【データ復旧事例・実績】HDD

G-Technology製の外付けHDD(G-DRIVE mobile)からMac上で誤ってファイルを削除してしまった|事例・実績
機種・機器の型番:
G-Technology G-DRIVE mobile USB-C 4TB Space Gray WW 0G10347 GDMUCWWE40001AHBv2 ポータブルHDD USB3.1 Gen1(USB3.0) Type-C 5400rpm /内蔵HDD:Western Digital WD40NM2M-59Y94S1 2.5型 USB-C 4TB
ご申告の症状・障害内容G-Technology製の外付けHDD(G-DRIVE mobile)をiMacに接続し、データの整理を行っていました。膨大な数のファイル整理を行っていたため気が緩んだのか、データの整理中に誤って削除すべきでないファイルを消してしまいました。うっかり、Macのゴミ箱も空にしてしまったため、必要なファイルが色々無くなり、とても困っております。G-Technology製の外付けHDD、G-DRIVEには数年分のデータを保存していました。誤ってデータを消してからはiMacおよび、外付けHDDのG-DRIVEは触らないようにしていました。時間は掛かっても構いませんので、削除してしまったデータの復旧をお願いいたします。
復旧作業の結果お送りいただいたG-Technology製の外付けHDD(G-DRIVE mobile)を確認したところ、報告いただいていたファイルは確かに消えてしまっている状況でございました。そのため、削除されたデータを復旧するためにデータ領域を詳細に解析を行いました。その結果、お客様のご希望に添ったデータを復旧することができました。
バッファロー製の外付けHDD(HD-PCT1TU2-BKJ)がパラメーターが間違っていますと表示されて読めなくなった|事例・実績
機種・機器の型番:
BUFFALO(バッファロー)MiniStation HD-PCTU2シリーズ HD-PCT1TU2-BKJ 1TB ポータブルHDD USB2.0 バスパワー対応 クリスタルブラック /内蔵HDD SEAGATE Momentus ST1000LM024 Serial ATA300 5400rpm 9.5mm 1TB キャッシュ:8MB
ご申告の症状・障害内容バッファロー製の外付けHDD(HD-PCT1TU2-BKJ)をパソコンに繋いで使っていました。急いでいたため、うっかりハードウェアの安全な取り外しをせずにそのまま外付けHDDのケーブルを抜いてしまいました。外出から戻り、再度、外付けHDDをパソコンに繋いだところ「場所が利用できません。D:\にアクセスできません。パラメーターが間違っています。」と表示されて読めない状態です。パラメーターが間違っていますとエラーメッセージが出て使えなくなったバッファロー製の外付けHDDは何年も使っていたものの、他にバックアップを取っていませんでした。急にHDDが使えなくなって慌てています。正しくパソコンから取り外しを行わなかったために壊れてしまったかもしれません。HDDにはたくさんのデータを保存しており、過去データもまだまだ使う機会があるものです。パラメーターが間違っています。とエラーメッセージが表示され、読めなくなったHDDからは最新のデータだけでなく過去のデータも含めた全てのデータを復旧していただきたいです。
復旧作業の結果お預かりしたバッファロー製の外付けHDD(HD-PCT1TU2-BKJ)は、遅延書き込み中にパソコンから強制的に外されたことで管理情報が破損している状況でございました。そのため、データ領域を細かく解析し、その結果、お客様の希望される全てのデータを復旧することができました。
IODATA製の外付けHDD(HDPS-U320)がフォーマットしてくださいと表示されて読めなくなった|事例・実績
機種・機器の型番:
IODATA(アイ・オー・データ) HDPS-Uシリーズ
HDPS-U320 320GB USB2.0/USB1.1 バスパワー対応 /内蔵HDD 富士通 MHZ2320BH 320GB 5400rpm Serial ATA300 キャッシュ:8MB 9.5 mm
ご申告の症状・障害内容IODATA製の外付けHDD(HDPC-U320)をパソコンに繋いだところ「フォーマットしてください」と表示されて読めなくなりました。USBケーブルの抜き差しを繰り返しましたが読めるようにはなりませんでした。パソコン側に問題があるのかも?と思って別のパソコンにもこのIODATA製の外付けHDDを挿してみましたが同じ状況で「フォーマットしてください」とエラーメッセージが出て、HDDを読み込んでくれません。実はパソコンから外付けHDDを取り外す時にUSBデバイスを取り外す正式な手順を行わずに何度かUSBケーブルを抜いてしまったことがあり、それで外付けHDDが壊れてしまったのでは?と考えています。パソコンにIODATA製以外の外付けHDDやUSBメモリを挿してみたところ、それらは認識したので、パソコン側には問題は無さそうです。IODATA製の外付けHDDは長い間、使用しているHDDで蓄積されたデータが入っていることもあり、とても困っています。外付けHDDから全てのデータを復旧いただければ幸いです。
