バッファロー製の外付けHDD(DriveStation)をMacの起動ディスクに間違えて設定してデータが消えた|事例・実績

バッファロー製の外付けHDD(DriveStation)をMacの起動ディスクに間違えて設定してデータが消えた|事例・実績
機種・機器の型番:
BUFFALO(バッファロー)DriveStation HD-AD4U3 据え置きHDD 4TB USB3.1 Gen1(USB3.0) ファンレス テレビ録画対応 Mac対応 /内蔵HDD SEAGATE BarraCuda ST4000DM004 5400 rpm SMR キャッシュ:256MB Serial ATA600 アイドル時:2.5W スリープ時:0.25W スタンバイ時:0.25W ディスク枚数:2枚
ご申告の症状・障害内容BUFFALO製の外付けHDD(DriveStation HD-AD4U3)をMacで使用していました。MacのOSをアップデートしようとした際に間違って起動ディスクをMacに入っているDISKを選択せずにMacに接続させている外付けHDDを選択してしまいました。外付けHDDには色々なデータを保存していましたが、起動ディスクに選択してしまった後にはファイルやフォルダが開かなくなってしまっています。外付けHDD自体はMacに接続すると認識はされるようですが、使えない状態です。ユーザーの切り替えや起動ディスクを元に戻したり、TimeMachine機能を使ってみたりしたものの、状況は変わりません。Macに接続していた外付けHDD(DriveStation HD-AD4U3)の中に元々保存していたデータを復旧したいです。可能でしょうか。起動ディスク選択やTimeMachine機能を使ってしまったため、データの上書きが悪化していないか心配しています。復旧ソフトなどは怖くて使っていません。色々自分でやってしまって後悔していますが、どうしても外付けHDDの中に元々保存していたデータが諦めきれず、どうにか復旧いただければ幸いです。データは主に写真や動画など撮り直しが難しいものを優先して復旧して欲しい希望があります。その他にも文書ファイルやメールなど様々なデータを保存していたと記憶しています。
復旧作業の結果ご郵送いただいたBUFFALO製の外付けHDD(DriveStation HD-AD4U3)は管理情報やデータ領域が破損している・データも上書きが進んでいる状況でございました。独自の高度解析を数回、行わせていただき、お客様が希望されていた元々、外付けHDDに保存されていた写真・動画・文書ファイル・メール・PDFファイルなど様々なデータを復旧させていただきました。