データ復旧のアドバンスドテクノロジー

Synology(シノロジー)製NASのデータ復旧・故障原因と対処方法を紹介

Synology(シノロジー)製NASのデータ復旧・故障原因と対処方法を紹介

Synology(シノロジー)製のNASは機能性、汎用性が高く、国内の法人だけでなく個人の方にも多く利用されている機種の一つです。一般的にはDiskStationモデルが最も有名で、数多く流通しています。Synology(シノロジー)は台湾のRAIDサーバー・NASのメーカーで、Synology製のNASなどの機器が故障やデータに関するトラブルが発生した場合には国内ではサポートが受けにくく、対応に困ることがあるかもしれません。ここでは、SynologyのNASを使っている時に生じる障害例やトラブルが生じた時のデータ復旧の方法について紹介していきます。

目次

Synology製のNASに生じるトラブルや症状とは


DiskStation など、Synology製のNASを使っている場合に生じるトラブルや症状には下記のようなものがあります。

  1. Synology製のNASの電源が入らない・起動しない
  2. ネットワーク上に表示されない・アクセスできない・認識されない
  3. エラーのメッセージが表示される
  4. ファイルにアクセスができない・中のデータが見られない

1. Synology製のNASの電源が入らない・起動しない

DiskStation など、Synology製のNASの電源が入らない場合には下記のような原因が考えられるものです。

①電源ケーブルの接続不良や故障
②内蔵されているHDDやSSDの物理的な障害の発生

①電源ケーブルの接続不良や故障
Synology製のNAS本体ではなく、ケーブルの接続不良や故障によっても電源が入らなくなってしまいます。ケーブルが正しく接続されているか・通電されているかを確認しましょう。繋ぎ直すことで不具合が改善されることがあります。
②内蔵されているHDDやSSDの物理的な障害の発生
ケーブル部分に問題が無い時にはNASに内蔵されているHDDやSSDに障害が発生したことによって電源が入らないなどのトラブルに繋がっていることが多いものです。内蔵HDDやSSDに物理的な障害が発生してしまっている場合には、個人で対処することは大変危険です。保存されているデータが無くなってしまう危険性が高まってしまいます。電源が入らない・起動しないSynology製のNASに大切なデータが入っている場合には一旦、手を止めてプロのデータ復旧の業者に相談することを優先しましょう。

2.ネットワーク上に表示されない・アクセスできない・認識されない

NAS本体の電源が入る・ランプが点いているのにも関わらずネットワーク上でSynology製のNASにアクセスできない・表示されない・認識されない場合には筐体の故障ではなく、内蔵されているHDDやSSDなどのストレージの故障やファームウェアの異常が生じてしまっていることが推測されるものです。こちらも操作を続けてしまうことで状態が悪化してしまい、データが取り出せなくなる危険性が高い症状のため、プロのデータ復旧業者に相談してから進めるべき事態と言えます。よくわからないまま作業をしてしまうことで復旧の難易度が上がる・取り返しのつかないところまで状況が悪化してしまうケースも残念ながらありえます。

↓NASにアクセスできない場合にはこちらも参照ください。

3.エラーのメッセージが表示される

「接続に失敗しました」等のエラーのメッセージが表示された時にはインターネット接続環境を確認しましょう。インターネット接続部分に何かしらの不具合が生じてしまっていることが考えられます。インターネット環境に問題が無い場合には、早めにデータ復旧の業者に連絡することを検討しましょう。致命的なエラーが生じてしまっていることも多いものです。

4.ファイルにアクセスができない・中のデータが見られない

ネットワーク上でファイルが見える状況であっても共有フォルダにアクセスができない・ファイルが開けない・中のデータが見られない場合にはファイルやデータが壊れてしまっている、もしくは内蔵のHDDやSSDなどのストレージに物理障害もしくは論理障害が起きていることが推測されるものです。アクセスを続ける・何度もファイルを開いてみるなど操作を繰り返すことで破損状況やストレージの状態は悪化してしまいます。復旧の難易度が上がるだけでなく復旧が難しくなってしまう状況にも繋がりかねません。気を付けましょう。