復旧作業の結果お送りいただきましたIODATA製の外付けHDD(HDPC-U320)は、管理情報が破損しておりました。USBデバイスを取り外す手順をしなかったことが遅延書き込みの影響で管理情報が破損したと推測されるものです。そのため、データ領域を細かく解析することでお客様の希望されるデータを復旧することができました。
バッファローのNAS(TeraStation TS5600DN1806)のHDDが複数台故障してアクセスできない|事例・実績
機種・機器の型番:
バッファロー TeraStation TS5600DNシリーズ TS5600DN1806 ドライブベイ数:6 RAID 0/1/5/6/10/50/51 HDD:18TB /内蔵HDD:SEAGATE ST3000VN000 3TB Serial ATA600 キャッシュ:64MB
ご申告の症状・障害内容バッファローのNAS(TeraStation TS5600DN1806)をRAID6で使用していました。TeraStationにはNAS専用のHDDが搭載されており、RAID6は2台のHDDが故障しても運用できるので安心して使用していました。ある日、TeraStation内の1台のHDDにエラーが発生していましたが、RAID6で運用していたことと交換用のHDDの取り寄せに時間が掛かるのでそのまま気にせず使用を続けていました。後日、交換用のHDDが届いたのでTeraStation本体から故障したHDDを交換した後、RAIDを再構築中であっても通常通り使用が可能と認識していた為、そのまま使用していました。しかしながら、急にTeraStationにアクセスができない・共有フォルダに入れなくなったため、NAS本体を確認すると他のHDDにもエラーのランプが点灯しており、RAIDの再構築が失敗したようでした。TeraStationのHDDを交換した後、RAIDを再構築している最中に複数の人がアクセスを繰り返したり、動画ファイルの保存などを行ったりとNASに対して負荷が高くなったことが原因かもしれません。業務に支障が出ている状況で、RAID6でTeraStationを運用していたことから他にバックアップも取っておらず、大変困っています。アクセスができなくなったTeraStation、TS5600DN1806をお送りしますので、データの復旧を行っていただきたいです。
復旧作業の結果発送いただいたバッファローのNAS(TeraStation TS5600DN1806)を確認したところ、RAID6を構築していたHDD6台中の3台のHDDに障害が発生している状況でございました。以前より、故障していたHDD1台を除くHDD2台の中から比較的障害の浅いHDD1台のヘッド交換・調整を繰り返し実施し、RAIDを構築し直し、お客様の希望される動画ファイルや書類など復旧させていただきました。
IODATAのNAS(Giga LAN DISK HDL-G250U)のHDDが認識しない|事例・実績
機種・機器の型番:
IODATA(アイ・オー・データ) Giga LAN DISK HDL-Gシリーズ HDL-G250U HDD:250GB DLNA /内蔵HDD Maxtor DiamondMax 10 6L250R0051M11 250GB PATA 7200rpm
ご申告の症状・障害内容IODATA製のNAS、LANDISK(HDL-G250U)を10年以上使用していました。先日、いつものようにLANDISKを使おうとしたら共有フォルダへアクセスできない状態だったのでLANDISK本体を確認してみると電源が落ちていました。NASのスイッチを押して電源を入れようとしましたが電源が入りませんでした。NASの中のHDDに入っているデータを取り出したかったのでHDDを取り外してUSBでパソコンに繋ぐ変換コネクターをよういして内蔵HDDをパソコンに繋いだところ、認識しませんでした。ディスクの管理も見ましたが、型番も表示されないので物理的に壊れてしまっているではないかと考えています。LANDISK内のHDDには10年分の家族の旅行や誕生日などの写真や動画を保存しており、このHDD以外にデータを保存していなったのでデータを取り出して欲しいです。
復旧作業の結果お送りいただきましたIODATA製のNAS(HDL-G250U)は、経年劣化などにより、HDDに物理障害が発生しておりました。そのため、ヘッド交換・調整を繰り返し実施した結果、お客様の希望されるご家族の写真や動画を復旧することができました。
DELL製のノートパソコン(Latitude 3580)を落としてからWindowsが起動しない|事例・実績
機種・機器の型番:
DELL Latitude 3580 メモリ:8GB(空き1)DDR4-2400 Core i5 7200U(2.5GHz) 第7世代 15.6インチ / FWXGA(1366x768) Win10 Pro 64bit /内蔵HDD WESTERN DIGITAL(ウエスタンデジタル) WD Black WD5000LPLX-75ZNTT0 500GB 7200rpm キャッシュ:32MB Serial ATA600 7mm
