データ復旧のアドバンスドテクノロジー

USBメモリの復旧方法と注意するポイント

USBメモリの復旧方法と注意するポイント

保存したデータを持ち運ぶ際や友人間や社内でデータを共有する際にコンパクトで使い方が簡単なUSBメモリを使用する方も多いのではないでしょうか。手軽に使えるUSBメモリですが、ぶつけた・落としたなどで認識しない状態になったり、誤ってデータを消してしまったり、突然エラーが表示されたりと困った状況になってしまった方もいるのではないでしょうか。ここではUSBメモリに起きる症状やトラブル例と復旧方法、症状が発生した時に注意したいポイントについて紹介していきます。

USBメモリとは

USBメモリ=USBフラッシュドライブ(USB flash drive)とはデータの保存が可能な記憶装置の一つです。USBのコネクターを用いてパソコン等に接続して使用する記憶ストレージです。使い方は簡単でパソコンなどの機器に挿し込むだけです。別途、メモリーカードやカードリーダなどを用意する必要が無いものです。USBメモリはフラッシュメモリにデータを記録します。フラッシュメモリ(SSD等と同じもの)を使っているため高速での書き込みや読み書きもできる機器の一つです。

USBメモリに発生する症状やトラブル例

認識しない
データが消えた・データが見えない
削除してしまった・消してしまった
壊れた・使えなくなった
読み込めない
上書きしてしまった
フォーマットしますか?(エラー表示が出る)・誤ってフォーマットしてしまった
ディスクを挿入してください(エラー表示が出る)
アクセスできません(エラー表示が出る)
破損
落下
端子が折れた・端子が壊れた・基盤損傷・コネクター部分が壊れた(曲がってしまった)
水没・濡れてしまった
取り外しを失敗した(安全な取り外しができなかった・忘れた)
ファイル名が文字化けしている
BitLockerの暗号化情報がわからない・回復キーがわからない
セキュリティ機能がついているUSBメモリが開かない
回復ドライブを作成してしまい、中のデータが読めなくなった・消えてしまった
リードエラーが発生している
フリーズして使えなくなった
0バイトと表示される
ファイル情報の破損・管理情報の破損
熱による破損
記録チップ・制御チップ(コントローラチップ)・コンデンサーの破損(亀裂)
ファイルシステムの異常が生じている
寿命
誤動作・誤操作


↓USBメモリを挿しているパソコンが水濡れ・水没してしまった時の解決方法はこちら

USBメモリの復旧方法1

USBメモリに保存していたデータを削除してしまった・保存したはずのデータが消えているなどトラブルが発生した際、自分で対応する方法として復旧ソフトを使う方法があります。復旧ソフトは様々な種類があるため症状や修復したい内容(デジカメで撮った写真や動画、メールアドレスなど)に合ったソフトを選ぶ知識も必要になります。
①復元ソフトを使うメリット
USBメモリのデータを復旧するソフトには無料版と有料版があります。無料版の多くは実際に修復作業を行う時に料金が発生するものが多いので注意しましょう。自分の症状に合ったソフトを選べた場合、安い費用でデータを救出できる可能性があります。
②復元ソフトを使うデメリット
無料版・有料版どちらを使ってもデータを修復できない場合があります。その際にはソフトを購入した費用は無駄になってしまいます。また、USBメモリの中に障害が発生してしまっている時にソフトを使うと状態が悪化してしまうことや上書きが進んでしまってデータの復元作業の難易度が上がってしまうことがあります。保存しているデータが大事な場合や作業に悩んだ際には復元ソフトの使用を控えることも大事です。
③ソフトの使用が難しい症状やトラブル例
破損した・壊れた・折れ曲がってしまった・水没してしまったなど、物理的な障害が起きているUSBメモリは、パソコンに挿し込みができない状態や挿し込みができても認識できない等のトラブルが生じていることも多いため復元ソフト自体が使えないケースも多々あります。物理的な障害が発生している際にはあまり触らないことも大事なことです。

復元ソフト例

無料の復元ソフト 有料の復元ソフト
Recuva(無料アプリ),Disk DiggerRecoverit,Photo Rec,Mini Tool Photo Recovery Free, ZAR(Zero Assumption Recovery),Glary Undelete, EaseUS Data Recovery Wizard Free, Pandora Recovery, PC Inspector File Recovery, Recover Files, Restart Explorerなど Disk Drill,EaseUS Data Recovery Wizard,Recoverit有料版など

   

復元ソフトで対応可能なファイルシステム例

ファイルシステム APFS、Btrfs 、ext2、ext3、ext4、FAT、FAT32、exFAT、HFS 、JFS 、NTFS、NFS 、NTS+、 ReiserFS、UFS、UFS2、XFS、ZFS

復元ソフトで対応可能なデータ内容例

データ内容 ファイル形式

ドキュメント Microsoft Office (Word、Excel、PowerPoint)、電子メール、Adobe (PDF)、一太郎(jtd)、Docuworks、桐、東芝RUPO、NEC文豪、JDL文作、SHARP 書院、富士通OASYS、沖電気 芳文電子タイプライタ、東芝DYNABOOK EZなど
画像や写真 Adobe (Photoshop、Illustrator、InDesign、After Effects、Premiere Pro)
JPEG、JPG、GIF、PNG、TIFF、BMP、SVG、PSD、PSB、PDF、ai、aitRAW、CR2、NEFなど
デザイン Adobe (Photoshop、Illustrator、InDesign、After Effects、Premiere Pro)
JPEG、JPG、GIF、PNG、TIFF、BMP、SVG、PSD、PSB、PDF、ai、aitRAW、CR2、NEF、DWG、DXF、EPS、JWW、INDDなど
動画、映像、音楽 AVI、MP4、MP3、MOV、MPEG、MKV、WMV、FLV、ASF、WAV、AIFF、FLAC、AAC、WMAなど
その他 ZIP、DBX 、EML、PSTなど

