くのメーカーが製造・販売を行っていますが、どの製品にも同時期に製造されたHDDが搭載されているものです。上記で紹介したRAIDシステムは複数のHDDに対して均一に負荷をかけますが、HDDの製造時期が同時期であることも複数のHDDが同時期に故障し、NASの寿命に影響を与える要因になりえます。そのため、特定のHDDが壊れた際には他のディスクも故障していると認識しておいた方が良いものです。

6.使い方

NASを急にシャットダウンしたり、大きな負荷がかかるデータの書き込み・読み取りを行ったり、ケーブルの抜き差しを繰り返したりした際には内蔵HDDにも負荷がかかるため、寿命が短くなる事があります。その他、設置した後、動かさないことが多いNASはゴミやホコリが溜まることによって熱排出に不具合が生じて機器が高温になり、故障することもあるものです。

NASが寿命を迎えた時に生じる症状例

NASの寿命が近い・NASが寿命を迎えた時には下記の様な症状が発生することがあります。

  1. NASが起動しない
  2. NASにアクセスができない
  3. NAS本体のランプが赤く点滅する
  4. エラーメッセージが表示される
  5. 異音がする

1.NASが起動しない

NASが寿命を迎えた時には機器が起動しない状況に陥ることがあります。まずは、ケーブル類やアダプタなど機器の周辺の状態やランプの色、エラーコードやエラーメッセージなどが表示されていないかを確認してみましょう。
HDDではなく、電力を供給する電源ユニットや筐体、ケーブル類の破損やシステム障害が発生している事もありえます。ランプが赤く点滅していない・エラーコードやエラーメッセージなどが表示されていない・異常なブザー音や異音が鳴っていないような場合にはNASを再起動することで問題が解決できることがあります。
しかしながら、NAS本体やHDDが寿命を迎えているような場合には再起動や電源の入り切りを行うだけで状態が重篤化してしまうため、データを失いたくない方は無理に試す事は避けた方が良いものです。

2.NASにアクセスができない


NASが寿命を迎えた時にはNASにアクセスができなくなることもありえます。NASにアクセスができなくなった際には複数のHDDが寿命を迎え、故障している事が大半で慎重な対応が求められるものです。NASを1年以上使っている・停電や瞬電が起きた・引っ越しや配置換えの際に衝撃が加わったかもしれない・真夏や冬季の長期休暇後にNASにアクセスができなくなった際には複数のHDDが物理的に故障していることが多く、電源の入り切りや再起動、ケーブルの抜き差しなどを試すだけでデータ消失のリスクが高まります。
NASが起動しない・アクセスができないなどの症状が出た時にはNAS本体の修理もしくはNASからデータを取り出す事を考える必要が出てきますが、自力で対応できないことが多いため、早く安く確実に問題を解決したい場合にはプロのデータ復旧業者の無料相談を利用することを優先しましょう。

↓NASにアクセスができない状況でお困りの方はこちら

3.NAS本体のランプが赤く点滅する


NASのランプが赤く点滅している場合にはHDDが故障していることが大半で、データを失いたくない方は慎重に対応を行う必要が出てきます。メーカーや機種ごとにランプの点滅の色・点滅の仕方・点滅回数は異なりますが、NASが起動しない・アクセスができないなどのトラブルが生じている際にランプが赤く点滅した際にはNASの寿命が来ていることも多いものです。NAS内のデータが大事・無くなったり取り出しができなくなったりしたら困ると少しでも考えた場合には機器の電源を切り、早めに専門家に連絡するようにしましょう。

4.エラーメッセージが表示される

NASが寿命を迎えているような時にはエラーメッセージが表示されることもあります。NASの管理ソフト、バッファロー製品はNAS Navigator2、QNAP製品はQfinderなどを開くとエラーメッセージの他にエラーコードなどが表示され、HDDや基板など故障箇所を推測することが可能となります。筐体の液晶ディスプレイにエラーメッセージが出る製品もあります。エラーメッセージなどが表示された際にはその内容をメモに取る・写真を撮るなどを行いましょう。エラーメッセージが表示された場合もデータが失われるサインであることが大半で、慎重な対応が求められるものです。
※管理画面や管理ソフト上に製品名や型番が表示されない場合にもNASの寿命が近づいている事が多く、注意が必要となります。

