データ復旧が恥ずかしい場合は「AIデータチェックプラン」がおすすめ

データ復旧が恥ずかしい場合は「AIデータチェックプラン」がおすすめ

HDDやSSD、NAS、パソコンなどには様々なデータを保存しているかと思います。外付けHDDが認識しない・パソコンが起動しない・NASにエラーメッセージが表示される等、使用ができなくなった場合には慌ててしまうことも多いものです。データを保存している記録メディアにトラブルが発生した場合にデータを復旧したい・取り出したいと考えた時には恥ずかしい・データを見られたくないと思う方もいるのではないでしょうか。ここでは、データ復旧を行いたいものの、恥ずかしい・データを見られたくないと思った時の選択肢や復旧方法を紹介していきます。

HDDやNASからデータ復旧を行いたい場合に業者に出すと中身は見られるのか?


外付けHDDやSSD、NASやパソコンなどが故障・不具合が生じた時にデータ復旧を行いたいと考えた場合には専門業者に相談する方法が挙げられます。しかしながら、「データを復旧したいが、恥ずかしい」「見られたくないデータが入っている」「復旧や修理作業の際に中身は見られるのか」等、不安になってしまうかもしれません。ここでは、データ復旧業者や修理会社を利用した場合にデータは見られるのかについて解説していきます。

  1. データ復旧業者によってはファイルリストを作る為にデータを確認している
  2. データ復旧業者で復旧作業を行う流れ
  3. 修理会社に依頼した場合にはデータは消去される
  4. データを見られたくない方はAIデータチェックプランがおすすめ

1.データ復旧業者によってはファイルリストを作る為にデータを確認している
ほとんどのデータ復旧業者では人が手動で復旧作業を行っているため、外付けHDDが認識しない・パソコンやMacが起動しない・NASのデータにアクセスができなくなった等の不具合が出た際に復旧依頼を行うと復旧可能なデータの一覧をファイルリストとして出す際にデータが見られてしまう事があります。また、復旧作業の後、実際にファイルが開くかどうかについてもスタッフや従業員が手動で確認を行う為、復旧業者の一部の人間にはデータの内容を見られてしまうこともありえるものです。機器に保存しているデータが見られたくない・恥ずかしいと思った時にはここが気になるのではないでしょうか。
2.データ復旧業者で復旧作業を行う流れ

外付けHDDやSSDが壊れた・パソコンが水没した・停電や落雷の後、NASに接続できない等の不具合が出た際に機器に保存しているデータを復旧するには症状が発生した原因・機器に生じた障害の種類(物理障害・論理障害)と程度(軽度・中度・重度)・損傷箇所の特定を行った上で適切な対応が必須となるものです。データが保存されている記録メディア(HDDやSSD、NAS、パソコン、USBメモリ、SDカードなど)に生じる障害は大きく分けて物理障害と論理障害に分けられますが、障害の内容ごとに復旧・修理作業は異なるものです。
・物理障害とは
物理障害とは、外付けHDDやSSD・NAS・パソコン・USBメモリ・SDカード等の記録メディアに物理的な損傷や故障が生じたことによって引き起こされる障害の事を指します。記録メディアは様々な部品で構成されており、経年劣化や過流電・停電や落雷・豪雨・地震・大雪・暴風など自然災害の影響などでも障害が生じることもあります。また、落下や転倒、配置換えや引っ越しの後に機器に障害や振動が加わった際には物理障害が発生していることがほとんどで慎重な対応が求められるものです。外付けHDDやSSD、USBメモリやSDカードが認識しない・NASが起動しない・共有フォルダにアクセスができない・電源が入らない・カチカチ、カタカタなど異音がする・動作音が聞こえない・「フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」「初期化されていません」「データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)です。」等のエラーメッセージが表示されて機器が使えない等の症状が出た際には物理障害が発生している事がほとんどです。記録メディアに物理障害が発生している場合にはデータ復旧・解析作業を行う前にまずは機器が動作できるように戻す修理作業を行う必要が出てきます。その際にはクリーンルームなどの専用環境下で高度な技術力と専門知識を持った技術員が互換性のある部品の交換、調整を行って初めて修理が可能となるものです。人間の手術を専門の医師が手術室で行うのと同じイメージです。物理障害が発生している場合には記録メディア自体を物理的に修理、直した上でメディアに記録されている生データであるバイナリデータの取り出し、救出を行う必要があります。バイナリデータとは、JPGやExcelのような開けるデータではない文字の羅列のデータとなります。この時点ではデータの確認や中身を見るといった事は行われません。機器が動作できるようになってから取り出したデータの解析作業やシステム構造の分析を行う際もデータはバイナリデータと呼ばれる0と1のみで表されるため、人には理解できない・どんなデータ内容であるかを認識できるものではありません。文字の羅列のバイナリデータを専用の解析プログラムを使用して人間が読めるデータに復元することでフォルダやファイルなどのデータとして復旧されます。人間が理解できるファイルリストの作成やデータが開くかどうかの確認作業についてはAIデータチェック技術を持っている会社で修理・復旧作業を行えば中身を見られることはありません。

