アドバンスデータ復旧

データ消失を最小限にする方法

ハードディスクのファイルが読めなくなった場合など、その時点ではまだファイルの内容はディスク内に残っています。
しかし、ファイルを開くために試行錯誤することで、データを取り戻すことがより困難になることがあります。
データ復旧は、パソコンの知識とは別に専門知識・技術が必要な難しい作業です。

データ復旧達成率を下げる「ワースト3」

1

リブートや電源の入り切りを何度も繰り返す

電源のON/OFFを繰り返すほど障害を進行させます

ディスク上の同じ箇所にヘッドが移動して、浅い傷が深くなる可能性は大きいと言えます。電源のON/OFFを繰り返して元の健康な状態になることはありません。軽度の障害を重くするだけの行為なので絶対にしないでください。深いキズがつくなど、重度障害(磁性体が剥離するなど)になるとデータが完全に破壊されてしまうことがあります。

2

復旧ツール、復旧ソフトの使用

障害が重い場合は、却ってデータ復旧を困難にさせることがあります

一般的にパソコンに詳しいとされる方でも、データ復旧の専門知識が無ければ障害の程度は判断できません。障害が重い場合は、ツールによるアクセスだけでもディスク内のデータが変化し、却って復旧を困難にさせます。ツールやソフトでは障害内容の詳細な診断はできません。データを取り戻すためには、迷わず専門のエンジニアに診断と復旧を任せましょう。

スキャンディスク(Win98系)、チェックディスク(WinNT系)、市販のソフトなどは軽度の論理障害にのみ効果があります。障害の程度が分からない状態でHDDにアクセスすることはデータ復旧率を下げることにも繋がります。

障害発生後の対処方法はこちら
3

費用のみで復旧業者を選ぶ

低価格のみを売りにしたサービスは、復旧技術も専門の設備もない業者がほとんどです

データ復旧には、専門の知識や技術、設備が必要不可欠です。低価格のみを売りにしたサービスは、復旧技術や専門の設備がない業者の客寄せに過ぎないことも、残念ながら事実です。その多くは障害の診断が正確にはできていません。例えば、いきなり電源を投入し「モーターが回るか回らない」または「BIOSで認識しない」など、専門家ではない人でも行える方法で物理障害か論理障害の判断をしています。ですが、実際にはメディアの記憶障害には程度があり、障害の状態によって適切な復旧方法があります。その障害の程度を把握しないまま、いきなり市販の復旧ツールを使う業者もいるため注意が必要です。

このような業者に貴重なデータを預け、その後弊社に持ち込まれるケースが後を絶ちません。技術力があるか否かの見分けは難しいかもしれません。過去の実績技術の解説などを参考に、きちんと見分けることが重要です。スキルが低く設備の少ないところに貴重な財産とも言えるデータを渡すことは、とても危険な選択と言えるのではないでしょうか。

データ復旧会社を見極める方法はこちら
まずは、いますぐ無料相談

アドバンスデータ復旧は、公共機関などの大規模ファイルサーバーの「消えてはならない重要データ」の復旧を多数手がけ、復旧技術には高い評価をいただいております。貴重なデータの復旧には、「お客様にとって真のサービスとは何か」を常に考え行動する弊社の復旧サービスをご活用ください。

0120-189-942

受付時間 24時間 (年中無休)

データを守るためには

記憶メディアは消耗品

いかに高価で高品質の記憶メディアが存在したとしても、それが「物」である限り、いつかは壊れてしまいます。現在普及しているハードディスクなどの記憶メディアも例外は一つもありません。中には十年以上故障も劣化もしないものもありますが、使用頻度、使用環境によって経年変化の度合いが変化します。サーバー管理者でなくとも、”数年先には必ず故障する”という認識を持つことが必要です。データを守るには、バックアップを定期的に行うことがデータ消失に対する最上の手段となります。

※重要なデータは社の内外に置き、分散保管を実行しているといった例もございます。この方法は政府機関でも実施されており、最も安全な保管方法とされています。ただし、十分なセキュリティー管理体制が整っていなければ逆にデータ漏洩の危険にさらされることになります。

ミラーリングやRAID-5アレイでも 100%の安全はない

ハード的な障害に強いとされているミラーリングやRAID-5アレイを導入していても、100%の安全というものは保障されません。データ消失が起きる確率が低いというだけのものです。

