データ復旧のアドバンスドテクノロジー

TeraStationが起動しない場合の対処方法を紹介

TeraStationが起動しない場合の対処方法を紹介

社内や家庭内で突然、共有フォルダに入れなくなった・TeraStationにアクセスができない・引っ越しの後、動かなくなったといったトラブルが発生してしまうことがあります。管理ソフトウェアから確認してみるとTeraStationが表示されていない・テラステーション本体を確認すると動いていない。計画停電の後にTeraStationが起動しないといった問題が生じる事も多いものです。ここでは、TeraStationが起動しない場合の原因や対処方法を紹介していきます。

TeraStationが起動できない・表示されていない場合には

TeraStationが表示されていない時・起動しない際には状態の確認から行いましょう。

  1. Nas Navigator2(管理ソフトウェア)を確認
  2. 管理画面にTeraStationが表示されているかを確認
  3. 管理画面にTeraStationが表示されていない場合は4へ
  4. 本体の電源が切れている・動作していないかを確認
  5. 本体を目視
  6. 電源ランプ・ERRORランプ・INFOランプの状態を確認

TeraStationが起動しない・表示されない原因とは


TeraStationが起動しない・表示されない時には発生原因を特定することが重要となります。しかしながら、原因がわからない事も多いものです。無理はせず、少しでも困った・悩んだ時にはプロのデータ復旧業者・修理会社に相談することを優先しましょう。

  1. 電源ランプが点灯していない場合には
  2. 電源ランプは点灯している・ERRORランプやINFOランプが点灯していない場合には
  3. ERRORランプやINFOランプが点灯している場合には
  4. エラーコード(E04)が出ている・NAS NavigatorでEMモードになっている
  5. 冷却ファンの不具合や故障
  6. RAIDコントローラカードの故障や破損
  7. RAID崩壊が起きている
  8. 内蔵されているHDDが壊れた・破損した
  9. 計画停電の後に立ち上がらない
  10. ブレーカーが落ちた後、立ち上がらない
  11. 引っ越しの後、動かない

1.電源ランプが点灯していない場合には


TeraStation本体の電源がOFFになっている可能性があります。電源ボタンを押して起動できるかを確認しましょう。起動ができたらしばらく待った後、パソコンやタブレットなどの端末からアクセスが可能か試してみましょう。電源が入っていてもアクセスができない場合には2や3に進んでください。

2.電源ランプは点灯している・ERRORランプやINFOランプが点灯していない場合には


電源ランプが点灯していてERRORランプやINFOランプが点灯していない際には本体は正常に動いている状態と言えます。この状況でデータにアクセスができない場合には設定やネットワーク上に問題が生じていることが推測されるものです。この状態の時に再起動や強制終了、電源ケーブルを抜くようなことは避けましょう。状態が悪化してしまいデータが無くなる危険性が高まります。

↓TeraStationなどのNASにアクセスできない状況でお困りの方はこちら

3.ERRORランプやINFOランプが点灯している場合には


ERRORランプは本体に異常が生じている時、INFOランプはフォーマットした際や設定を変更した時に点灯するものです。通常、ERRORランプもしくはINFOランプが点灯している際にはNas Navigator2(管理ソフトウェア)上で状況の確認が可能です。しかし、TeraStationが表示されなくなった場合には本体の状態確認も必要となります。確認が不十分な状況で強制終了・再起動・電源ケーブルを抜くことは避けましょう。データが無くなってしまう危険性が高まります。

4.エラーコード(E04)が出ている・NAS NavigatorでEMモードになっている


NASに搭載されているOSに問題が生じてしまうとトラブル発生に繋がります。エラーコードE04やNAS NavigatorでEMモードと表示されている場合にはファームウェアのアップデートが必要になります。
・その他のエラーメッセージ例

エラーのメッセージ エラーの内容
Boot FAIL 起動に失敗したことを示すエラー
Post error 040 HDDが破損してしまっている可能性を示すエラー

エラーが表示された時には重大な問題が起きていることも多いものです。また、ファームウェアのアップデートを行うことで状態が悪化してしまう事もありえる為、エラーが表示された時には作業を進める前にプロのデータ復旧業者・修理会社に相談することを優先しましょう。無闇に作業を進めてしまうことで復旧が難しくなる・保存しているデータが消えてしまう事にも繋がってしまいます。

