データ復旧のアドバンスドテクノロジー

NASにトラブルが生じた時の修理や復旧について

NASにトラブルが生じた時の修理や復旧について

NASや共有フォルダにアクセスできない・NASが動かない/起動しない/電源が入らない等、トラブルが発生した際には故障箇所の確認と正しい対応が大切です。ここでは、NASの故障が考えられる際に気を付けたいことや対処方法、メーカー修理とデータ復旧の違い等から解決方法を紹介していきます。

NASとは

NASとは、ネットワーク上で複数のパソコンなどの端末から直接、接続を行うことでファイルやデータを共有する事が可能な機器のことです。正式名称はNetwork Attached Storage/ネットワークアタッチドストレージを略してNAS(ナス)と呼ばれています。

NASにトラブルが発生した時の症状とは

NASにトラブルが生じた時には下記のような状況が起こっていると考えられます。

1.NASにアクセスできない
2.共有フォルダにアクセスできない
3.NASが動かない/起動しない/電源が入らない
4.エラーのメッセージが出る

1.NASにアクセスできない

複数の端末(パソコン・スマートフォン・タブレットなど)からNASにアクセスできないトラブルが発生している時には下記にて解決方法を紹介しています。

↓NASにアクセスできない際の解決方法はこちら

2.共有フォルダにアクセスできない

Windows10にOSをバージョンアップした・Windows10のパソコンで共有フォルダにアクセスしようとしたら接続できなかった等のトラブルが生じている時には下記にて解決方法を紹介しています。

↓Windows10で共有フォルダにアクセスできない時の解決方法はこちら

3.NASが動かない/起動しない/電源が入らない

電源は入っているのにNASが動かない・アクセスランプが点いているのに動作しない等、NASが起動しない際には内蔵されているハードディスク(HDD)故障や部品の故障、NAS本体が壊れてしまっていることが推測されます。

4.エラーのメッセージが出る

NASや共有フォルダにアクセスできない時には、HDDの故障だけではくOSの故障によって、パソコン上にエラーのメッセージが出る事があります。

確認したいNASの故障箇所

NASに上記のようなトラブルが生じた際には、故障している箇所を確認していきましょう。

1.HDDの故障
2.NAS本体の故障
3.OS部分の故障

1.HDDの故障


NASが起動しない・共有フォルダにアクセスできない時には、内蔵HDDや部品の故障が原因であることが多いものです。HDDの故障を判断するにはエラーのメッセージやエラーコードやアクセスランプの点灯の違いをチェックしましょう。また、HDDから異音が鳴っている際には特に注意が必要です。

2.NAS本体の故障


NASはCPUやマザーボードなどの基盤やメモリ・USB・冷却ファン・RAIDコントローラ・HDD等、色々な部品で構成されています。物理的に中の部品やHDDが故障した際には修理や、交換作業を行う必要が出てきます。しかしながら、部品の修理には専門技術や深い知識が必要となります。また、部品自体も汎用的な物は無く、故障した部品と同じものを入手することは難しいことが多いため簡単に交換ができないものです。また、RAIDコントローラや基盤が故障してしまった際に内蔵されているHDDを取り出してパソコンに直接繋ぐことでデータの確認ができることもありますが、その際にフォーマットしてしまうことやデータが消えてしまうリスクがある為、機械の知識や作業に不安がある方は動かさない方が良いでしょう。

3.OS部分の故障

機器に搭載されているOSにトラブルが生じると起動できなくなってしまいます。OS部分のトラブルをチェックするには各メーカーの管理ソフトを使ってみましょう。エラー情報や内容の確認ができます。

管理ソフト例

メーカー メーカー別の管理ソフト
バッファロー(Buffalo) NAS Navigator
アイ・オー・データ機器(I-O DATA) LANDISK CONNECT・MagicalFinder
QNAP Qfinder

NASにアクセスできない際、HDD故障や本体故障であることが多いものですが、どちらも問題が無い場合はOSの故障を考えましょう。ハードディスクが壊れていない時にはファームウェアのアップデートによってトラブルが解決出来る事があります。しかしながら、ファームウェアのアップデートを行う事によってデータの上書きが進んでしまうことや状況が悪化してしまうこともあるため注意が必要です。

トラブルが発生した時の対処方法

1.自分でできることを試す
2.メーカーや購入店へ問合せ
3.データ復旧業者に相談

1.自分でできることを試す

①電源の入り切り
機器にトラブルが生じた時に簡単に試せる対処方法は機器の電源を切って入れ直すことです。電源の入り切りによって症状が改善することがあります。HDD故障のエラーが出ている時や異音が鳴っている時は状態が悪化してしまうことがあるため、データが大事な方は何度も行わないように注意しましょう。
②HDDの「S.M.A.R.T.」機能を使って状態を確認
S.M.A.R.T. (Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology/セルフモニタリング・アナリシス・アンド・リポーティング・テクノロジー)とはHDDやSSDに搭載されている障害の早期発見や故障の予測が可能な機能のことで略してスマートと呼ばれています。この機能を使うことによって、ハードディスクの状態を数値から把握することが可能です。S.M.A.R.T.情報を見るにはソフトが必要となります。

・S.M.A.R.T.を使うためのツール例
メーカー別の診断ツールが公開されていない場合は下記が主な診断ツールになります。HDDの種類によってはこのS.M.A.R.T.機能が無いものもあります。

診断ツール例 OS例
CrystalDiskInfo・Active SMART・FromHDDtoSSD・HDD Health・Hard Drive Inspector・HDD-SCAN・HDDlife・HDD SMART Analyzer・HD Tune・Mam’s S.M.A.R.T Reader・ハードディスク・スマートチェッカー・PC-Doctor for Windows・SpeedFan・SMARTReporter Apple Macintosh・TechTool Pro 8 Apple Macintosh・smartmontools・ファイナルハードディスク診断など Windows7・Windows8・Windows 10・iOS・UnixなどのOS

