【データ復旧事例・実績】起動しない

電源がつかないデバイスからのデータ復旧・復元はアドバンスデータ復旧にお任せください。パソコンや HDD、ゲーム機など様々なメディアから大切なデータを取り出した実績がございます。

データ復旧事例・実績

東芝製のノートパソコン、dynabookが再起動画面から変わらず、立ち上がらない|事例・実績
機種・機器の型番:
TOSHIBA dynabook Tシリーズ T7/K P2T7KDBL スタイリッシュブルー 15.6型 Core i7-8565U メモリ:16GB Windows 10 Home 64bit 1TB HDD フルHD 1920x1080 Microsoft Office Home and Business 2019 光学ドライブ:ブルーレイ Intel 11ac+agn+BT-M.2(1x1)Gigabit-JfP1-NonVPro 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠 /内蔵HDD:MQ04ABF100 1TB 7mm 5400 rpm Serial ATA600 ディスク枚数:1枚
ご申告の症状・障害内容東芝製のノートパソコン、dynabook Tシリーズを外出先で使用していました。Windowsのアップデートの通知が届いたので、アップデートを実行しましたが、途中で電源が落ちてしまいました。その後はdynabookの電源ボタンを押しても電源が入らず、立ち上がりませんでした。ノートパソコンの画面上ではバッテリーの残容量は十分あるように表示されていましたが、実際にはバッテリーの残容量は無かったようです。自宅に戻ってからACアダプターに接続して、dynabookの電源ボタンを再度、押しましたが、「再起動しています」とメッセージが出て、ぐるぐるした画面のまま進まず、1時間待っても変化がありませんでした。そのため、電源ボタンを長押ししてdynabookの電源を切りましたが、再度電源を入れても同じ状態で、再起動メッセージが出たまま、立ち上がりません。この東芝製のノートパソコン、dynabookは、最近、タッチパッドのあたりが盛り上がって筐体が歪んでいるなと感じていたため、バッテリーが劣化していた可能性も考えられます。データが消えてしまうと困るため、dynabookを修理に出す前にデータの取り出しを希望しています。この東芝製のノートパソコンにしか入っていない仕事の書類も多く、どうにか取り出したいです。購入時の箱があったため、dynabookはその箱に入れてコンビニから発送したいと思います。復旧対応のほど、どうぞよろしくお願い致します。
復旧作業の結果お送りいただきましたノートパソコン(東芝 dynabook Tシリーズ)はご申告のとおり、バッテリーは膨れており、劣化している状況でございました。そのため、バッテリーの残容量が残っているように見えても、実際には残量が無く、ノートパソコンの電源が切れてしまったようでした。また、Windowsのアップデート中にノートパソコンの電源が落ちたことが原因となり、システムの損傷に繋がってしまったと推測されるものです。管理情報の一部も破損していましたが、データ解析を繰り返した結果、お客様の希望されていた書類データの他、東芝製のノートパソコンdynabook内に保存されていたデータを使用されていたフォルダごとに復旧することができました。
パナソニック製のレッツノートでWindows10が起動しない|事例・実績
機種・機器の型番:
Panasonic Let'snote SZ6 CF-SZ6CDAQR 第7世代 インテル Core i7 7500U(Kaby Lake)2.7GHz/2コア 画面サイズ:12.1 型(インチ) WUXGA (1920x1200) メモリ容量:8GB LPDDR3 SSD:128GB Windows 10 Pro 64bit DVD±R/±RW/RAM/±RDL Intel HD Graphics 620 ビデオメモリ:4170MB HDMI端子 VGA端子 USB3.0 SDカードスロット 照度センサー Webカメラ Bluetooth IEEE802.11a/b/g/n/ac 10/100/1000Mbps 1.125 kg シルバー /内蔵SSD:SAMSUNG SSD M.2 2280 NGFF SATA 6Gb/s 128GB MZ-NTY1280
ご申告の症状・障害内容朝、出社した際に、パナソニック製のノートパソコン(Let'snote SZ6)の電源が落ちていることに気づきました。レッツノートを再起動すると、青い画面が表示されてWindows 10が起動せず、「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。エラー情報を収集しています。自動的に再起動します。」というメッセージとQRコードが表示されました。自動的に再起動が行われた後も、ノートパソコンが青い画面になり、「自動修復でPCを修復できませんでした」と表示され、Windows 10が起動しない状況です。詳細オプションからトラブルシューティングのスタートアップ修復を試みましたが、青い画面が解消しない・青い画面から進まず、Windows 10が起動しないままの状態が続いています。深夜にWindows Updateが自動的に実行されたことが原因で、その際にレッツノートに問題が発生したかもしれません。パナソニック製のノートパソコン、レッツノートの中には仕事のデータがデスクトップ上に多数保存されており、他にバックアップも取っていませんでした。重要なデータが保存されているため、Windowsやノートパソコン の初期化を選択したくはありません。時間が多少かかっても良いので起動しないレッツノートからデータを復旧していただきたいです。