5.冷却ファンの不具合や故障

長い間使っている・ホコリっぽい所に設置している場合、塵やホコリが詰まってしまって冷却ファンが回っていない・壊れてしまっていることによってトラブルが起きてしまうこともありえます。

6.RAIDコントローラカードの故障や破損

NAS機器内でRAIDコントローラはRAID機能の構成・制御・運用を行っている部品です。RAIDコントローラが壊れてしまうとトラブル発生に繋がります。

7.RAID崩壊が起きている

管理ソフトウェア上でRAID崩壊モードになっている・液晶ディスプレイにRAID Errorと表示されるなどRAID崩壊が起きた場合にもNASが起動しない状況が起こりえます。

8.内蔵されているHDDが壊れた・破損した


外側(筐体)の故障ではなく、内蔵のHDDが壊れたことによって起動ができない場合も考えられるものです。

9.計画停電の後に立ち上がらない


会社で計画停電が予定されている時には停電の前にTeraStationなどの電源をOFFにして停電が解除された後に電源をONにするかと思います。実はこの計画停電の後にTeraStationが起動しない状況になることが多く、停電後に機器に不具合が出た際にはその段階で復旧・修理業者に連絡することを優先しましょう。なぜなら、停電によって発生している障害原因は特定することが難しいことが多く、無闇に作業を進めることでデータが失われてしまう・消えてしまうリスクが高まってしまうためです。早い段階でプロに相談することで業務への支障を最小限にする・料金を抑えることも可能となるものです。

↓停電の後、TeraStaionなどのNASに繋がらない時の解決方法はこちら

10.ブレーカーが落ちた後、立ち上がらない


落雷の影響やオフィスビル等の点検・工事でブレーカーが落ちたことが原因でTeraStationが壊れてしまうこともありえます。急に電源が切れることによって筐体やHDDなどに損傷を与えてしまい、立ち上がらなくなることも多いものです。急に電源が切れた・ブレーカーが落ちた後に不具合が出ている時には無闇に触るのを止めましょう。状態が悪化してしまいます。工事でブレーカーが落ちて不具合が発生した時には工事業者さんが復旧料金を負担したケースもあります。

11.引っ越しの後、動かない


引っ越し前には正常に動作していた機器が引っ越し後に不具合を起こしてしまう事も多いものです。引っ越し後にTeraStationが動かない・起動しない時にはプロの復旧・修理業者に相談することを優先しましょう。論理的な障害ではなく物理的な障害が起きてしまっている事も多く、通電を続ける・電源の入り切りや再起動を繰り返すことで復旧が難しい状況となるまで悪化してしまうケースもありえる為です。

TeraStationが起動しない場合の対処方法

電源ボタンを押してもTeraStationが起動しない場合にはNASに何かしらの異常が生じてしまっていることが推測されるものです。できることから進めていきましょう。無理は禁物です。少しでも悩んだり困ったりした時には手を止めてプロの復旧・修理業者に連絡することを優先しましょう。

  1. 電源ケーブルのチェック
  2. 電源タップのチェック
  3. 設定の初期化
  4. UPS(無停電電源装置)のチェック
  5. ファームウェアのアップデート
  6. 冷却ファンなどを掃除してみる
  7. 1から6を試しても改善されない場合や少しでも悩んだ時には

1.電源ケーブルのチェック

TeraStationが起動しない際、よく見てみると電源ケーブルが抜けていた・緩んでいたことが原因であることも意外に多いものです。本体のプラグや電源ケーブルを挿しているコンセントを確認して抜けていないか・緩んでいないかをチェックしましょう。万が一、抜けかけている・緩んでいる時には挿し直しが必要です。プラグやケーブルを挿し直しても解決しない場合には電源ケーブルがショートしていたり断線していたりすることも推測されます。互換性のある代わりの電源ケーブルをお持ちの方はケーブルを交換してみることも改善策の一つです。しかしながら、違うケーブルや互換性のないケーブルを挿してしまうことで復旧が難しくなるまで壊れてしまうこともありえます。無理に進めずに困った際には先に専門の復旧・修理業者に相談してから進めましょう。