↓外付けHDDが認識しない状態でお困りの方はこちらも参照ください。

・論理障害とは
論理障害とは、外付けHDDやSSD、NASやパソコンなど機器本体には問題が無い・故障していない状態であってもファイルシステムの破損やデータの上書き・誤削除・誤フォーマットなどのヒューマンエラーやプログラム上に問題が発生した・ウィルスに感染したことによって引き起こされる障害のことを指します。記録メディアに論理障害が発生した際には機器は動作可能・認識できる状態であることが多く、障害発生に気付きにくい点も特徴として挙げられます。記録メディアに論理障害が発生した際にデータ復旧が必要になった場合には深い専門知識や経験値、判断力を持った上で高度な解析作業やシステム構造の分析を行う必要が出てきます。記録メディアに論理障害が生じた場合にはメディアに記録されている生データであるバイナリデータのデータの並びから削除されたデータなどの該当するデータを専用の解析プログラムを使用して調査する作業が必要となります。解析作業の結果、検出されたデータは、恥ずかしいファイル名や見られたくない写真や動画データなども確認できるようになるものです。ファイル名やフォルダ名・中身を他人に見られたくない場合には解析プログラムを使う段階から人の手からAIを使った作業に移行することで、はずかしいデータや他人に見られたくないファイルやフォルダを人に見られずにデータの復旧ができる他、その後の作業であるファイルリストを作成する・実際にファイルやフォルダが開くかどうかも手動では無く、引き続きAIが行うため、AIデータチェックができるデータ復旧業者を選択すればデータの中身に全く触れず復旧・修理作業が可能となるものです。データの中身を見られたくない・ファイルやフォルダ名も人に見られずに自分だけで確認したいと思った時にはAIデータチェックができる復旧業者を選ぶ事で早期の問題の解決に加え、不安が取り除けることに繋がります。

・物理障害でも論理障害でも機器に保存しているデータを見られたくない場合には
外付けHDDやNAS、パソコンなど不具合が出た場合には障害の種類(論理や物理)・障害の程度(軽度・中度・重度)・損傷箇所の特定などを的確に判断した上で適切な修理・復旧対応を行う必要がありますが、個人で判別、対処することは難しく、安易に操作や作業を進めてしまうと取り返しのつかない状況に陥ってしまう事も多く起こりえるものです。専門のデータ復旧業者に相談した場合には高度な技術力や深い専門知識を持って復旧・修理作業が行われるため、早く安く確実にデータの復旧が可能となります。復旧・修理作業時に保存しているデータをどうしても見られたくない・恥ずかしいファイルや写真・動画などが入っている場合にはAIデータチェック技術を持っている復旧業者の無料相談を利用することを検討してみてはいかがでしょうか。