ご申告の症状・障害内容DELL製のノートパソコン(Latitude 3580)をカバンに入れて持ち歩いている時にカバンを落としてしまいました。慌ててカバンからノートパソコンを取り出して電源を入れるとメーカーロゴが表示された後に表示されるはずのWindows10のロゴが表示されない状況です。電源の入り切りを繰り返しましたがWindowsが起動できるようにはなりませんでした。ノートパソコンを落下させたことで壊れてしまったのでは?と考えています。今は電源ケーブルも抜いて保管しています。このDELLのノートパソコンには顧客との打ち合わせ内容や顧客別に分けて保存していた資料が全て入っており、他にメモなど取っていなかったので全てのデータが復旧できることを期待してお送りしますので‘対応の程、よろしくお願いいたします。
復旧作業の結果お預かりしたDELL製のノートパソコン(Latitude 3580)は、内蔵HDDが落下の際の衝撃により、ヘッドが破損していました。そのため、ヘッドの交換を調整を繰り返して回収された01DATAからお客様の希望される顧客との打合せ資料などのデータをお出しすることができました。
東芝製のノートパソコン(dynabook)がWindowsの更新中にブルーバックになって起動できない|事例・実績
機種・機器の型番:
TOSHIBA dynabook Tシリーズ T65/GG PT65GGP-REA 15.6型 第8世代 インテル Core i7 8550U(Kaby Lake Refresh)1.8GHz/4コア メモリ:4GB Windows 10 Home 64bit 1TB HDD フルHD 1920x1080 Microsoft Office Home and Business 2016 DVD±R/±RW/RAM/±RDL Intel UHD Graphics 620 ビデオメモリ:2139MB HDMIx1 USB3.0x2 SDスロット IEEE802.11a/b/g/n/ac /内蔵HDD:東芝 MQ01ABD100 1TB 9.5mm 5400rpm Serial ATA600 ディスク枚数:2枚 キャッシュ:8MB 平均シークタイム:12ms
ご申告の症状・障害内容Windows10のノートパソコン(東芝 dynabook Tシリーズ)を使用していました。Windowsの電源メニューに「更新してシャットダウン」が表示されていたので実行しました。更新の途中で「デバイスに問題が発生しました自動的に再起動されます」と表示されてしまい、ノートパソコンが再起動を繰り返す状態となり、Windowsが起動できなくなりました。再起動を繰り返したところ、内蔵HDDを認識できなくなってしまいました。そのため、パソコンからHDDを取り外して他のパソコンに繋いでみましたが、HDDは認識しない状況です。dynabookに内蔵されていたHDDは、BitLockerで暗号化されていたようでしたが、回復キーはMicrosoftアカウントにあったので回復キーをお渡しすることは可能です。書類や写真がこのノートパソコンにしかないので可能な限り全てのデータを復旧できることを期待します。
復旧作業の結果お預かりしたWindows10のノートパソコン(東芝 dynabook Tシリーズ)は、内蔵HDDの物理障害により、Windowsの更新が途中で止まってしまっている状況でございました。また、物理障害が発生しているHDDに対して再起動やアクセスを繰り返されたことで状態が悪化してしまい、認識できない症状が出ておりました。そのため、物理障害が発生したHDDに対してヘッドの交換を調整を繰り返して01DATAを回収致しました。また、BitLockerにより、データが暗号化されていたためお客様の回復キーにて暗号解除を試みましたが、BitLocker暗号化管理情報が破損していることも確認しました。そのため、今回は物理的障害に対して復旧対応を行った後に論理的障害、暗号部分に対してもデータの並びから暗号解析を行うことで暗号を解除した後、お客様の希望されるデータをお出しすることができました。
QNAP製のNAS(TS-451+)のランプが赤く点灯後、暗号化ボリュームへアクセスができない|事例・実績
機種・機器の型番:
QNAP(キューナップ)TS-451+ RAID 0/1/5/5+hot spare/6/10 ドライブベイ数:4 1GbEポート(RJ-45):2 SSD対応 DLNA /内蔵HDD:WESTERN DIGITAL(ウエスタンデジタル) WD Red Plus WD10EFRX-68FYTN0 1TB 5400rpm CMR Serial ATA600 キャッシュ:64MB アイドル時:2.3W リード/ライト時:3.3W スリープ時:0.4W スタンバイ時:0.4W
ご申告の症状・障害内容QNAP製のNAS(TS-451+)をRAID6で使用していました。障害通知のメールを受信したため、QNAP製のNAS(TS-451+)を確認したところ、暗号化ボリュームの共有フォルダへアクセスができない状態になっていました。Qfinder Proでも確認しましたが、NASが検出されない状況です。そのため、NASを再起動したり、NAS本体のリセットボタンを長押ししたり、共有しているパソコン数台を再起動してみる等を試しましたが、問題は改善されず、QNAPのNASにアクセスできない状態が続いております。このTS-451+のNASは数年に渡って運用しており、部署内で使用する多くの文書や写真が保存されているものです。バックアップも他に無く、業務に支障が出ております。早めに対応・QNAP製のNAS内に保存されていたデータの復旧を希望いたします。
