センチュリーの外付HDD、裸族のRAID機器(CRIB535EU3V2)が警告音が鳴った後、認識しない|事例・実績

センチュリーの外付HDD、裸族のRAID機器(CRIB535EU3V2)が警告音が鳴った後、認識しない|事例・実績
機種・機器の型番
裸族のインテリジェントビル5Bay USB3.0+eSATAコンボ Ver.2 CRIB535EU3V2 台数:5台 SATA USB3.1 Gen1(USB3.0) Type-Bx1 eSATAx1 規格サイズ:3.5 RAID 0/1/3/5/10 電源:AC 冷却ファン
ご申告の症状・障害内容センチュリー社の外付HDD(CRIB535EU3V2)を使っていました。裸族のインテリジェントビル5Bayという機種の外付HDDでUSB3.0、eSATAで繋ぐタイプのRAID機器になります。ピーと機械音?警告音が鳴った後、Macから外付HDDが認識しない状態になってしまいました。センチュリー製の外付HDD本体を見るとランプが赤く点灯していました。障害が発生したのは数か月前なのですが、障害発生当時はすぐに使うデータでは無かったため、放置していました。しかしながら、今週に入ってこのCENTURY社の外付HDDの中に入っているデータを使って業務を進める必要が出てきてしまい、急遽、データの復旧が必要になりました。社内で復旧ソフトを持っていましたが、機械音や警告音を確認した事や外付HDD本体のランプも赤で点滅していたため、復旧ソフトの使用が今回の障害に適切かどうかわからない・不安を感じた為、ソフトは使っていません。データの容量が大きく、バックアップ機能が無いRAIDのレベル、RAID0で構築していました。そのため、HDDの交換作業などは行っていません。Macから外付HDDのデータにアクセスができない他、他の社員が使っているWindowsのパソコンからも外付HDDにアクセスができない状態です。ケーブル自体も劣化しているように見えます。電源の入り切りや再起動、ケーブルの抜き差しを試しましたが、外付HDDにアクセスできない状態のままです。20TBくらいのデータが入っていた外付HDDです。バックアップもありません。容量も大きい上、異音や赤ランプの点灯を確認しておりますが、早めのデータ復旧対応をお願いしたいです。また、費用面もご協力いただけると大変助かります。
復旧作業の結果お送りいただきましたセンチュリー社の外付HDD(裸族のインテリジェントビル5Bay CRIB535EU3V2)は経年劣化・振動によって内蔵HDDが物理的に損傷しており、重度の物理障害が発生している状況でございました。RAID0で運用されていたため、物理的・機械的に故障しているHDD自体をクリーンルーム内で開封・分解を行い、ヘッドの交換および調整作業を複数回、行う必要がある状態でした。慎重に作業を進めさせていただき、お客様が希望されていた業務で使用されるデータを復旧することができました。お急ぎで使うデータであった事をお聞きしておりましたため、時間外も対応させていただき、最短の納期でデータをお出しさせていただきました。また、費用面についても弊社の独自技術を用いてデータの復旧作業を行うことによってお客様が想定されていた金額内でデータの復旧を行わせていただくことができました。