【データ復旧事例・実績】アクセスできない

Synology製のNAS(DiskStation DS216j)のSTATUSランプがオレンジ色に点灯してアクセスできない|事例・実績
機種・機器の型番:
Synology DiskStation DS216j ドライブベイ数:2 RAID 0/1/Synology Hybrid RAID DLNA /内蔵HDD WESTERN DIGITAL WD Blue WD30EZRZ-00Z5HB0 3TB CMR 5400rpm Serial ATA600 キャッシュ:64MB
ご申告の症状・障害内容Synology製のNAS(DiskStation DS216j)をRAID0で運用していました。Synology製のNAS、DiscStationはかれこれ2年くらい使用していましたが、騒音が気になったため使用を止め、電源を切って保管していました。先日、このSynology製のNASに保存していた過去の写真や動画が必要になったため、NAS本体の電源を入れたところ、ピーピーピーと電子音が鳴り、STATUSランプがオレンジ色に点灯してデータへアクセスができない状況になってしまいました。STATUSランプは以前は本来は緑色で点灯していたと記憶しています。その時にはNASへのアクセスは問題が無い状態で、電源を切ったと思います。音が気になって使用を止めていたNASですが、壊れてしまったようです。マニュアルやホームページの内容を確認したところ、STATUSランプがオレンジ色で点灯する状態はHDDに異常が発生したことを示しているようでした。今までランプがオレンジ色になったことはありません。アクセスができなくなったSynology製のNASの中にはスマートフォンやデジカメで撮影した写真や動画が多数、保存してあり、NASのデータが無くなってしまうのは、非常に困ってしまいます。時間はかかっても構いませんので、STATUSランプがオレンジ点灯になってしまったSynology製のNASからデータの復旧をお願いします。
復旧作業の結果お送り頂いたSynology製のNAS(DiskStation DS216j)は、RAID0を構成していた内蔵のHDD2台の内の1台に物理障害が発生している状況でございました。そのため、弊社のクリーンルーム内にてSynology製のNASの開封、HDD内のヘッド交換・調整を複数回行うことで、お客様の希望されていた写真や動画データを復旧することができました。
LinkStation(LS510D0201G)のランプが赤点滅、E16が出てアクセスできない|事例・実績
機種・機器の型番:
BUFFALO(バッファロー) LinkStation LS510DGシリーズ LS510D0201G ドライブベイ数:1 1GbEポート(RJ-45):1 2TB DTCP-IP DLNA /内蔵HDD:東芝 P300 HDWD120XZSTA 2TB 7200rpm キャッシュ:64MB SATA 6.0Gb/s
ご申告の症状・障害内容LinkStation にアクセスができなくなったため、LinkStation(LS510D0201G)本体を確認したところ、電源ランプが赤色に点滅する状態が繰り返されていました。バッファローのマニュアルを見たところ、通常は白色で点灯しているはずの電源ランプが、赤く点滅を繰り返しており、エラーが発生した印であることがわかりました。エラーコードはLinkStationの赤ランプの点滅回数では判別ができなかったため、NAS Navigator2を開いたところ、NAS Navigator2上にエラーコード、E16(ドライブが見つかりません。)が表示されていました。電源ランプが赤く点滅してNAS Navigator2 にE16が表示されるLinkStationには長年のデータが蓄積されているものの、他にバックアップを取っていませんでした。急ぎで取り出して欲しいデータはほとんどありませんが、不定期に必要となるデータが多く含まれているため、データの復旧をお願いしたいです。LinkStation、LS510D0201Gのランプが赤点滅になる、エラーコードE16が表示される心当たりは無い状況です。LinkStationにアクセスができなくなってランプが赤く点滅する状態のままにするのは怖かったので、エラーコードE16の表示を確認してからは本体の電源は切っています。持ち込みする時間が取れないため、郵送しますので見積から対応いただきたいです。
復旧作業の結果お送りいただきましたバッファロー製のNAS、LinkStation (LS510D0201G)にエラーコード、E16が表示されたのは、内蔵HDDに物理障害が発生して認識できなくなっていることが原因でございました。そのため、アクセスができない・電源ランプが赤点滅になるLinkStationからデータを復旧するためにクリーンルーム内でHDD内のヘッド交換・調整を繰り返し行いました。その結果、お客様の希望されるほぼ全てのデータを復旧させていただきました。