問い合わせ

3.修理会社に依頼した場合にはデータは消去される
外付けHDDやUSBメモリ、SDカードが使えない・パソコンやNASが壊れた時には機器をメーカーや修理業者に出す選択肢も挙げられます。しかしながら、修理とは不具合や障害が発生した機器本体や部品に対して修理・部品交換作業を行うことで再び使えるように戻す事を目的にしているものです。メーカーや修理業者に機器の修理を依頼した場合には保存されているデータは初期化される、もしくはデータが何も入っていない部品・ディスクに交換される対応となるため、データは消えた状態で手元に戻ってくることになります。また、メーカー修理に出した場合には修理に要する時間が長く、数週間から数か月単位で機器が戻ってこないことも多いことも注意点として挙げられます。記録メディアに何かしらトラブルが生じた際にデータの取り出しよりも機器が動作できるように戻したい・修理したいと考えた方はメーカーや修理業者へ、保存していたデータの救出、復旧を優先したい方はデータ復旧業者に相談することを優先した方が良いものです。
4.データを見られたくない方はAIデータチェックプランがおすすめ
記録メディアが認識しない・起動しない・アクセスができないといった不具合や症状が出た際にAIデータチェック技術を持っている復旧業者では、物理的な故障や論理的な損傷を直した後のデータの確認やファイルリストの作成、ファイルや画像、動画が開けるかなどを含めて全てAIが作業を進めるため、人が見ない・プライバシーが保たれた復旧・修理作業が可能となるものです。誰の目にも触れずにデータを復旧したい・安全にデータを取り戻したい場合にはAIデータチェックプランを利用することを検討してみましょう。

見られたくないデータを復旧したい場合の選択肢は


データは大事だけども見られたくない・恥ずかしいと思った時に選択できる復旧方法を紹介します。

  1. データ復旧ソフトを利用する方法
  2. AIデータチェックプランを利用する方法

1.データ復旧ソフトを利用する方法
下記は記録メディアに症状が出た時に自分で試せるデータ復旧・復元方法です。

  1. 自分が使っている記録メディア・OSに適した復旧ソフトを探す
  2. 復旧ソフトをPCにインストールする
  3. 記録メディアをPCに繋ぐ
  4. 復旧ソフトの画面に従って操作を進める
  5. 復旧したいデータを選びボタンを押す
  6. 作業完了

・データ復旧ソフトを使って自分で復旧作業を進めるメリット例

  1. 復旧ソフト自体は自分で簡単に試すことができる
  2. 復旧ソフトを使うことで記録メディアから自分でデータを取り出せる事もある

・データ復旧ソフト使って自分で復旧作業を進めるデメリット例

  1. 記録メディアに物理障害が生じている時にはそもそもデータ復旧用のソフトは使えない
  2. 物理障害が生じている時にソフトをダウンロードしたりソフトの機能でスキャンしたりすることで記録メディアに負荷がかかり、状態が重篤化してしまう事が多い
  3. 復旧ソフトを使うことでエラーの修復ができないばかりかデータの上書きが進んでしまう事も多く起こりえる
  4. 復旧ソフトを使った結果、かえってデータの復旧が難しくなるケースも多い
  5. 機器が壊れかけている時に復旧ソフトを使うと完全に故障してしまう
  6. 復旧ソフトを利用しても欲しいファイルやフォルダの修復が限定的だったり、復旧されたデータが一部だけだったり、ファイル名などが文字化けしてしまったりすることも多く起こりえる