↓共有フォルダにアクセスができない時にはこちらも参照ください。

Synology製のNASが故障してしまう原因

Synology製のNASが故障してしまう・症状を引き起こす原因は大きく分けて下記の3つに分類されます。

  1. 物理障害が発生したことが原因
  2. 論理障害が発生したことが原因
  3. 電源ケーブルやネットワーク部品の故障・不具合が生じたことが原因

1.物理障害が発生したことが原因

物理障害とは、NAS本体(筐体)や内蔵HDDやSSDなどのストレージ自体に物理的な故障が起きてしまっている状態を指します。特にHDDに物理障害が発生してしまっている時には、高い技術力・専門知識・互換性のある部品の調達・クリーンルームなどの専用環境での復旧作業が必要となり、個人での対処は難しいものです。NASの中に大事なデータがある・消えてしまうと困るファイルやフォルダがある場合にはデータ復旧の業者に早めに相談しましょう。

Synology製のNASに生じる物理障害例
・HDDの故障や損傷
・内部基板の故障
NASに発生するトラブルの原因の多くはHDDの故障が多いものですが、基板の破損によっても生じることがあります。
・経年劣化
・電源を入れても動作しない、起動しない
・異音が鳴る
・RAIDコントローラカードの破損

2.論理障害が発生したことが原因

論理障害とは、内蔵HDDやSSDなどのストレージやファイルシステムなどに論理的な障害が起きてしまっている状況を指します。論理障害が生じている場合に機器を普段のように操作する・作業を続けてしまうとデータが上書きされてしまったり、物理障害が併発してしまったりと新たなトラブル発生に繋がってしまうことが多く、注意が必要です。保存しているデータが大事な場合、無くすと困る時にはすぐに手を止めましょう。論理障害が起きている場合のデータ復旧作業には高度な解析や専用ツールの使用、ファイルシステムの修復などが必要になります。
Synology製のNASに生じる論理障害例
・システムやプログラムファイルの破損
・エラーメッセージの表示
・ウイルス感染
・経年劣化
・RAID崩壊
・誤削除
・誤フォーマット
通常、NASの中の共有フォルダのデータを誤って消してしまった場合にはパソコンのごみ箱には入らず、そのまま消えてしまいます。大事なフォルダやファイルを消してしまった時には操作を止めることが最優先となります。作業を続けてしまうことで上書きが進み、復旧が難しくなってしまうケースもありえます。Synology製のNASの場合には、共有フォルダでごみ箱機能を有効にすることで誤って削除してしまったファイルを復旧することが可能となる機能が搭載されています。このごみ箱のオプションをあらかじめ使用できるように設定しておきましょう。

・Synology製のNASでごみ箱機能を有効にする方法

①DSM→コントロールパネル→共有フォルダを選択
②共有フォルダを選択→編集をクリック
③ごみ箱を有効にするチェックボックスにチェックを入れる(管理者のみ、ごみ箱にアクセスできるようにしたい時には「管理者のみにアクセスを制限する」チェックボックスにチェックを入れましょう)
④OKをクリック→設定を保存して完了

・Synology製のNASでごみ箱から削除したファイルやフォルダを復旧する方法

①File Stationを起動→ごみ箱機能を有効にした共有フォルダに移動
②#recycleサブフォルダに移動
③復旧したいファイルもしくはフォルダを右クリック
④コピー先/移動先に移動→移動先を選択→削除したファイルやフォルダを戻したい場所に復元

3.電源ケーブルやネットワーク部品の故障・不具合が生じたことが原因

起動できなかったりアクセスできなかったりとSynology製のNASが壊れたかもと思った時には、故障の原因は筐体や内蔵のストレージだけではなく、ケーブルが抜けていた・抜けかかっていた・接続不良が起きた・ケーブルや部品が壊れたなどが原因であることもありえます。ケーブルの接続具合を確認して問題がなければ物理障害もしくは論理障害が生じてしまっていると考えて状態が悪化しないように努めましょう。