5.異音がする

NASから異音が発生する場合は、要注意です。すぐに寿命が来たと考えましょう。カタカタ、カチカチ音が鳴る・異常なモーター音、ビープ音が正常に動作していた時とは異なる音で聞こえる場合には機器の電源を切ることを優先した方が良いものです。通電し続けるだけでも状況はすぐに重篤化してしまいます。音は機器の傍にいれば聞こえるくらいの音量と静かな場所で耳を当てて聞かないと聞こえないくらいの小さな音で鳴ることがあります。異音はしばらく待てば消えることもありますが、それは状態が悪化したサインにもなり、待っていて直る・状況が改善することはありません。少しでも困ったり悩んだりした際には専門業者に相談することを優先しましょう。

問い合わせ

NASに寿命が近づいた時に出る影響は

NASの寿命が近い・寿命が来た時には下記のような影響が出ることが考えられます。

  1. パフォーマンスの低下
  2. データが失われる
  3. 業務に支障が出る

1.パフォーマンスの低下

NASに寿命が近づいた際にはファイルの読み取り・書き込みが遅くなる・データの転送速度が遅くなるなどパフォーマンスが低下することもあります。動作に違和感が出た際にはデータのバックアップを取るなどの対応を行いましょう。そのまま使い続けるとHDDの劣化が進み、NASの寿命が短くなる・突然、寿命が来てデータが失われる事態に直結することも多く起こりえるものです。

2.データが失われる

NASに寿命が訪れた場合には急にデータが消失する事態に直結することもありえます。NASは仕事で使うデータ以外にも個人で思い出の写真や動画を保存することも多く、共有データが使えなくなった場合には慌ててしまうことも多いものです。NAS内のデータが大事・無くなったり取り出しができなくなったりしたら困ると少しでも考えた場合にはプロのデータ復旧業者の無料相談を利用することを優先しましょう。

3.業務に支障が出る

NASには複数人で使う大事な業務データを保存することが多いものです。NASにアクセスができない・起動しない・エラーメッセージが表示される・ランプが赤く点灯するなどのトラブルが生じてNASに寿命が来た場合には業務に支障が出てしまうこともありえます。NAS内のデータを早く安く確実に取り出したい場合には復旧業者へ相談を、データが不要な方は機器を修理に出す事を検討しましょう。

NASに寿命が来た時の対処方法を紹介

NASが寿命を迎えた時には下記のような対処方法が選択肢として挙げられます。

  1. NASを修理に出す
  2. NASを買い替える
  3. HDDを交換する
  4. NASからデータの取り出しを行う

1.NASを修理に出す

NASに寿命が来た際には機器本体を修理に出すことを検討する必要が出てきます。NASに入っているデータは不要で機器が動作可能な状態に戻れば良い方はメーカーや購入店に相談する方法を選択しましょう。
しかしながら、メーカーや購入店にNASを修理に出した際にはデータが入っているディスクは初期化されて全て消える、もしくは何もデータが記録されていないディスクに交換される対応となるものです。また、メーカーや購入店に修理を依頼した場合には作業が完了するまでに数週間から数か月単位と長期間、機器が返ってこなくなることも注意点として挙げられます。寿命を迎えて使えなくなったNASが動作可能な状態に戻ることよりもデータの取り出しを優先したい場合には、復旧会社の無料相談を利用することを優先した方が良いものです。

↓NASの修理を行いたいと思った時にはこちらも参照ください。

2.NASを買い替える

NASに寿命が近づいた場合には買い替えも検討する必要が出てきます。NAS本体も内蔵HDDも数年で故障することがほとんどであるため、バックアップを取り、新しい機器にデータを移行することを考える時期はいつかはやってくるものです。NASが寿命を迎え、壊れた後に買い替えを検討した場合には、買い替える前にNASからデータを取り出すことを優先しましょう。NASが壊れた際には自分でデータの取り出しを行うことは困難であることがほとんどであるため、早く安く確実にデータを取り出したい時にはプロの復旧会社の無料相談を利用することを優先した方が良いものです。