Synology製のNAS(DiskStation DS416play)のボリュームがクラッシュしてアクセスできない|事例・実績
機種・機器の型番:
Synology DiskStation DS416play ドライブベイ数:4 RAID 0/1/5/6/10/Synology Hybrid RAID DLNA /内蔵HDD WESTERN DIGITAL WD Blue WD60EZAZ-00SF3B0 6TB SMR 5400rpm Serial ATA600 キャッシュ:256MB アイドル時:3.1W リード/ライト時:4.8W スリープ時:0.6W スタンバイ時:0.6W
ご申告の症状・障害内容Synology製のNAS(DiskStation DS416play)をSynology Hybrid RAID(SHR)で使用していました。事務所を移転する際にこのSynology製のNASの電源を切って引っ越し作業を行い、移動先でNASを設置、電源を入れて起動させましたが、ファイルシステムエラーが発生して、ボリュームがクラッシュしてしまいました。事務所の移転前にNASの電源を切ろうとしたところ、うまくいかなくてシステムシャットダウン中に電源ケーブルを抜いてしまったことが原因では無いかと懸念しております。SynologyのNASはドライブエラーも発生している状況です。業務データにアクセスができないのは困るため、メーカーに相談したところ、ドライブエラーが原因のボリュームクラッシュは修復できないとの回答を頂いています。このままSynologyのNASに保存しているデータが取り出せないと業務に支障が出続けてしてしまいます。筐体ごと発送しますので、ボリュームがクラッシュしてしまったSynology製のNASから可能な限りのデータを復旧していただけますようお願い致します。
復旧作業の結果発送頂いたSynology製のNAS(DiskStation DS416play)につきましては調査の結果、ボリューム内でデータの損傷が確認されました。この損傷により、ファイルシステムが正しく機能せず、アクセスができなくなった可能性が高い状況でございました。損傷の原因は、Synology製のNASに搭載されているHDDに物理的な障害が生じたためと判断がつくものです。そのため、Synology製のNAS本体から内蔵HDDを取り外し、クリーンルーム内でHDDのヘッド交換・調整を複数回実施することで、お客様のご希望に添ったデータを復旧することができました。
バッファローのTeraStation(TS-H6.0TGL/R5)にエラーコードE15が表示され、その後アクセスができない|事例・実績
機種・機器の型番
BUFFALO TeraStation TS-HTGL/R5シリーズ TS-H6.0TGL/R5 RAID 0/1/5/10 ドライブベイ数:4 6TB /内蔵HDD Western Digital WD RE4 シリーズ WD2003FYYS-02W0B1 2TB 7200rpm Serial ATA300 キャッシュ:64MB アイドル時:8.1W リード/ライト時:10.7W スリープ時:1.5W スタンバイ時:1.5W
ご申告の症状・障害内容バッファロー製のNAS、TeraStation(TS-H6.0TGL/R5)をRAID5で利用していました。共有フォルダ内のフォルダやファイルを開くのに時間が掛かる問題が発生したため、TeraStation本体を確認したところ、TeraStationの前面の液晶ディスプレイに「HD3 Error E15 Many Bad Sectors」と表示されていました。メーカーのホームページを確認すると、これは「3番のハードディスクの不良セクタが危険な範囲に達しました。」というエラーコードであることが分かりました。新しいハードディスクに交換した後、RAIDの再構築(リビルド)作業を試みましたが、途中で4番のハードディスクにもエラーが発生し、TeraStationへのアクセスが不可能になってしまいました。これまでTeraStation内のハードディスクにエラーが表示されるたびに新しいハードディスクに交換していましたが、3番と4番のハードディスクは記憶を遡ると10年前に交換したのが最後だと思います。RAIDの再構築によって完全にハードディスクが壊れたか、10年も使っていたら経年劣化もあるかなと考えております。TeraStationはこの通り、長い間使用していたため保存されているデータ量も多いものです。今までハードディスクを交換して使えていたことからTeraStation内のデータは他にバックアップを取っていませんでした。E15のエラーコードが表示され使えなくなったTeraStationには研究記録が多く保存されています。TeraStation内の蓄積された研究記録のデータが失われると大変困る事態に陥ってしまうため、エラーコードが表示されアクセスができなくなったTeraStationから全てのデータを復旧していただければ助かります。時間はかかっても大丈夫です。