Synology製のNASのデータ復旧を行う前に注意したいこと
Synology製のNASからデータの復旧を行いたい場合には状態の悪化を防ぐことが何より重要となります。下記のような操作や対応を行わないようにしましょう。せっかく復旧できるものが復旧不可能な状態まで悪化してしまうケースも多いものです。

  1. 電源のオンオフ・通電を続ける・再起動を繰り返す
  2. リビルドやデータの再構築
  3. HDDの順番の入れ替えや交換
  4. HDDを単体でパソコンに繋ぐ
  5. ファームウェアのアップデートやOSの再インストール
  6. HDDランプがオレンジ色に点灯している時には
1.電源のオンオフ・通電を続ける・再起動を繰り返す

Synology製のNASに何かしらの障害や症状が発生してしまっている時には電源のオンオフを何回か試す・通電を続ける・再起動を繰り返すなどの操作は大変危険です。筐体やHDDなどのストレージに負担がかかってしまい、障害や症状の悪化に繋がります。物理障害だけでなく論理障害が生じている場合でも電源のオンオフやケーブルを繋いだまま通電されたままになる・再起動を行うことでデータが上書きされてしまい、復旧の難易度が上がってしまったり復旧自体が難しくなったりすることもあるため注意しましょう。

2.リビルドやデータの再構築

リビルドとはHDDのデータを再構築(リビルド)する操作のことです。
・リビルドにより生じる障害や症状例
①HDDの故障本数が増える
②データのリビルド(再構築)に失敗してしまうと症状や状況の悪化に繋がる
③HDDが故障した時にデータや構成情報などの再構築・再設定を行うとデータが消えてしまう・初期化されてしまう
※1台のHDDに故障など不具合が生じた時にはRAIDを構成している他のHDDも壊れかかっている状態であることがほとんどです。そのため、リビルドを行っても失敗してしまうケースが多く、リビルドを行う事で新たな障害が増える・症状が悪化してしまうことに繋がってしまうため行わないようにしましょう。どうしてもリビルドを行いたい時には先にデータ復旧の業者に相談してから進めましょう。

↓リビルド(再構築)の失敗や復旧方法についてはこちらも参照ください。

3.HDDの順番の入れ替えや交換

Synology製のNASはHDDなどのストレージを使ってRAIDを構築している機器の一つです。RAIDとは、複数のHDDやSSDなどのストレージを1つのドライブのように認識させる技術の事で、データを書き込む際にも規則性があるものです。そのため、HDDの順番の入れ替えやHDDの交換、交換の際に場所を間違ったり順番がわからなくなったりしてしまうと書き込みの規則性が乱れ、データの破損に繋がってしまいます。その状態で使い続けてしまうとデータが破損したまま上書きされてしまい、データ復旧の難易度が上がるだけでなく、復旧自体が難しくなってしまうケースも起こりえます。

4.HDDを単体でパソコンに繋ぐ

RAIDを構成しているHDDをNASから取り出してパソコンに繋いだとしてもデータにアクセスはできない為、取り出さないようにしましょう。パソコンに繋ぐことでディスク内のデータが破損してしまう危険性もあり、新たな障害の偶発やエラーのメッセージが表示されることもある為、注意が必要です。パソコンに接続した際に「フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」といったエラーのメッセージが表示されることもあります。慌てて「はい」を押さないようにしましょう。フォーマットしてしまうと保存しているデータは消えてしまいます。

5.ファームウェアのアップデートやOSの再インストール

Synology製のNASが正常に起動しない・立ち上がらない際にファームウェアのアップデートやOSの再インストールを促されることもあります。しかしながら、保存しているデータが大事・無くしたくないものの場合にはファームウェアのアップデートやOSの再インストールは避けた方が良いものです。データが失われてしまう危険性が高まります。ファームウェアのアップデートやOSの再インストールはSynology製のNASを正常に動作させる・正常に起動させることが目的の操作でデータの復旧には悪影響を及ぼすため注意しましょう。