USBメモリの復旧方法2

上記に記載したUSBメモリに生じる症状やトラブル例すべてに対応可能なのが復旧業者に相談する方法です。

①プロの復旧会社に依頼するメリット

認識しない・壊れた(基盤が壊れた)使えない・読み込めない・記録チップ・制御チップが破損した・破損・落下・端子が折れた・端子が壊れた・水没等、物理的な障害が起きているUSBメモリはもちろんのこと、
データが消えた・削除してしまった・エラーが表示された(フォーマットしますか?・ディスクを挿入してください・アクセスできませんなど)・誤ってフォーマットしてしまった・取り外しを失敗した・ファイル名が文字化けしている・BitLockerの暗号化がわからない・セキュリティ機能がついているUSBメモリが開かない・0バイトと表示される等、論理的な障害が起きているUSBメモリ、両方に対応が可能です。

↓Bitlockerの暗号化がかかっている・回復キーがわからない状態でお困りの方はこちらも参照ください

②プロの復旧会社に依頼するメリット

診断は無料のところを探しましょう。また、料金も復元ソフトの購入金額よりも安い業者もあります。データ復旧料金や技術面もホームページなどで確認しましょう。

③プロの復旧会社に依頼するメリット

専門知識と高い技術力によりソフトを使用するよりも確実にデータの救出が可能になることが多いものです。技術力はAI技術を持っているのかもチェックしましょう。大切なデータが無くならないように信頼のおける会社を選ぶ事も大切です。プロの復旧業者に相談した方がデータも無くならず費用も抑えられることも多いものです。

④プロの復旧会社に依頼するメリット

2020年11月に新しく発売されたUSBメモリの形をしたSSDなど、日々新しい製品が世の中に発表されています。新しい製品のデータ復元などはソフトに頼らずに復旧の専門会社に相談した方が知識面や技術面で困ることは少ないものです。

⑤復旧会社に依頼するデメリット

技術力が足りず欲しいデータが救出できないことや復元は可能でも費用が高額だった等、期待していた結果と違うことが起きる事もあります。業者選びは慎重に行いましょう。口コミなどを見ることも大事です。

USBの種類とメーカー修理

USBメモリには様々なタイプがあります。認識しないなどの不具合や故障が生じた際にメーカーや販売店に修理を出す方法もあります。メーカー修理や販売店の場合、機器は直っても中のデータは初期化されてしまったり(消えてしまったり)、まったく新しい製品への交換だったりとデータは保証されないことが多いため、予め確認しましょう。保存しているデータが大事なものであれば、先にデータの修復を優先しましょう。データ復旧会社の場合、修理と復元両方対応しているところもあるので相談することを検討してみましょう。

USBメモリの種類 詳細 メーカー
スタンダードタイプUSBメモリ スライド式・キャップ式・回転式・ノック式など SANDISK、HI-DISC、バッファロー、
キオクシア、SANKA、IODATA、
エレコム、サンワサプライ、SONY、
グリーンハウス、Silicon Power、トランセンド
ハギワラソリューションズ、キングストン、
Team、Corsair、レキサーメディア、
ADATA、ESSENCORE、プリンストン、
SUPER TALENT、PQI、Apricorn、
ADTEC、ロジテック、PhotoFast、
Leef Technology、リーダーメディアテクノ、
磁気研究所、PNY、三菱ケミカルメディア、
AREA、センチュリー、サムスン、
KINGMAX、IMATION
スマートフォンやタブレットタイプUSBメモリ Micro USB Type-B、Type-C、iPhoneのLightning端子を持っているものなど
セキュリティ機能付きタイプUSBメモリ 暗号化やウイルス対策機能が付いているタイプなど

自分でUSBメモリ復元を行う上での注意点

1.故障や破損したUSBメモリは使用を続けない
2.上書きやフォーマットを行わない

1.故障や破損したUSBメモリは使用を続けない

USBメモリは小型で接触部分や中身も繊細なものです。故障や破損が起きたUSBメモリは使用を続けないようにしましょう。データの読み込みや書き込みが突然できなくなることやデータの保存性に安心もできないものです。バックアップが取れればバックアップを取って、新たなデータは新しいUSBメモリに保存を行うなど別の機器へ保存することを考えましょう。

2. 上書きやフォーマットを行わない

USBメモリを挿し込んだ際、エラーが出ても慌てないようにしましょう。不具合が出ているUSBメモリの場合、「フォーマットしますか?」など、エラーが出ることがあります。フォーマット(初期化)作業を行うと記録媒体は工場出荷時の状態(中身が無い状態)になってしまいます。データが消えてしまうので、フォーマットは行わないように注意しましょう。不具合が起きているUSBメモリに書き込みや読み込みを繰り返す(上書き作業)こともおすすめできません。状態が悪化してしまうことがあるためです。

↓フォーマットしますか?と表示が出た時の解決方法はこちら

まとめ・それでも困った時は余計なことをせずに復旧会社へ

小型で使い方が簡単なUSBメモリは持ち運びがしやすい反面、衝撃が加わることも多く壊れやすいものです。万が一、使っているUSBメモリに不具合や故障などが生じた際や削除してしまった際には状態を悪化させないことが大事です。まずはプロのデータ復元会社に相談することから始めましょう。アドバンスドテクノロジーはAIデータ復旧技術を持っており、データの修復だけでなく修理についても相談ができるのでおすすめです。

アドバンスドテクノロジー今すぐ見積もり