2.電源タップのチェック


電源タップを使って電力の配給を行っている場合、たこ足配線やプラグの緩み等が原因で電力不足が起きるとNASが起動できない状況になる事があります。TeraStationは外付けのハードディスクやポータブルSSDなどの記録媒体やLinkStationなどの機器と比べて多くの電力が必要となります。電力不足が生じていないかもチェックしましょう。
①コンセントに電源タップのプラグがきちんと刺さっているかどうかを確認
②プラグが抜けかけている・緩んでいるように見えたらしっかり挿し直す
③電源プラグを挿す電源タップの差込口を変えてみる(接点の不良の解消の為)
④たこ足配線になっている電源タップを使っている際には他の機器のプラグを外して解決できるかを試す
※この方法で問題が解決された時にはたこ足配線を止めましょう。
⑤①~④を試してもトラブルが解消されない場合には電力を直接コンセントから取るように繋ぎましょう。直接コンセントから通電させて解決できた場合には電源タップの故障や断線などが起きていることが推測されるものです。電源タップの交換を検討しましょう。

3.設定の初期化

TeraStationが起動しない時にネットワークの設定を初期化することでトラブルが解決できることがあります。
ネットワーク設定の初期化方法は2通りです。①初期化ボタンを押す方法、もしくは②USBドライブを使う方法(あらかじめ作成が必要)によって初期化が可能となります。取扱説明書も読みながらネットワーク設定の初期化を行い、状況が改善されるかを試しましょう。※初期化を行う前に管理者のユーザー名とパスワードも確認しておきましょう。

4.UPS(無停電電源装置)のチェック


TeraStationをUPS(無停電電源装置)に接続している場合にはUPSに問題が生じたことによって起動しない状況が起きている事も推測されるものです。UPSを使っている方はメーカーのサポートサイトの取扱説明書も読んでみましょう。UPSが正常に動いていない時には繋げている機器にも問題が生じてしまいます。UPSに原因があるかどうかが不明な場合にはUPSに繋がず、TeraStationを直接コンセントに繋いで起動ができるかを試しましょう。解決できた場合にはトラブルの原因がUPSにあることが分かります。

5.ファームウェアのアップデート

TeraStationが起動しない場合には本体故障の他にOSの故障が原因であることも考えられるものです。HDDや内部部品が壊れていない際にはファームウェアのアップデートを行う事によって問題解決が見込めます。しかし、ファームウェアのアップデートを実施したことによって状態がかえって悪化してしまうケースもあるため注意が必要です。悩んだ際にはアップデートを行う前にプロの復旧業者に相談してから進めましょう。

6.冷却ファンなどを掃除してみる

3年を超えて掃除をしていない・使い始めてから数年経っている場合にはファン部分の掃除してみましょう。冷却ファンの不具合によって熱がこもってしまいNASの不具合が生じてしまっていることもありえます。経年劣化によって故障していることもあるためファンが回っていないようであれば早めに修理に出すことを検討しましょう。NASが高温になってしまった結果、本体が故障してしまうことも多いものです。

7.1から6を試しても改善されない場合や少しでも悩んだ時には

ここまでの対処方法を試しても問題が解決しない場合には本体が故障してしまっている・基板やHDDなど内部部品が壊れてしまっていることが推測されます。保存しているデータを失いたくない・大事なものの場合にはプロのデータ復旧・修理会社に相談することを優先しましょう。

↓TeraStationからデータを復旧したい方・対処に悩んだ方はこちらも参照ください。AT公式ページにて復旧のプロが詳しく解説しています。相談も無料です。

起動しないTeraStationからデータを取り出したい場合は

TeraStationに内蔵されているHDDから直接データを取り出したい・復旧したいと考えるかもしれません。しかしながら、HDDを単体でパソコンに接続しても中のデータにはアクセスはできません。なぜならNASに内蔵されているHDDはファイル形式・フォーマット形式が違うためです。直接繋ぐことで状態の悪化やデータ自体の破損にも繋がってしまうため、データを取り出したい方は作業を進める前にプロの復旧業者に相談することを優先しましょう。

まとめ・起動しなくて困った時には

TeraStationが起動しない時に原因がわからない場合や試せることを行ってみても問題が解決されない際にはプロの復旧・修理業者に相談することを優先しましょう。よくわからないまま作業を進めることは危険な行為です。特に保存しているデータが大事なもの・無くしたくないものの場合にはプロに任せることを考えましょう。データが失われるリスクを回避でき、不安もすぐに解消されるものです。データ復旧業者や修理会社を探す時に悩んだ時にはAI技術や独自技術を持っているかもチェックしましょう。間違いがありません。アドバンスドテクノロジーはAI技術や独自技術を持っておりTeraStationの故障やトラブルに多くの実績があります。料金を抑えたい方はまずは無料相談から始めてはいかがでしょうか

アドバンスドテクノロジー今すぐ見積もり