データ復旧ソフトを使って自分で復旧作業を行う方法はデメリットが多く目立つものです。データ復旧ソフトでデータの修復・救出が可能になる条件は軽度の論理障害が発生している場合に限定されることも認識しておく必要があります。また、安易に復旧ソフトの機能を使ってしまうとデータの上書きが進むことや状態が重篤化することも多く起こりえるものです。失敗しても良い・データが無くなっても良い方以外は試さない方が良い方法の1つとなります。
2.AIデータチェックプランを利用する方法
外付けHDDやSSDが認識しない・パソコンが起動しなくなった・MacBookが水没した・NASにアクセスできない・停電の後、NASが動かない等、データを保存している機器が突然、使えなくなってしまうと慌ててしまうことも多いものです。データを復旧したいけれども業者に出すのが恥ずかしい・他の人に見られたくない・他人に触れたくないと思った時にはAIデータチェックプランを利用する方法を利用することを検討してはいかがでしょうか。ほとんどの復旧業者では人力でデータの確認やファイルリストの作成作業を行うため、どうしても保存しているデータを見られるかもしれない・恥ずかしいと思って、依頼することを躊躇してしまうかもしれません。人に見られずにデータを取り戻したい・どうにかできないかと考えた場合にはAIデータチェックプランを利用する方法を選択すればAIがデータの確認やファイルリストの作成など、人が認識できる情報になってからの作業
を行うため人の目に触れずに安心してデータの復旧・取り出しが可能となります。データ復旧業者は数多く存在していますが、復旧業者ごとのサービス内容や技術力には大きな差もあり、どこの復旧会社に出しても同じように復旧ができるわけでは無いため注意しましょう。万が一、技術力の低い復旧会社に依頼してしまうとデータの復旧ができないばかりか状態が悪化された上で機器が返却されてくることも起こりえるものです。また、AIデータチェック技術を持った会社はほとんどありません。早く安く確実に復旧したい場合には独自技術やAI技術など高度な技術力を持った会社を選ぶ事に加え、データを見られずに復旧したい場合にはAIデータチェック技術を持った会社を選択することが問題解決への近道となります。

↓パソコンが起動しない状態でお困りの方はこちらの対処法もお試しください。

↓MacBookが水没してお困りの方はこちらを参照ください。

AIデータチェックプランとは

AIデータチェックプランとはメディアに記録されている生データであるバイナリデータ(文字の羅列のデータ)を取り出した後の解析・調査作業、データの確認、ファイルリストの作成、ファイルやフォルダが開くかどうか等、データ復旧・修理作業を行う上で人間の目で見て写真や動画データなど中身を認識できる・ファイル名フォルダ名がわかる状態になってからの作業をAIが一括して行う当社の独自技術の1つです。従来のデータ復旧技術・対応では、バイナリデータを取り出し後の解析・調査作業、データの確認、ファイルリストの作成、復元されたファイルやフォルダの中のデータが正常に見ることのできる状態か、症状や障害が発生する前と同じように使えるように戻っているか等の確認を人が手動で行うため、見られたくない・恥ずかしいデータが他人の目に入ってしまう可能性がありました。アドバンスデータ復旧のAIデータチェックプランを選択すれば、人が内容を認識できる段階からの復旧・解析・確認作業をAIが行う為、他人に見られる心配が無く、安心安全にデータの取り出しができるものです。

・AIデータチェックプランをご希望いただいた時のデータ復旧の流れ
お客様は復旧したい機器を郵送またはお持ち込み頂くだけです。無料の電話相談・メール相談時、もしくは機器の送付・お持込時にAIデータチェックプランをご希望の場合はお申しつけください。他人に見られる事の無いデータ復旧・修理対応にて承ります。外付けHDDが認識しない・落とした・間違ってデータを消した・パソコンが壊れた・NASにアクセスができない・エラーメッセージが表示されて記録メディアが使えない等、様々なトラブルに対応をしています。まずは無料相談・無料見積もりをご利用ください。

AIデータチェックができる業者とできない業者の違い

作業内容例 AIデータチェック技術有り AIデータチェック技術無し
バイナリデータを取り出した後の解析・調査作業 AI・機械が行うため人の目に触れることはありません データ復旧業者の技術員が行う
データの確認 AI・機械が行うため人の目に触れることはありません データ復旧業者のスタッフ・従業員が行う
ファイルリストの作成 AI・機械が行うため人の目に触れることはありません データ復旧業者のスタッフ・従業員が行う
ファイルが開くかどうかの確認 AI・機械が行うため人の目に触れることはありません データ復旧業者のスタッフ・従業員が行う