復旧作業の結果お送りいただいたQNAP製のNAS(TS-451+)は、RAID構成情報と暗号管理情報が破損している状況でございました。そのため、NAS内のデータ領域のデータの並びからRAID構成の解析を行わせていただきました。アクセスができなくなったTS-451+は暗号化ボリュームの暗号管理情報が破損していたため、パラメータ解析を繰り返すことで暗号化されたデータを復号化し、データを復旧致しました。業務に支障が出ているともお聞きしており、時間外も対応を行い、最短納期でデータを納品させていただきました。
G-Technology製の外付けHDD(G-DRIVE Thunderbolt USB 3.0 0G03127)のフォルダを削除|事例・実績
機種・機器の型番:
G-Technology G-DRIVE Thunderbolt USB 3.0 3000GB Silver JP 0G03127 シルバー オールアルミ製筐体 /内蔵HDD:HGST HUS724030ALE640 3TB 7200rpm キャッシュ:64MB アイドル時:5.7W リード/ライト時:11.4W
ご申告の症状・障害内容G-Technology製の外付けHDD(G-DRIVE Thunderbolt USB 3.0 0G03127)をMacに繋いで使用していました。空き容量が少なくなってきたのでフォルダの整理をしていました。だいぶ空き容量が確保できたので、G-DRIVE Thunderbolt内のデータを確認したところ、消してはいけないフォルダを誤って消してしまったことに気付きました。G-Technology製の外付けHDD、G-DRIVE Thunderbolt 内で誤って消してしまったフォルダには写真やデザインデータが入っていたと記憶しています。再度作り直すのが難しいデータをフォルダごと消してしまってとても慌てています。他のHDDなどにコピーもしていない・Mac内にもデータは残っていませんでした。G-Technology製の外付けHDD、G-DRIVE Thunderbolt を送るので、HDD内のデータを全て復旧して欲しいです。
復旧作業の結果ご発送頂いたG-Technology製の外付けHDD(G-DRIVE Thunderbolt USB 3.0 0G03127)は、削除後の運用により管理情報を含めて広範囲が上書きされている状況でございました。重度な論理障害が発生しているHDDではありましたが、データ領域を細かく解析を行うことでお客様の希望されるデータを復旧することができました。
Drobo製のNAS(Drobo B810i)がDrobo Dashbordで認識しないため共有フォルダへアクセスできない|事例・実績
機種・機器の型番:
Drobo B810i 規格サイズ:3.5 8台 SATA インターフェース:iSCSI SAN(Ethernet)x2 電源:AC Beyond RAID /内蔵HDD WESTERN DIGITAL WD Red Pro WD4003FFBX-68MU3N0 4TB CMR 7200rpm Serial ATA600 キャッシュ:256MB アイドル時:3.7W リード/ライト時:7.2W スリープ時:0.4W スタンバイ時:0.4W
ご申告の症状・障害内容Drobo製のNAS(Drobo B810i)が停電から復帰した後、共有フォルダへアクセスができない状態になりました。Drobo Dashbordで認識されない状況です。Drobo製のNAS(Drobo B810i)をシャットダウンしてディスクを全て取り除いた状態でDrobo製のNAS(Drobo B810i)を改めて起動してみたところ、Drobo DashbordでDrobo製のNAS(Drobo B810i)自体は認識できるように回復しました。そのため、Drobo製のNAS本体は壊れていないと思っています。Drobo製のNASに内蔵されていたディスクに問題があると考えていますが、合っていますでしょうか。Drobo製のNAS、Drobo B810iには事務所で使用する全てのデータを保存しており、BeyondRAIDでもあったため安心して使っていました、そのため、従業員が個々にあまりデータのバックアップを取っていない状態です。従業員にはあまり、自分のパソコンのデスクトップやマイドキュメント内にはデータを保存せずにDrobo製のNAS(Drobo B810i)に保存するように指示をしていた経緯もあります。一部ですが、紙で残っているデータもありますが大半のデータが現在無い状況で顧客からの問い合わせにも対応できずに大変困っております。可能な限り急いでDrobo B810iからデータを復旧していただけると助かります。
復旧作業の結果ご発送頂いたDrobo製のNAS(Drobo B810i)は、複数の内蔵HDDに物理障害が発生している状況でございました。そのため、物理障害の発生しているHDD内のヘッド交換・調整を複数回、実施いたしました。BeyondRAIDのため抽出された01DATAを他のHDDと組み合わせてパラメータ解析を行いお客様の希望されるデータを復旧できました。