3.HDDを交換する


NAS内のHDDに寿命が来て、故障した際には機器のリプレイス・内蔵HDDの交換を行う方法も選択肢の1つとして挙げられます。しかしながら、NASは複数のディスクを使ってRAIDを構築していることから故障が疑われるHDDを安易に交換するとRAIDのリビルド(再構築)が自動的にかかり、データの復旧ができないばかりか新しい情報が書き込まれてデータの上書きが進む・情報のアルゴリズムが崩れる・ファイルシステムが損傷する等、大切なデータが消失する事態に直結することが大半である起こりえるため注意が必要となります。
RAID機能を過信してHDDを交換すれば容易にデータを復旧できると思って安易にHDDの交換を行ってしまうとリビルドが失敗してRAID崩壊を引き起こす他、HDDの故障の状態が重篤化し、取り返しのつかない状況に陥ってしまう事も多く起こりえるものです。HDDの交換を行うだけでデータが完全に消失する結果に繋がることも多いため、安易に作業を進めない様にした方が良いものです。

・HDDの交換ができる前提条件は

NASやHDDに寿命が来てHDDの交換を行いたい時には下記のような条件が揃っている時に限られます。

  1. バックアップが取れている
  2. HDDの台数、容量が確認できている
  3. RAID構成、暗号化などの情報を把握している
  4. 設定を確認・変更できる権限を持っている
  5. 作業に要する時間が確保できている

1.バックアップが取れている

NAS内のHDDを交換する方法は全てのデータを失う危険性を含んでいるものです。バックアップが取れていない時にはHDDの交換作業は進めない様にしましょう。また、何かしら症状が出てからバックアップは取れない他、無理にバックアップを取ろうとすると状況は重篤化し、後悔する結果に直結するため注意しましょう。

・NASのバックアップを取る方法例

他のNAS、外付けHDD、クラウドストレージなどがバックアップを取る選択肢として挙げられます。

2.HDDの台数、容量が確認できている

NASに寿命が来てHDDの交換を行う際にはHDDの容量や搭載されているディスク本数を確認する必要があります。

3.RAID構成、暗号化などの情報を把握している

NASを運用する際にはRAIDレベルに適した容量のHDDを必要本数用意した上でRAID0、RAID1、RAID5、RAID6、RAID10、RAID01などRAIDの設定や暗号化設定を行う必要が出てきます。

4.設定を確認・変更できる権限を持っている

NASの寿命が近づいている・寿命を迎えた際には設定を確認・変更する必要があるため、対応できる権限を持っているかどうかも確認しておきましょう。

5.作業に要する時間が確保できている

NASにバックアップ内容をコピーする際や設定をし直す場合には多大な時間を要することが多いものです。夜中や休日など業務に支障が無い時間を選ぶなど、計画を立てることも重要となります。

4.NASからデータの取り出しを行う

NASが寿命を迎えて使えなくなった際に機器内のデータが大事・無くなったり取り出しができなくなったりしたら困ると少しでも考えた場合にはNASからデータを取り出すことを優先しましょう。しかしながら、NASに何かしらの症状が出て使えなくなった場合にはすでに重篤な障害が発生している他、個人で対応ができない状態に陥っていることがほとんどです。自分でどうにかしようと電源の入り切りや再起動、ケーブルの抜き差しなど簡単にできることを試すだけでも取り返しのつかない状況に陥ってしまうことも多く起こりえるものです。早く安く確実にNASからデータを取り出したい・復旧したいと考えた場合にはプロの復旧業者の無料相談を利用することを優先しましょう。

・データ復旧業者の選び方

NASが寿命を迎えた際に少しでも困ったり悩んだりした場合には専門の復旧業者に連絡した方がすぐに問題が解決され、費用も抑えられるものです。どこの復旧業者を選べば良いのか悩んだ時には下記の様な項目をチェックしましょう。困らずに済みます。

  1. 高度な技術力を持っている(独自技術やAI技術の有無)
  2. 復旧・修理に要するスピードや対応が早い
  3. 復旧料金プランや費用例がホームページに記載されている
  4. クリーンルームなど専用環境下で復旧・修理作業を行っている
  5. 情報の守秘義務・セキュリティ管理が万全
  6. 復旧実績・事例の有無

データ復旧業者は数多く存在していますが、技術力やサービス内容には大きな差もあるものです。どこの復旧業者に出しても同じように早い対応と費用を抑えたデータ復旧ができるわけではないため注意しましょう。アドバンスデータ復旧は1から6の項目、全てを満たしているおすすめのデータ復旧業者です。独自技術やAI技術を持っており、高度な技術力で復旧・修理作業を行うからこそ、迅速な対応と低価格でのデータ復旧サービスを提供しています。NASやRAIDサーバー、外付けハードディスク、SSD、パソコン(Windows・Mac・自作・タブレット)、SDカード、USBメモリなど、様々な機種に対して復旧・修理実績も多くあり、安心です。