※AIデータチェック技術を使った場合には人がデータを見ることはありません。しかしながら、AIデータチェック技術が無い会社の場合にはファイルリストの作成やファイルが開くかどうかの確認などを人が手動で1つ1つ行う為、他人に見られてしまうリスクが生じるものです。プライバシーが保たれたデータ復旧作業を希望される場合にはAIデータチェックができる業者を選ぶ事が重要となります。

見られたくない・恥ずかしいデータ例

  1. エロ画像や動画・AV・同人誌データ・BL画像や動画、漫画・18禁ゲームのデータ・手紙・ラブレター・日記・ポエム・個別オンラインミーティング等を録画や録音したもの・アイドルとの2ショット写真や動画・推しの配信動画や写真データ・ファンクラブ限定の動画やメッセージ、文章をスクリーンショットで撮ったもの・コスプレ写真・女装写真や動画・恋人同士のやり取り・裁判資料(DV画像や動画・不倫動画やメール・LINEデータ)など

外付けHDDやNAS等が使えなくなった際には、データ復旧業者では電話やメールにて無料の復旧相談を受けますが、上記のようなデータが入っているから恥ずかしくて困っている・データを見られたくないといった事をお聞きすることも多いものです。アドバンスデータ復旧では、保存されているデータの内容に干渉する事はそもそもありませんが、AIデータチェックプランを利用する方法を選択すれば、人の目に触れずにAIがファイルリストの作成やデータの確認を行うため、より安心してデータの救出が可能となります。データは取り出したいけれども恥ずかしい・人に見られたくない等で悩んでいる方はAIデータチェックプランの利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

問い合わせ

データ復旧を希望する際にやってはいけないこと

外付けHDDやNAS、パソコンなどから早く安くデータを復旧したい時には下記のような事を行わない様にしましょう。

  1. 通電し続ける
  2. 電源の入り切りや再起動を繰り返す
  3. NASやパソコンからHDDやSSDを取り出して他のPCに繋ぐ
  4. 分解や開封を行う
  5. 復旧ソフトを試す
  6. リカバリや初期化を行う

1.通電し続ける
外付けHDDが認識しない・共有フォルダにアクセスができない・パソコンが起動しないなど記録メディアが通常通りに使えなくなった場合には機器の電源を切ることが最重要となります。電源ケーブルやUSBケーブルが刺さったまま・通電し続けるだけでもデータが保存されているディスクに大きな負荷がかかる・データの上書きや損傷具合が進むなど、状態が重篤化してしまうことも多く起こりえるものです。

↓共有フォルダにアクセスができなくなった時にはこちらも参照ください。

2.電源の入り切りや再起動を繰り返す
外付けHDDが読み込まない・NASにアクセスができない・ノートパソコンが水没した等、何かしらトラブルが生じた時には電源の入り切りや再起動など、簡単にできる方法を試してしまいがちですが、データ消失に繋がる危険な行為であることも認識しておきましょう。電源の入り切りや再起動を行うたびにデータが保存されているディスクが動作してしまいます。その際にデータが記録されているプラッタと呼ばれる円盤状の部品に傷や溝が生じてしまうと元には戻りません。機器を使えるように戻したいはずが、電源の入り切りや再起動を繰り返すだけでデータ復旧・修理作業の難易度を上げるばかりか取り返しのつかない状況に陥ってしまう事も多く起こりえるものです。早く安く確実にデータを取り出したいと思った時には電源の入り切りや再起動は繰り返さない様に注意しましょう。1回だけでも致命傷を与えてしまうこともあるため、心配な方はいつものように機器が使えなくなった時点で早めにプロのデータ復旧業者の無料相談だけでも進めておくと後悔せずに済みます。

