バッファロー製のNAS(LinkStation LS220D0202C)がI11が表示、HDD交換後にアクセスできない|事例・実績

バッファロー製のNAS(LinkStation LS220D0202C)がI11が表示、HDD交換後にアクセスできない|事例・実績
機種・機器の型番:
バッファロー LinkStation LS220D0202C 2TB ドライブベイ数:HDDx2 RAID 0/1 DLNA DTCP-IP /内蔵HDD:東芝 DT01ACA100 1TB 7200rpm キャッシュ:32MB Serial ATA600 アイドル時:3.7W リード/ライト時:6.4W スリープ時:1W スタンバイ時:1W CMR
ご申告の症状・障害内容RAID1を構成しているリンクステーションのINFO/ERRORランプが橙色点滅。確認した所、I11「ドライブの不良セクターが危険な範囲に達する可能性があります」HDD交換後、電源入れたところEMモードでアクセスできなくなりました。
復旧作業の結果内蔵HDDに物理障害と管理情報破損が発生しておりました。管理情報を解析してデータをお出しすることが出来ました。