復旧作業の結果お送りいただきましたパナソニック製のノートパソコン、Let'snote SZ6を確認したところ、管理情報とデータ領域が破損している状況でございました。そのため、データ領域を細かく解析し、遡って階層構造を修復した結果、お客様の希望される業務データを全て復旧することができました。時間はかかっても良いとお聞きしておりましたが、業務で使用されていることや起動しなくなったレッツノートが使えなくなってお困りであることをお電話にて聞いておりましたこともあり、即日で復旧を行い、納品させていただきました。
iPadがリンゴループになって起動しない|事例・実績
機種・機器の型番:
Apple iPad A2270 10.2インチ 32GB Wi-Fiモデル スペースグレイ 第8世代 2020年版
ご申告の症状・障害内容iPadOSの更新通知が届いていたiPadが、Wi-Fiルータの不具合により自動アップデート中にネットワークから切断されたようです。その結果、iPadOSの更新が失敗し、リンゴループに陥りました。iPadOSの更新に失敗したせいかシステムに異常が出てしまったようです。リンゴループになって起動しなくなったiPadには写真アプリを使って撮影した写真や動画かたくさん保存されていました。iPad以外にバックアップを取っていなかったため、データの復旧をお願いしたいです。
復旧作業の結果お送りいただきましたiPadは、システム部分に障害が発生していました。そのため、破損したシステムを修復したところ、iPadは起動できるようになりましたが、お預かりしたiPadは管理情報も破損している状況でした。そのため、管理情報を修復するためにデータ解析を繰り返した結果、お客様の希望される写真アプリで撮影した写真データや動画データを復旧致しました。
MacBookがOS自動アップデートに失敗して起動しない|事例・実績
機種・機器の型番:
MacBook Pro A2485 EMC3651 Apple M1 Pro 3.23 GHz 10コア CPU, 16コア Neural Engine True Toneテクノロジー搭載 16.2インチ Liquid Retina XDR mini-LED ディスプレイ 16コア GPU搭載Apple M1 Pro 512 GB PCIe-based SSD 16GBユニファイドメモリ
ご申告の症状・障害内容MacBook Proを使っています。数日前の夜間にmacOSの自動アップデートが実行された際、途中でアップデートに失敗したようで、その結果、MacBook Proが起動しない状態になってしまいました。電源の入り切りを試してみたところ、MacBookの画面上に丸に感嘆符(ビックリマーク)が表示され、「support.apple.com/mac/restore」のメッセージが表示されてmacOSが起動しない状況です。アップルストアに起動しなくなったMacBook Proを持ち込んだところ、修理作業でロジックボードの交換が必要であると言われました。しかしながら、私のMacBook ProはSSDがロジックボードに直付けされているためにロジックボードを交換するとデータが消失する可能性があるとのことで修理はキャンセルし、持ち帰ってきました。MacBook Proには、写真やデザインデータなどクライアントに提出が必要な素材が数多く保存されており、他にバックアップも取っていませんでした。起動しなくなったMacBook Pro内からのデータの喪失は避けたい状況です。また、クライアントへのデザインデータの提出期限も迫っています。なるべく早急にMacBook Proからデータの復旧をお願いいたします。
復旧作業の結果お持ち込みいただきましたMacBook Proは、ロジックボードとSSDが破損している状況でございました。また、SSDがロジックボードに直付けとなっているためSSD上のメモリチップへ直接アクセスし、断片化されたデータを回収しました。回収されたデータを解析してお客様が希望されていた素材の写真やデザインデータを復旧させていただきました。
MacBook ProがAppleロゴの下の進行状況バーが途中で止まり起動しない|事例・実績
機種・機器の型番:
Apple MacBook Pro A1708 EMC 3164 2017 13-inch 2.3GHz dual-core Intel Core i5 RAM:8GB SSD:256GB Intel Iris Plus Graphics 640 /内蔵SSD 656-0067A NVMe 256GB
ご申告の症状・障害内容Apple製のノートパソコン、MacBook Proの電源を入れるとAppleロゴの下の進行状況バーが途中で止まり、MacBook Proが再起動を繰り返す状況となっています。電源の入り切りを繰り返してみましたが、Appleロゴの下の進行状況バーが最後まで進まず、macOSが起動しない状況です。正常に起動しなくなったMacBook内のデータはこのパソコン内にしか保存していないデザインなどの業務データが多く、大変困っております。進行バーが最後まで進まない.正常に起動しないMacBook Proからデータを取り出していただきたいです。