6.HDDランプがオレンジ色に点灯している時には

Synology製のNASのHDDランプがオレンジ色に点灯している時にはハードディスクが故障してしまっていることが多く、対応に注意が必要です。ファイルにアクセスが可能な状態であればバックアップを取りましょう。動作が遅い、接続が不安定と感じた場合にはそのまま作業を続けることは危険です。操作を止めてプロの復旧業者に連絡することを優先しましょう。ファイルにアクセスができない場合には通電を続ける・作業を続ける事は大変危険です。ランプがオレンジ色に点灯している・電源が入ってもファイルやフォルダにアクセスができない時にはハードディスクの故障+その他の損傷が同時に発生してしまっていることが多く、無闇に使い続けてしまうことでデータが無くなってしまう危険性が高いため慎重な判断が必要となります。

Synology製のNASのデータを復旧したい時の方法とは


Synology製のNASに障害や症状が生じてしまった場合にはNASに保存されている「データを復旧したい・取り出したい」のか「データは不要で機器が使えるようにしたい・動作ができるようにしたい」のかによって対応方法が変わります。データが必要な方は「データ復旧の業者」へ・データが不要な方は「メーカー」に相談することを考えましょう。

  1. メーカー・Synology(シノロジー)に相談
  2. データの復旧ソフトの利用
  3. データ復旧・復元業者に相談

1.メーカー・Synology(シノロジー)に相談

NASに保存しているデータは不要で、筐体が正常に動くように改善したい・機器の修理だけ行いたい方はメーカーのSynologyに相談することを検討しましょう。メーカーに修理を出した場合、中のデータは保証されません。ハードディスクやSSDなどのストレージは交換され、前提としてデータは戻ってこない・初期化されてしまうものと理解しましょう。また、修理に要する時間や期間も長いことが多いため注意が必要です。メーカーに出すことはデータが必要ない場合に限定して考えておいた方が良いものです。

↓NASの修理が必要かもしれないと思った場合にはこちらも参照ください。

2.データの復旧ソフトの利用

データの復旧が必要になった際にフリーソフトなどの復旧ソフトの利用を考えるかもしれません。しかしながら、データが無くなったら困るもの・大事なものの場合には復旧ソフトの利用は避けましょう。なぜなら復旧ソフトの利用だけでなく、ソフトのダウンロードやスキャンによってデータが上書きされてしまう・トラブルが起きている時には状態を悪化してしまうリスクがあるためです。ソフトを使ったことによって本来、復旧可能だったデータが復旧不可能な状態まで悪化してしまったケースも多いものです。どうしても復旧ソフトを使いたい場合には先にデータ復旧の業者に相談してからにしましょう。よくわからないまま、操作を進めてしまうことは大変危険です。少しでも悩んだ時には手を止めましょう。

3.データ復旧・復元業者に相談

Synology製のNASの中のデータが大事な方・消えてしまうと困る方はデータ復旧・復元業者に相談することを優先しましょう。データ復旧サービスを行っている会社を選ぶ時には「AI技術」や「独自技術」を持っているかを確認しましょう。技術力が高い会社かを判断できる基準となります。技術力の無い会社に出してしまうとデータの取り出しができないだけでなく、状態の悪化を進めてしまうこともありえます。そのため、最初に依頼する会社選びはとても重要なものです。

データ復旧サービスを行っている会社の選び方

Synology製のNASに障害や症状が生じている時には不安や戸惑いの他、とても慌ててしまうことも多いものです。どこの会社を選んだら良いのかわからない・探し方がわからない場合には下記のような点に注目して判断材料にしましょう。

  1. 技術力が高い業者か(AI技術や独技技術を持っているか)
  2. 対応時間や作業のスピード
  3. 料金プランなど費用面の記載があるか
  4. 情報の守秘管理は徹底しているか

