バッファロー製のLinkStation(LS-CH1.0TL)が赤く点滅して使えない|事例・実績

バッファロー製のLinkStation(LS-CH1.0TL)が赤く点滅して使えない|事例・実績
機種・機器の型番:
BUFFALO(バッファロー) LinkStation LS-CHLシリーズ LS-CH1.0TL HDD:1TB DLNA /内蔵HDD:サムスン HD103SI Serial ATA300 1TB キャッシュ:32MB 平均シークタイム:8.9ms
ご申告の症状・障害内容BUFFALO製のNAS、LinkStation(LS-CH1.0TL)にPCからアクセスできなくなりました。昨日までは、問題なく動作していました。LinkStationを再起動したところ前面のステータスランプが赤く点滅して使えない状況です。NAS Navigator2で検索できない状況のためエラーの赤く点滅している回数を数えたところ7回赤点滅している状況でした。エラーのインフォメーションコードを調べたらE07、ハードディスクが見つからないという症状であることがわかりました。電源入り切りやケーブルの抜き差しを繰り返しましたが状態が変わらずLinkStationが使えない状態です。業務上の重要データがここにしか保存されていないためデータをすべて復旧していただきたい。
復旧作業の結果お送りいただきましたBUFFALO製のNAS、LinkStation(LS-CH1.0TL)は内蔵HDDに物理障害が発生してしまっている状況でございました。赤点滅7回は内蔵HDDが故障したサインとしてLinkStationに表示されることが多いものです。今回は経年劣化により内蔵HDDが故障してしまった事からLinkStationのランプが赤点滅表示になっている状況でございました。電源の入り切りやケーブルの抜き差しを繰り返したとお聞きしておりましたが、症状が発生してからすぐにお送りいただいていたこともあり、重度な物理障害が発生していたものの、弊社の独自技術を用いてデータ復旧作業を行わせていただきました。業務で使用されているデータとのことで最短の納期でデータもお渡しすることができました。