問い合わせ

NASの寿命を延ばす方法は

NASには寿命がありますが、少しでも長く安全に運用する・寿命を延ばす方法も紹介していきます。

  1. 品質が高く信頼の置けるHDDを選ぶ
  2. 冗長性が高いRAIDレベルを使う
  3. 使用環境を整える
  4. 適切に使用する
  5. 定期的なメンテナンスを行う

1.品質が高く信頼の置けるHDDを選ぶ

HDDは永続的には使えずいつかは壊れてしまう消耗品ではあるものの、品質が高い・信頼の置けるHDDを選択することもNASの寿命を延ばす方法の1つとして有効です。NASには大事なデータを保存することが多く、安価なHDDや中古品を使用することは避けた方が良いものです。

2.冗長性が高いRAIDレベルを使う

RAIDには様々なレベル(種類)がありますが、冗長性の高いRAIDのレベルを選んで設定することもNASの寿命を延ばす方法として挙げられます。しかしながら、RAIDのレベルを冗長性の高いものに設定した場合にはHDDの本数も増えるため、初期費用が嵩む・HDDが壊れた時の対応費用が嵩むことがあるなどのデメリットも挙げられるものです。

3.使用環境を整える

NASの寿命を延ばすためには安定した電力の供給ができるように環境を整える・筐体を適した温度や湿度の場所に設置し、HDDの劣化を防ぐことも重要です。また、筐体にホコリが溜まると熱を放出するファンが機能しなくなり、熱暴走を引き起こすこともありえます。NASはサーバーラックに収納すれば、故障の原因にもなるホコリや塵の付着を抑えることも見込めるため、おすすめの対処方法の1つとなります。
突然の停電や計画停電、雷の影響で電力が遮断されると部品が故障してNASが使用不可になるばかりか急に寿命が来てしまう事もありえます。停電や瞬電に対応するにはUPSを導入することも検討しましょう。

↓停電の後、NASにトラブルが生じた時にはこちらも参照ください。

4.適切に使用する

NASに何かしらの不具合が出た際に電源の入り切りや再起動、ケーブルの抜き差しを繰り返したり、容量の大きいファイルの読み取り・書き出しを行ったり、大量のファイルの削除やコピーを一気に行う・接続可能台数を超えてNASにアクセスする・空き容量に余裕が無い状態でNASを運用するなど負荷が大きい使用を続けるとHDDにも負担がかかるため、寿命が短くなることがあります。機器への負荷を減らすことでNASの寿命を延ばすことに繋がります。

5.定期的なメンテナンスを行う

筐体やファンを定期的に掃除する・HDDに対してディスクチェックを行い、不良セクタの増加を防ぐ・ファームウェアの更新を適切に行うなどメンテナンス作業を進めることでNASの寿命が延びることがあります。
※NASにアクセスができない・起動しない・エラーメッセージが表示される・ランプが赤く点滅するなどの症状が出ている際にディスクチェックを行うとHDDが完全に故障する他、ファームウェアの更新を行うことでデータの上書きが進み、取り返しのつかない状況に陥ってしまうこともありえます。何かしらトラブルが発生した後にはこれらの対応は行わない様にした方が良いものです。

まとめ・万が一、困った時には

NASに寿命が来た時には様々な症状が発生してしまうものです。NAS内のデータが大事・無くなったり取り出しができなくなったりしたら困ると少しでも考えた場合には操作や作業を止めることから始めましょう。NASは冗長性の高い機器でもあることから、バックアップを取っていないことも多いものです。バックアップが無い・バックアップが不足している時にNASにトラブルが生じた時には余計な操作を行う前にプロの復旧業者の無料相談を利用することを検討しましょう。安易にHDDの交換やリプレイス作業を進めると全てのデータが消失する事態に直結することも多く起こりえるものです。アドバンスデータ復旧はAI技術や独自技術を持っており、NASのトラブルや復旧に多くの実績があり、復旧料金も抑えられます。万が一、困った時には無料の相談から始めてはいかがでしょうか。

NAS、サーバカテゴリの最新記事

アドバンスデータ復旧
/* Schema.org追加 */