Synology製のNASの種類一覧

Synology製のNASの代表的なシリーズはDiskStation(ディスクステーション)・RackStation(ラックステーション)・FlashStation(フラッシュステーション)です。ハードディスクを搭載したタイプだけでなくSSDを搭載したモデルも多く流通しています。

シリーズ・ブランド名 特徴 モデル・機種
DiskStation(ディスクステーション) タワー型のNAS(ハードディスク搭載) DS220j・DS220j/JP・DS120j/JP・DS220+・DS220+/JP・DS120j・DS920+・DS218・DS420+・DS218play・DS1621+,DS1821+・DS720+・DS920+/JP・DS418・DS220j-SI4T2A・DS220+-SI2T2A・DS118,DS220j-SI1T2A・DS420j・DS420j/JP・DS620slim・DS118/JP・DS218play/JP・DS218/JP,DS220j-SI2T2A・DS220j-SI3T2A・DS420+/JP・DS920+-SI8T4A・DS720+/JP・DS3617xsII,DS218j・DS418/JP・DS418play・DS916+(2GB)・DS220+-SI4T2A・DS220j-SI8T2A・DS1517・DS220j-SI12T2A・DS920+-SI3T4A・DS920+-SI4T4A・DS2419+・DS2419+II・DS419slim・DS220j-SI6T2A・DS220+-SI3T2A・DS220+-SI6T2A・DS220+-SI6T2A・DS220+-SI8T2A・DS220j-SI10T2A・DS1520+・DS920+-SI1T4A・DS920+-SI2T4A・DS1019+・DS220+-SI12T2A・DS920+-SI6T4A・DS1621xs+・DS920+-SI12T4A・DS3617xs・DS3622xs+・DS3617xsII・DS1621xs+ DS2422+
RackStation(ラックステーション) ラック型のNAS(ハードディスク搭載)ビジネス向け RS820+・RS4021xs+・RS820RP+・RS1221RP+・RS2418RP+・RS3618xs・RS2818RP+・RS3621RPxs・RS3617RPxs・RS2821RP+・RS3621xs+・RS1221+・RS819・RS1619xs+・RS2421+・RS2421RP+
FlashStation(フラッシュステーション) タワー型のNAS(SSD搭載) FS6400・FS3400・FS3600
SAシリーズ 2Uラックサーバー SA3200D・SA3400・SA3600
UCシリーズ 2Uラックマウント型 UC3200

Synology製のNASのRAIDタイプ

Synology製のNASの場合、一般的なRAID方式の他にSynology Hybrid RAID(SHR)と呼ばれる独自の自動RAID管理システムで運用しているケースもあります。この場合にはパリティの位置やブロックサイズなども特殊なものになるためデータ復旧が必要な際には専門知識や高い技術力も必要となります。Synology製のNASのトラブルで困った時には高い技術力を持った復旧業者を選ぶことも重要と言えます。

RAID構成例

・RAID0
・RAID1
・RAID5
・RAID6
・RAID10
・RAID50
・RAIDO60
DiskStation(ディスクステーション)などタワー型のRAIDの主流:RAID0・RAID5・RAID6
残りの機種はRAID50・RAID60などのRAIDを採用していることが多いものです。

まとめ・万が一、困った時には

Synology製のNASを使っていてファイルやフォルダにアクセスできない・起動できない・ERRORのメッセージが表示された等の不具合が出た時には一旦、NASの使用を止めてプロのデータ復旧業者に相談することを優先しましょう。NAS本体や内蔵HDDなどストレージに障害が生じてしまっている時に電源の入り切り・再起動の繰り返し・通電を続けることは大変危険です。状態が悪化してしまいデータが失われてしまうリスクが高まります。Synology製のNASのデータ復旧は専門知識や高度な技術力が必要になるため、会社選びが重要です。独自技術やAI技術を持っている会社であるかも確認しましょう。アドバンスドテクノロジーは独自技術・AI技術を持っておりNASやサーバーのデータ復旧に多くの実績があって安心です。

アドバンスドテクノロジー今すぐ見積もり