復旧作業の結果送付いただきましたTeraStation(TS-H6.0TGL/R5)は、3番と4番のハードディスクが故障している状態が確認されました。経年劣化の影響により、ハードディスクのヘッドが損傷しており、比較的障害が浅いと判断された4番のハードディスクに対してヘッド交換や調整を複数回行いました。その後、故障したハードディスクから回収された01DATAと残りの1番と2番のハードディスクで仮想的にRAID5を構築し、お客様の希望に添える形で研究記録のデータを復旧いたしました。
QNAP製のNAS(TS-451)がRAIDの再構築の途中で止まり、読めなくなった|事例・実績
機種・機器の型番:
QNAP(キューナップ)TS-451 T4514NL20 RAID 0/1/5/5+hot spare/6/10 ドライブベイ数:4 SSD対応 DLNA 22nm デュアルコアIntel Celeron 2.41GHzプロセッサー 1GB DDR3L RAM /内蔵HDD:WESTERN DIGITAL(ウエスタンデジタル) WD Red Plus WD30EFRX-68EUZN0 3TB 5400rpm CMR Serial ATA600 キャッシュ:64MB アイドル時:2.7W リード/ライト時:4.1W スリープ時:0.4W スタンバイ時:0.4W
ご申告の症状・障害内容QNAP製のNAS(TS-451)のランプが赤く点灯し、エラーが生じていることを示していましたが、データが読めていたので、そのまま使用を続けていました。ただ、このまま使用を続けるのはマズイかなとも思い、HDDの1番に障害が発生している表示が出ていたため、新しいHDDを入手して交換作業を行いました。HDDを交換した後にはRAIDの再構築が自動的に実行されました。RAIDの自動再構築中は、読み取り専用の低下モードになっていたようですが、データを読むことはできたのでそのまま使っていました。しかしながら、RAIDの自動再構築中にHDDの2番にも障害が発生したようでして、データの読み出しができなくなってしまいました。QNAPのNAS本体のランプは赤く点灯していましたが、その時にバックアップを取っていればよかったのですが、使えているから良いと安易に考えて、バックアップを取っていませんでした。お客様へ提案するための資料や提案書、顧客管理のデータベースが保存されており、このQNAPのNASに入っているデータがなくなると業務への影響が大変大きい状況です。可能な限りデータを復旧していただきたいです。
復旧作業の結果お送りいただいたQNAP製のNAS(TS-451)は、搭載されているHDD4台のうち、2台のHDDに物理障害が発生しておりました。障害の発生している2台のHDDの中から比較的障害の程度が浅い1台に対してヘッド交換・調整を複数回実施いたしました。その後、回収された01DATAと残りの2台のHDDのデータを組み合わせて仮想的にRAID5を構築することでお客様の希望される全てのデータを復旧することができました。
バッファロー製のLinkStation(LS210D0201C)が赤ランプで1回と6回で点滅して繋がらない|事例・実績
機種・機器の型番:
BUFFALO(バッファロー) LinkStation LS210DCシリーズ LS210D0201C ドライブベイ数:1 HDD:2TB DTCP-IP DLNA /内蔵HDD:WESTERN DIGITAL WD Blue
WD20EZRZ-22Z5HB0 2TB 5400rpm Serial ATA600 キャッシュ:64MB
ご申告の症状・障害内容バッファロー製のNAS、LinkStation(LS210D0201C)をしばらく使用していなかったのですが、気づいたらLinkStationの前面のステータスランプが7回赤く点滅していることを確認しました。PCからLinkStationに接続しようと何度か試みましたが、LinkStationに繋がらない状況です。ネットで検索してステータスランプの点滅内容を再確認したら7回の点滅ではなく、1回と6回の点滅であることがわかりました。エラーコードも確認したところE16、ハードディスクが見つからない症状であることが判明しました。PCには基本的にはデータを保存せず、LinkStationにその都度、データを保存したり修正したりとメインで使っていたので他にバックアップがありません。すぐに使うデータでは少ないものの、無くなってしまうと困るデータが大半です。全てのデータが復旧できるのならば、待てますので時間が掛かってもLinkStation内の全てのデータを復旧していただけますようお願い致します。
