Buffalo製のLinkStation(LS510D0401)がエラーコードE07となってアクセスできなくなった|事例・実績

Buffalo製のLinkStation(LS510D0401)がエラーコードE07となってアクセスできなくなった|事例・実績
機種・機器の型番:
バッファロー LinkStation LS510D0401 デュアルコアCPU ドライブベイ数:HDDx1 HDD:4TB DTCP-IP DLNA /内蔵HDD:Seagate BarraCuda ST4000DM005 Serial ATA600 4TB キャッシュ:64MB 3.5インチ ディスク枚数:3枚 Lアイドル時:4W スリープ時:0.5W スタンバイ時:0.5W
ご申告の症状・障害内容BuffaloのLinkStation(LS510D0401)の共有フォルダへアクセスができなくなったため、LinkStation本体を確認したところランプが7回で赤色点滅の状態になっていました。NAS Navigator2で確認したところ、LinkStationが検出されないためNASの電源を切り、再度立ち上げましたが、LinkStationは赤点滅を7回で繰り返すばかりで改善されませんでした。そこで、バッファローの修理センターへ問い合わせを行ったところLinkStationのランプが7回で赤く点滅する場合は、エラーコードE07、すべてのハードディスクが故障していますというエラー内容であるとのことで修理は可能であるものの、ハードディスクは交換対応となるのでLinkStation内のデータは失われてしまう・消えてしまうと言われてしまいました。LinkStation本体の修理よりもデータの取り出し・復旧の方が重要なので修理はキャンセルしました。赤色点滅を繰り返す・エラーコードE07になってしまったLinkStationの中には姪っ子の結婚式の動画や写真が入っており、DVDにして姪っ子に渡したい・個人的にも思い出のデータが入っているため、可能な限りすべてのデータを復旧して欲しいです。HDDが故障しているサイン?であるエラーコードE07、7回の赤点滅の状態で電源の入り切りを行ってしまったことで状態が悪化してしないか心配しています。
復旧作業の結果お預かりさせていただきましたLinkStation(LS510D0401)は、ランプが赤点滅7回で繰り返す・エラーコードE07の状態であり、内蔵HDDに物理障害が発生している状況でございました。HDDが物理的に損傷してしまっている状態ではございましたが、HDD内のヘッド交換・調整を複数回行うことで、お客様の希望される姪の結婚式の写真や動画を含む家族写真や動画データなど、お客様が希望されていたデータのほとんどすべてを復旧することができました。HDDの状態は悪化している傾向にございましたが、弊社の高度な技術力を持って費用を抑えた上で復旧させていただきました。