Buffalo製のNAS(LinkStation LS510D0401)にエラーコード(E15、E16)が表示されてアクセスできない|事例・実績

Buffalo製のNAS(LinkStation LS510D0401)にエラーコード(E15、E16)が表示されてアクセスできない|事例・実績
機種・機器の型番:
バッファロー LinkStation LS510D0401 デュアルコアCPU ドライブベイ数:HDDx1 HDD:4TB DTCP-IP DLNA /内蔵HDD:Seagate BarraCuda ST4000DM005 Serial ATA600 4TB キャッシュ:64MB 3.5インチ ディスク枚数:3枚 Lアイドル時:4W スリープ時:0.5W スタンバイ時:0.5W
ご申告の症状・障害内容BuffaloのLinkStationへデータコピーに時間が掛かっているので本体を確認した所、エラーコードE15。ドライブの不良セクターが危険な範囲に達しました。というエラーメッセージだったのでバックアップ取るためにLinkStationからファイルをコピーしていました。アクセスしていた共有フォルダが切断されたので本体を確認するとエラーコードE16。ドライブが故障したらしい。
復旧作業の結果HDDにエラーが発生している状態でアクセスを繰り返されたことで内蔵HDDに物理障害が発生しておりました。HDD内のヘッド交換・調整を行い、家族写真や動画データなど、お客様が希望されていたデータを99%以上復旧することができました。