復旧作業の結果お送りいただきましたバッファロー製のNAS、LinkStation(LS210D0201C)は内蔵HDDに物理障害が発生してしまっている状況でございました。そのためクリーンルーム内でHDD内のヘッド交換・調整を繰り返すことでお客様の希望されるほぼ全てのデータを復旧させていただきました。
IODATAのLAN DISK(HDL-T2NV)のランプが赤と緑で点滅してアクセスできない|事例・実績
機種・機器の型番:
IODATA製NAS LAN DISK HDL-Tシリーズ HDL-T2NV ドライブベイ数:1 2TB ミレニアム群青 LAN DISK CONNECT対応 /内蔵HDD WESTERN DIGITAL WD Green WD20EZRX-22D8PB0 2TB Serial ATA600 キャッシュ:64MB アイドル時:5.5W リード/ライト時:6W スリープ時:0.8W スタンバイ時:0.8W
ご申告の症状・障害内容IODATAのNAS、LAN DISK HDL-T2NVを使用していたところ読み込みに時間かかるためLAN DISK本体を再起動しました。しばらく待っても共有フォルダへアクセスができないのでLAN DISKを確認すると赤色と緑色のランプが点滅していました。しばらく待ってみましたが、LAN DISK内のフォルダにアクセスすることができない状況です。実は数日前からファイルの読み込みが遅いと感じながら使っていまして再起動を何回か行ったらランプが赤や緑で点滅する状態になってしまいました。再起動で悪化させてしまったかもしれません。ランプが赤や緑で点滅していてアクセスができなくなったLAN DISKには家族で旅行に行った時の思い出の写真や動画のデータがたくさん入っている他、子供の小学校の運動会などのイベントの写真や動画のデータも保存していました。それらのデータが全て無くなるのは精神的につらいので時間が掛かっても全てのデータを復旧していただきたいです。
復旧作業の結果お持ち込みいただきましたIODATAのNAS、LAN DISK HDL-T2NVは、経年劣化などにより物理障害が発生しており、その状態で再起動を行ったことでHDDに対して高負荷がかかり、完全に認識しない状態まで障害が悪化してしまったと推測されるものです。大変重度の物理障害が発生している状況でございましたが、LAN DISK内のHDDをクリーンルーム内でヘッドの交換、調整を複数回行わせていただいた結果、お客様が希望されていた家族の写真や動画のデータをほぼ全て復旧することができました。
バッファローのTeraStation(TS-H6.0TGL/R5)にエラーコードE22が表示されて起動しない|事例・実績
機種・機器の型番
BUFFALO TeraStation TS-HTGL/R5シリーズ TS-H6.0TGL/R5 RAID 0/1/5/10 ドライブベイ数:4 6TB /内蔵HDD サムスン HD154UI 1.5TB Serial ATA300 キャッシュ:32MB 平均シークタイム:8.9m
ご申告の症状・障害内容バッファローのNAS、TeraStation(TS-H6.0TGL/R5)を使っていました。共有フォルダへアクセスができなくなっているのでTeraStation本体を確認したところ、TeraStation前面の液晶ディスプレイに「HD2 Error E22 HD2 Can't Mount」と表示されていました。メーカーのホームページを確認すると2番目のハードディスクのマウントに失敗していることが判明しました。TeraStation本体を再起動したら共有フォルダにアクセスできるように戻るかもしれないと思ってTeraStationを再起動したところ起動もできなくなってしまいました。再起動したのが良くなかった様です。そもそもこのTeraStationは長い間、使っているものでして経年劣化で壊れたのでは?とも考えています。容量の関係でRAID0で使っていたため1番から4番までの全てのハードディスクがマウントできないと共有フォルダへアクセスができないようです。過去のバックアップデータや動画データなどがこのTeraStation内にしか無く、蓄積されたデータがこのまま失われると業務への影響も大きく困っております。エラーコードE22が表示されて起動ができなくなったTeraStationからできる限りのデータの復旧を希望しています。
復旧作業の結果ご郵送いただきましたTeraStation(TS-H6.0TGL/R5)は、ご申告通り、2番目のハードディスクが故障している状況でございました。経年劣化により、ハードディスクのヘッドが破損していたためヘッド交換や調整を複数回実施致しました。その後、2番目のハードディスクから回収された01DATAと残りの1番3番4番のハードディスクで仮想的にRAID0を構築し、お客様の希望される動画データやバックアップデータを復旧することができました。