特にRAID-5アレイを導入した場合、データ障害に強いという気持ちから日頃のメンテナンスが疎かになる傾向があるようです。安心感が逆に作用してしまい、もし最初の障害に気づかないまま使用を続けた場合、その時点でRAID-5の利点はゼロとなってしまいます。

データ消失の第一の原因はディスクの物理的な故障によるものですが、次に多いのが人為的な操作ミスによるものです。その他、ネットワークのトラブルや停電、プログラムのバグなども原因となっているようですが、操作ミスにはミラーリングやRAID-5は何の役にも立ちません。特にマルチユーザの使用を前提しているUNIX系(linux、BSD)OSのファイルシステムは、アクセス速度を下げる無駄なヘッド移動を避けるため、削除したデータが瞬時に他のデータで上書きされる基本仕様となっています。

障害発生後の対処方法

万が一、データトラブルに遭遇したら

障害が発生した場合、万が一のためにバックアップをとっていても、数日間のデータを失ってしまうことがあります。たった数日間の僅かなデータですが、そのデータが重要なことがあります。ミラーリングやRAID-5アレイでも、複数台が僅かな時間差でほぼ同時に障害が発生する場合もあります。

もし、このような時には決して慌てず、まずは速やかに電源をお切りください。そして、機器のメンテナンス業者様に連絡する前に必ず弊社のようなデータ復旧の専門業者に連絡をお取りください。機器のメンテナンス担当者様は、残念がらデータ復旧に関しては何の教育も受けていない場合がほとんどです。データ復旧には特殊な専門知識が必要となりますので、弊社のような専門業者へのご依頼が最善の方法となります。

事故発生の時点より障害を悪化させない処置が最も重要です。慌てず下記の手順を実行してください。

速やかに電源を切る

OSが起動しない、データが読めない等のデータ障害に遭遇したら、まず電源を切ります。

仮に物理障害だった場合、磁気記録面にキズがあることを想定し、1秒でも早くキズのある箇所からヘッドを退避させます。これは、どなたにもできる最も簡単な障害を進行させないための最上級の得策です。もし、ディスクから異音が発生している場合は既に重度な症状です。この場合も、なるべく多くのデータを救出するため、速やかに電源をお切りください。

データ復旧専門業者に診断を依頼する

異音が発生していなくても、目に見えないほどの小さなキズが発生している場合がございます。専門の設備と技術を持つ、弊社のようなリカバリーサービス専門業者、データ復旧専門業者に診断を依頼することをお勧めいたします。

たとえパソコンに詳しい方でも、市販の復旧ソフトなどをいきなりお使いになることは非常に危険です。却って障害を進行させてしまうことになりかねません。データが重要な場合には、手を加えずに専門業者に診てもらいましょう。それがデータを復旧させる一番の近道です。

データ復旧会社を見極める方法

データ復旧を行っている会社は現在多数ございます。しかし会社によって設備も技術も大きく異なります。
それを見極め、大切なデータの復旧を任せる会社を選ぶことが重要となります。

  • 実績が豊富で復旧達成率が高い
  • 物理障害ディスクの復旧が自社内で完結できるほどの高い技術力を持っている
  • 復旧のための十分な設備と機材が整っている
  • 情報漏えいの問題に関し、十分な知識と対策を実施している
  • 各種ツールをはじめとして、解析プログラムを自社開発できる能力を持っている
  • 対応メディアの種類が多い
  • お客様に最善を尽くす姿勢を常に持ち続け、“1秒でも早く復旧すること”を目標にしている

弊社は、復旧技術と復旧スピードの向上のため、日々研究を続けています

技術の最適化を進めることにより、現在の復旧時間は当初のものから3分の1以下に短縮することが可能になりました。また緊急対応サービスでは365日24時間体制で連続した復旧作業も承っております。「データは時間経過とともに価値がなくなる」といった一刻を争う多くの場面で、お客様から感謝の言葉をたくさんいただいております。

ストレージサーバー、RAID装置、NASサーバーなどのデータが読めなくなった場合は、メンテナンス業者様に連絡するより先に、データ復旧専門の弊社までご連絡ください。経験豊富な復旧エンジニアが適切な処置をご案内させていただきます。