IODATA製の外付けHDD(HDCL-UT1.0K)を倒してから読み込まない|事例・実績

IODATA製の外付けHDD(HDCL-UT1.0K)を倒してから読み込まない|事例・実績
機種・機器の型番:
IODATA HDCL-UTシリーズ HDCL-UT1.0K 1TB 据え置きHDD USB3.0/USB2.0 ブラック /内蔵HDD WESTERN DIGITAL WD10EZRX-00L4HB0 1TB Serial ATA600 キャッシュ:64MB アイドル時:2.1W リード/ライト時:3.6W スリープ時:0.4W スタンバイ時:0.4W
ご申告の症状・障害内容IODATA製の外付けHDD(HDCL-UT1.0K)をWindowsのパソコンにつないでデータを読み込んでいた時に誤って外付けHDDを倒してしまいました。ランプが点灯するのですが回転している様子がない状況です。USBケーブルの抜き差しやACアダプターの抜き差しも試しましたが同じ状態です。会議の資料や議事録などが保存されているので可能な限り全てのデータを復旧していただけると助かります。
復旧作業の結果ご発送頂いたIODATA製の外付けHDD(HDCL-UT1.0K)は、倒した際の衝撃でHDD内のヘッドとプラッターが接触しておりました。ヘッドが破損しておりましたのでHDD内のヘッド交換・調整を複数回行うことで、お客様の希望されていた会議の資料や議事録などのデータを復旧することができました。