東芝製のHDD(MK8025GAS)がこのボリュームは認識可能なファイルシステムではありませんと表示されて認識しない|事例・実績

東芝製のHDD(MK8025GAS)がこのボリュームは認識可能なファイルシステムではありませんと表示されて認識しない|事例・実績
機種・機器の型番:
東芝(TOSHIBA)MK8025GAS 80G 9.5mm 4200rpm Ultra ATA100 キャッシュ:8MB ディスク枚数:2枚 平均シークタイム:12ms
ご申告の症状・障害内容東芝製のHDD(MK8025GAS)を20年近く使っていました。最初は東芝製のノートパソコンに内蔵されていたHDDでしたが、ノートパソコンが故障したのでHDDを取り出して外付けケースに入れて外付けハードディスクとして使用していました。パソコンにこの東芝製の外付けハードディスクを繋いだところ「場所が利用できません。E:にアクセスできません。このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません。必要なファイルシステムドライバーがすべて読み込まれているか、ボリュームが壊れていないか確認してください。」と表示されて認識しない状況です。ノートパソコン時代と外付けHDDにした時間とかなり長い間使用しているHDDなので経年劣化で壊れてしまったと考えております。名簿や日々の記録や報告書などを随時保存しているHDDでしたが、他にバックアップを取っていませんでした。全てを作り直すのも難しいので時間が掛かっても良いので保存されていた全てのデータを復旧していただけると助かります。
復旧作業の結果ご発送頂いた東芝製のHDD(MK8025GAS)は、経年劣化などにより、HDD内のヘッドが破損している状況でございました。そのため、HDD内のヘッド交換・調整を複数回行うことで、お客様の希望されていた名簿や記録や報告書などのデータを復旧することができました。