復旧作業の結果お送りいただいたApple製のノートパソコン、MacBook Proは、内蔵のSSDに物理障害が発生しておりました。そのため、SSD内のメモリチップ解析を繰り返し実施しました。その結果、お客様の希望されるデータを復旧することができました。
バッファローのTeraStation(TS-H6.0TGL/R5)にエラーコードE22が表示されて起動しない|事例・実績
機種・機器の型番
BUFFALO TeraStation TS-HTGL/R5シリーズ TS-H6.0TGL/R5 RAID 0/1/5/10 ドライブベイ数:4 6TB /内蔵HDD サムスン HD154UI 1.5TB Serial ATA300 キャッシュ:32MB 平均シークタイム:8.9m
ご申告の症状・障害内容バッファローのNAS、TeraStation(TS-H6.0TGL/R5)を使っていました。共有フォルダへアクセスができなくなっているのでTeraStation本体を確認したところ、TeraStation前面の液晶ディスプレイに「HD2 Error E22 HD2 Can't Mount」と表示されていました。メーカーのホームページを確認すると2番目のハードディスクのマウントに失敗していることが判明しました。TeraStation本体を再起動したら共有フォルダにアクセスできるように戻るかもしれないと思ってTeraStationを再起動したところ起動もできなくなってしまいました。再起動したのが良くなかった様です。そもそもこのTeraStationは長い間、使っているものでして経年劣化で壊れたのでは?とも考えています。容量の関係でRAID0で使っていたため1番から4番までの全てのハードディスクがマウントできないと共有フォルダへアクセスができないようです。過去のバックアップデータや動画データなどがこのTeraStation内にしか無く、蓄積されたデータがこのまま失われると業務への影響も大きく困っております。エラーコードE22が表示されて起動ができなくなったTeraStationからできる限りのデータの復旧を希望しています。
復旧作業の結果ご郵送いただきましたTeraStation(TS-H6.0TGL/R5)は、ご申告通り、2番目のハードディスクが故障している状況でございました。経年劣化により、ハードディスクのヘッドが破損していたためヘッド交換や調整を複数回実施致しました。その後、2番目のハードディスクから回収された01DATAと残りの1番3番4番のハードディスクで仮想的にRAID0を構築し、お客様の希望される動画データやバックアップデータを復旧することができました。
東芝製のノートパソコン(dynabook)がWindowsの更新中にブルーバックになって起動できない|事例・実績
機種・機器の型番:
TOSHIBA dynabook Tシリーズ T65/GG PT65GGP-REA 15.6型 第8世代 インテル Core i7 8550U(Kaby Lake Refresh)1.8GHz/4コア メモリ:4GB Windows 10 Home 64bit 1TB HDD フルHD 1920x1080 Microsoft Office Home and Business 2016 DVD±R/±RW/RAM/±RDL Intel UHD Graphics 620 ビデオメモリ:2139MB HDMIx1 USB3.0x2 SDスロット IEEE802.11a/b/g/n/ac /内蔵HDD:東芝 MQ01ABD100 1TB 9.5mm 5400rpm Serial ATA600 ディスク枚数:2枚 キャッシュ:8MB 平均シークタイム:12ms
ご申告の症状・障害内容Windows10のノートパソコン(東芝 dynabook Tシリーズ)を使用していました。Windowsの電源メニューに「更新してシャットダウン」が表示されていたので実行しました。更新の途中で「デバイスに問題が発生しました自動的に再起動されます」と表示されてしまい、ノートパソコンが再起動を繰り返す状態となり、Windowsが起動できなくなりました。再起動を繰り返したところ、内蔵HDDを認識できなくなってしまいました。そのため、パソコンからHDDを取り外して他のパソコンに繋いでみましたが、HDDは認識しない状況です。dynabookに内蔵されていたHDDは、BitLockerで暗号化されていたようでしたが、回復キーはMicrosoftアカウントにあったので回復キーをお渡しすることは可能です。書類や写真がこのノートパソコンにしかないので可能な限り全てのデータを復旧できることを期待します。
復旧作業の結果お預かりしたWindows10のノートパソコン(東芝 dynabook Tシリーズ)は、内蔵HDDの物理障害により、Windowsの更新が途中で止まってしまっている状況でございました。また、物理障害が発生しているHDDに対して再起動やアクセスを繰り返されたことで状態が悪化してしまい、認識できない症状が出ておりました。そのため、物理障害が発生したHDDに対してヘッドの交換を調整を繰り返して01DATAを回収致しました。また、BitLockerにより、データが暗号化されていたためお客様の回復キーにて暗号解除を試みましたが、BitLocker暗号化管理情報が破損していることも確認しました。そのため、今回は物理的障害に対して復旧対応を行った後に論理的障害、暗号部分に対してもデータの並びから暗号解析を行うことで暗号を解除した後、お客様の希望されるデータをお出しすることができました。