↓パソコンが水没してお困りの方はこちら

3.NASやパソコンからHDDやSSDを取り出して他のPCに繋ぐ

NASは複数のHDDを使ってRAIDを構築しているものです。そのため、NASからHDDを取り出して外付けHDDのように直接パソコンに接続しても中のデータを確認することやファイルやフォルダの中身を見たりすることはできないものです。そればかりか状態が悪化したり、データが上書きされたりと後悔する結果に繋がりかねません。また、パソコンに内蔵されているHDDやSSDを取り出して他のパソコンに接続することも状態を重篤しかねない危険な行為であることを認識しておく必要があります。内蔵HDDが認識しない、読み込めなくなった時点で機器に物理障害が発生していることがほとんどで、別のパソコンに繋ぐ行為が電源の入り切りや再起動と同様にディスクに致命傷を与えてしまうことも多く起こりえるものです。早く安く確実にデータを復旧したい方は安易に試さないように注意しましょう。

4.分解や開封を行う

外付けHDDやNAS、パソコンなど記録メディアが使えなくなった際には分解や開封を行って不具合が生じた原因
を自分で究明したいと考えてしまうかもしれません。しかしながら、HDDやNAS、パソコンなどの精密機器の分解や開封作業は家庭内や普通のオフィス環境下で進めてはいけないものです。特にHDDはほんの少しの塵やホコリが付着するだけでも状態が重篤化してしまうこともありえます。人間の手術を専用の手術室で行うのと同じで精密機器の分解や開封は専用のクリーンルームなど整った環境下で行う必要があるものです。万が一、設備の無い普通の部屋で精密機器の分解や開封を行ってしまうとそれだけで取り返しのつかない状況に陥ってしまう事も起こりえます。
5.復旧ソフトを試す
エラーメッセージが表示されて記録メディアが使えない・データを間違って消してしまった・機器が認識しない等のトラブルが起きている時に自分でどうにかしようと復旧ソフトをダウンロードしたりスキャン機能を使ってみたりすることは避けた方が良いものです。復旧ソフトで修復が可能となるのは機器に軽度の論理障害が発生している場合に限られます。中度以上の論理障害や物理障害が生じていた場合に復旧ソフトを使ってしまうとデータが上書きされる・状態が重篤化する・修理、データ復旧作業の難易度を上げてしまう等、後悔する結果に繋がることが多いものです。障害の程度(軽度・中度・重度)や障害の種類(論理や物理)を個人で判別することは難しく、どうしても復旧ソフトを使った復旧方法を試したいと思った時には試す前にプロのデータ復旧業者の無料相談を利用することを検討しましょう。
6.リカバリや初期化を行う
パソコン内のデータが不要で使えるように戻したい場合にはリカバリや初期化する方法もありますが、リカバリや初期化を行ってしまうと保存されているデータは全て物理的に消去されてしまいます。また、リカバリや初期化を行ったとしてもパソコンが動作可能な状態に戻らないことも多いため、注意が必要です。万が一、誤ってリカバリ作業を進めてしまった際にはその場で電源を切ることを優先しましょう。また、間違って初期化してしまった後にデータが必要だと思い出した場合には機器の電源を入れたり新しくデータを保存したりしてはいけません。どんどんデータが上書きされてしまい復旧・修理作業の難易度だけが上がってしまいます。

まとめ・万が一、困った時には

外付けHDDやSSD・NAS・パソコン・USBメモリやSDカードなどの記録メディアには様々なデータを保存して日々、使用しているかと思います。しかしながら、記録メディアは消耗品の1つでもあり、ある日突然、認識しなくなったり起動しなくなったりと動作ができなくなってしまう事が多いものです。そんな時に記録メディアに保存しているデータを復旧したいけれども中身を見られたくない・恥ずかしいと思った時にはAIデータチェック技術を持ったデータ復旧業者を選ぶことで不安や悩みが解消された上で安全にデータの取り出しが可能となります。アドバンスデータ復旧はAIデータチェック技術を用いて、プライバシーが保たれたデータ復旧を可能としている復旧業者です。独自技術など、高度な技術力を持って復旧・修理作業を行うことから早い対応と費用を抑えたデータ復旧サービスも提供しています。様々な記録媒体に対して多くの実績もあり安心です。

HDDカテゴリの最新記事

アドバンスデータ復旧
/* Schema.org追加 */