S.M.A.R.T.情報を確認して少しでも異常が出た時や作業に不安を感じた際には無理に使い続けることは止めておきましょう。また、内蔵されていたハードディスクをパソコンに直接繋いだ時には「フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」と表示が出ることがあります。ここでフォーマットしてしまったりパーテーションを変更してしまったりするとデータの復旧が難しくなることもある為、注意しましょう。パソコンにフォーマットしますか?とポップアップが出たら慌てずにキャンセルボタンを押すことが大事です。

↓フォーマットしますか?とエラーが表示された際の解決方法はこちら

2.メーカーや購入店へ問合せ


メーカーや購入先に修理の問合せをした場合、保存されているデータ等については保証の対象外となってしまうため注意が必要です。HDDも修理ではなく交換対応になるためデータが入っているHDDは何も入っていない新品の状態のHDDに代わってしまいます。また、自分で交換や修理作業などを行ってしまうとメーカー保証の対象外となってしまうこともあります。機器に大切なデータを保存している方はデータ復旧会社に相談することを優先しましょう。

3.データ復旧業者に相談

RAIDを組んでいる機器の場合は、障害が発生している原因の特定や対応が難しいことも多いものです。保存しているデータが大事。一人ではなく複数人で使っているNASにトラブルが発生している時にはデータの復旧業者へ連絡することを考えましょう。悩んでいる間に相談することで悩む時間も業務の負担なども軽減されることでしょう。

修理とデータ復旧の違い

・修理とは

修理は壊れたり不具合が出たりした部分に対して修理作業や部品交換など手を加えることにより、再び使用できる/動作ができる状態にするものです。メーカー修理の場合は不具合やトラブルが生じた機器に対して、購入した時の状態に戻す・機器が正常に動作できるように直すことを目的としています。そのため、基本的に保存データは初期化などで消去され、消えてしまいます。メーカー修理を出す際には保存されているデータについては初期化されることに対して同意が必要なメーカーもあります。機器を出す前に必ずチェックしましょう。

・データ復旧とは

データ復旧とは認識しないハードディスクやUSBメモリ、起動しないパソコンやアクセスできないNASやサーバーなど、トラブルが発生している記録メディア等からデータの取り出し・救出を行うサービスのことです。

・データ復旧サービスの流れ

①クリーンルームでNASの分解/HDDの取り出し
②HDDの障害状態を診断
③専門技術や深い知識による障害状況に合わせた作業と部品交換
④複数のHDDでRAIDが構成されている場合はRAID環境に合わせた作業
⑤復旧されたデータをHDDへ転送

↓NAS内のHDD復旧に関する技術情報はこちら

トラブルが発生した時にやってはいけない・注意したいこと

1.電源の入り切りや再起動を繰り返し行わない(HDDに障害が生じている時には悪化してしまうことも)
2.リセットボタンを押さないように(トラブルを解決できるボタンではない為)
3.フリーソフトの使用は慎重に(上書きが進むこともある為、注意が必要)
4.誤ってフォーマットをしない(データが消えてしまわないように)
5.クリーンルーム以外でHDDの分解や開封は行わない(塵やホコリはHDDに致命的なダメージを与えることも)

NASで使用される主なRAIDの種類

NASで主に使用されるRAIDは下記のような種類があります。RAIDとはRedundant Array of Inexpensive Disks(リダンダント・アレイ・オブ・インエクスペンシブ・ディスクズ)を略してレイドと呼び、複数のハードディスクやSSDの組合せによって1つのドライブのように認識・表示させる技術のことです。

RAID0(ストライピング)
RAID1(ミラーリング)
RAID01
RAID10(RAID 1+0)
RAID2
RAID3
RAID4
RAID5(分散データ ガーディング)
RAID6
RAID50(RAID 5+0)

NASの種類とメーカー一覧

種類 メーカー
TeraStation・LinkStation、Landisk・RECBOX・QNAP TS/QNAP HS/QNAP TBS/QNAP TVS・DiskStation/RackStation/DS・LSV・NSB・N-RAID・ReadyNAS・WD Cloud・AS/LOCKERSTOR/NIMBUSTOR ・DELA・Thecus NAS・NEBBN・NESBN・NCDEN・MousePro・BIOS(PS)・Drobo・EonNAS・デジ像・EN・Iomega・Technics・VAULT・Data Appliance・StoreJet Cloud・MvixBOX・HDD BANK TERA Buffalo(バッファロー)・IODATA(アイ・オー・データ機器)・QNAP・Synology(シノロジー)・logitec(ロジテック)•ELECOM(エレコム)・YANO、NETGEAR・WESTERN DIGITAL・ASUSTOR・メルコシンクレッツ、Thecus・ニューテック・マウスコンピューター・BIOS・drobo・Infortrend・Princeton(プリンストン)・Lenovo・パナソニック・Bluesound・IMATION・トランセンド・ハンファ・Corega

まとめ・故障の際には修理とデータの復旧を考える

NASの故障が推測させる時は上記までに紹介してきた方法を試してみましょう。メーカー修理に出した場合は保存されているデータは保証されないことが多いため、大切なデータを保存されている方はデータ復旧会社に相談することを優先しましょう。下記の会社はデータ復旧だけでなく、NASの修理も行っています。機器の修理とデータ復旧、両方必要な方にもおすすめです。まずは問合せすることから始めてはいかがでしょうか。

アドバンスドテクノロジー今すぐ見積もり