バッファローのNAS(TeraStation TS-X4.0TL/R5)にE23が表示されてアクセスできない|事例・実績
機種・機器の型番:
BUFFALO(バッファロー) TeraStation TS-XL/R5シリーズ TS-X4.0TL/R5 ドライブベイ数:4 RAID 0/1/5/10 HDD:4TB /内蔵HDD:東芝 DT01ACAシリーズ DT01ACA100 1TB SATA600 7200rpm キャッシュ:32MB アイドル時:3.7W リード/ライト時:6.4W スリープ時:1W スタンバイ時:1W 3.5型
ご申告の症状・障害内容バッファロー製のNAS(TeraStation TS-X4.0TL/R5)の共有フォルダへアクセスできないためNASを確認すると液晶ディスプレイに「HD1 Error E23 HD1 Is Faulty」と表示されていました。メーカーのホームページでこのエラーメッセージを調べたところHDD1番にエラーが発生してRAIDアレイからHDDが外されたことがわかりました。メーカーのホームページに書いてある手順を行いました。ファームウェアアップデート、再起動、HDD1番の交換を行いましたが途中で2番のHDDにもエラーランプが点灯してしまいました。RAID5構成で使用しており、4台中2台のHDDが故障した状態となってしまいました。長い間使用しているので経年劣化で他のHDDも故障してしまったのではないかと考えております。業務データがこのNASにしか入っていないのでできるだけ多くのデータが復旧できると助かります。
復旧作業の結果発送いただきましたバッファロー製のNAS(TeraStation TS-X4.0TL/R5)は、経年劣化が原因で複数のHDDに重度の物理障害が発生しておりました。再起動は、HDDに高負荷がかかる行為であり、再起動を行ったことで2番のHDDが故障してしまったと推測されます。重度な障害が発生しているHDDではありましたが、HDD内のヘッドの交換、調整を複数回実施した後、仮想的にRAID5を構成してNAS内の業務データのほぼ全てを復旧することができました。
バッファローのNAS(TeraStation TS5600DN1806)のHDDが複数台故障してアクセスできない|事例・実績
機種・機器の型番:
バッファロー TeraStation TS5600DNシリーズ TS5600DN1806 ドライブベイ数:6 RAID 0/1/5/6/10/50/51 HDD:18TB /内蔵HDD:SEAGATE ST3000VN000 3TB Serial ATA600 キャッシュ:64MB
ご申告の症状・障害内容バッファローのNAS(TeraStation TS5600DN1806)をRAID6で使用していました。TeraStationにはNAS専用のHDDが搭載されており、RAID6は2台のHDDが故障しても運用できるので安心して使用していました。ある日、TeraStation内の1台のHDDにエラーが発生していましたが、RAID6で運用していたことと交換用のHDDの取り寄せに時間が掛かるのでそのまま気にせず使用を続けていました。後日、交換用のHDDが届いたのでTeraStation本体から故障したHDDを交換した後、RAIDを再構築中であっても通常通り使用が可能と認識していた為、そのまま使用していました。しかしながら、急にTeraStationにアクセスができない・共有フォルダに入れなくなったため、NAS本体を確認すると他のHDDにもエラーのランプが点灯しており、RAIDの再構築が失敗したようでした。TeraStationのHDDを交換した後、RAIDを再構築している最中に複数の人がアクセスを繰り返したり、動画ファイルの保存などを行ったりとNASに対して負荷が高くなったことが原因かもしれません。業務に支障が出ている状況で、RAID6でTeraStationを運用していたことから他にバックアップも取っておらず、大変困っています。アクセスができなくなったTeraStation、TS5600DN1806をお送りしますので、データの復旧を行っていただきたいです。
復旧作業の結果発送いただいたバッファローのNAS(TeraStation TS5600DN1806)を確認したところ、RAID6を構築していたHDD6台中の3台のHDDに障害が発生している状況でございました。以前より、故障していたHDD1台を除くHDD2台の中から比較的障害の浅いHDD1台のヘッド交換・調整を繰り返し実施し、RAIDを構築し直し、お客様の希望される動画ファイルや書類など復旧させていただきました。